間違った子を魔法少女にしてしまった1巻の感想ネタバレ注『史上最恐の魔法少女爆誕!』

間違った子を魔法少女にしてしまった1巻間違った子を魔法少女にしてしまった1巻。

表紙のヤンキー風魔法少女が爆誕してしまう物語ですw

 

敵の襲来で慌てていた宇宙の守護神が、良く知りもしないでヤンキーを魔法少女にしてしまいます。

ただ、その子は根っからのヤンキーで『間違った子を魔法少女にしてしまった 』と後悔。

タイトル通りの内容が繰り広げられ物語となっています!

 

間違った子を魔法少女にしてしまった1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

間違った子を魔法少女にしてしまった1巻の感想

魔法少女にしては行けない子?

タイトル通り、この物語では間違った子が魔法少女として力を与えられます。

その間違った子…

魔法少女に相応しくない少女は真風羽 華代(まじば かよ)。

 

彼女がどんな子かと言いますと…

間違った子を魔法少女にしてしまった1巻 5p華代『チッあぁダリィ バカセンコーがよぉ

るせんだよどいつもこいつもよぉお』

引用:間違った子を魔法少女にしてしまった1巻 5p

ギャッ!!Σ(`д´/;)/

非常に近寄りがたいギャルというかヤンキーで荒れくれものオーラが溢れている少女なわけ。

 

ハッキリ言うまでもなく前代未聞の魔法少女(笑)

力を授けられるパターンの魔法少女と言えば、どんな物語でも可愛らしくて優しそうで進んで人助けをしそうな子が多いですからね。

これは、魔法少女の力という人知を超えた力を正しく使ってもらうために当然のことですよ。

間違っても悪用しそうな人に渡せないですからね。

 

その為にこれまで華代のような、力を授けられたら自分の為に使いかねない子は選ばれなかったわけで…

というか…厳密には華代に間違って力を与えてしまっているので選んではいないですよね。
(; ̄ー ̄川 アセアセ

 

敵の襲来で焦っていた宇宙を守る守護神の1体・ミカが魔法少女に相応しくないヤンキー少女・華代に魔法少女の力を与えてしまう。

宇宙の守護神がタイトル通り、間違った子を魔法少女にしてしまうところから物語が始まるわけです。

 

もはやどっちが悪魔なのかわからないw

魔法少女の力を授かった華代が戦う相手は、負の力を養分に誕生し生きとし生けるものすべて無に帰そうとするアタスンモと呼ばれる悪魔のような存在達。

ミカ達宇宙の守護神は、この生物たちから宇宙を救ってほしいが為に魔法少女の力を与えて回っているそうです。

 

華代は魔法少女として聞くも恐ろしい悪魔のような生物と戦っていくことになるんです。

ただ、魔法少女として変身を遂げた華代とアタスンモの戦いを見ていると…

43p
引用:間違った子を魔法少女にしてしまった1巻 43p

((((;≡д≡;i))))ヵ゙タヵ゙タ㌦㌦…

最早どっちが危険生物なのかわからない(笑)

 

アタスンモを倒し宇宙を守る魔法少女なんだけど、観る限りではどっちも悪にしか見ない

というか、どちらかというと魔法少女である華代の方が悪の化身に見えてしまいますよね。

 

間違った子を魔法少女にしてしまった…

本当にその通りだとしか思えない展開が繰り広げられました。

 

友達想いの性格でもある

悪の化身のような魔法少女の華代ですが、もちろん良いところもあるんです!

 

それはクラスメイトがアタスンモに襲われそうになった時の出来事!

94p華代『ダチに手を出す奴は絶対に殺す』

引用:間違った子を魔法少女にしてしまった1巻 94p

おぉ~‼!
ヽ(*’0’*)ツ

 

めっちゃ主人公っぽいこと言っている!

学生なのにタバコ吸っちゃってるけど、それでもカッコいい事言ってるよね!!

タバコの煙が鼻から出てるけど…(笑)

 

実は良いヤツなのかな?意外に。

…人を見た目で判断してはいけないっていうし、学生の身分でタバコ吸ってるのは善悪に関係…ない?

( ̄ー ̄?)…..??

 

見た目に反して優しい一面も持ち合わせているのが華代であり、意外に魔法少女の適正はあるのかなと思うシーンでした!

 

間違った子を魔法少女にしてしまった1巻を読み終えて

危ない奴かと思われたけど、なんだかんだでアタスンモ倒すことにしか魔法少女の力使ってないし、何より素で強いってこともあって魔法少女適正は高い気がする。

一見すれば間違った子だったけど、意外に間違いではなかったと思わせてくる展開でした。

 

アタスンモが意外に弱いというか華代が強すぎてまともに戦える敵いなけど、今後どう物語が展開されていくのか?

悪の魔法少女?みたいなのとの戦いが始まったけど、かなりのイレギュラー的存在みたいだし、何度も出てきそうにはないのですし。

 

それに、正義側の魔法少女が華代だけに、今後どんな敵が出てくるのかが楽しみ(笑)

傍から見ると、敵が正義の味方っぽく見えてしまう戦いが巻き起こりそうで楽しみ過ぎますw

 

タイトル通り、間違った子を魔法少女にしてしまう物語の間違った子を魔法少女にしてしまった1巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“間違った子を魔法少女にしてしまった1巻の感想ネタバレ注『史上最恐の魔法少女爆誕!』” への2件のフィードバック

  1. シンジン より:

    お久しぶりです。コミックスが出たんですね。


    ネットで見つけて読むようになりました。

    「くらげバンチ」の表紙?ではミカがひどい目に合いそうな絵だったので「一巻」の表紙では大丈夫そうで安心しました(爆)

    • りょう より:

      シンジンさん
      お久しぶりです、コメントありがとうございます。

      物語ではだいぶ悲惨な扱い受けてますよw
      華代が新しいジャンルの魔法少女であると同時に、ミカも新しいサンドバック式マスコットの地位を築いていますので(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top