メイドインアビス5巻の感想と考察『ボンドルド戦決着とレグの中に潜む誰か』

meidoinnabisu5kanアニメ化が決定したメイドインアビス最新刊の表紙はリコ&プルシュカ。

 

5巻ではプルシュカを救い出すためにリコたちはボンドルドと戦いに挑むも、プルシュカは…

ボンドルド死闘の最中にレグは覚醒するも、レグの言葉を聞く限りレグが地上に送り込まれた理由がきな臭い気もしてきました・・・

 

 

それでは、メイドインアビス5巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

メイドインアビス5巻の感想

リコはやっぱり常人ではないと感じた瞬間。

プルシュカを救いたいという想いからボンドルドとの戦いに臨むリコ・レグ・ナナチの3人。

 

 

ボンドルドと戦いの最中、ボンドルドから白笛の原材料が明かされました。

 

明かされた白笛の原材料というのが『命を響く石(ユアワース)』と呼ばれるものであり、この石の原料は生きた人間。

それも人間ならだれでもいいというわけではなく『使用者に全てを捧げる確固たる意志』を持った人間である…と。

 

 

これを聞いて疑問に感じたのは、いったい誰が鬼畜外道のボンドルドに全てを捧げて彼の白笛になろうなんて思ったのかって事。

やってることロクでもないし、普通にボンドルドの白笛になりたいって思う人はいないですよね…?
(;´▽`A“

 

 

ただ、ボンドルドの白笛になった人物が誰かはリコが一瞬にして解いてくれました!

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%93%e3%82%b95%e5%b7%bb%e3%80%8047%ef%bd%90リコ『それで分かったわ…

あなた自分自身を笛の供物にしたのね』

引用:メイドインアビス5巻 47p

遺物の力で自分を大量に生み出しているボンドルドは、自らを白笛の供物に…

それも、最初のボンドルド…つまり本当の本人が彼の持つ白笛の正体。

 

 

ただ感じたのは、即座にボンドルドが持つ白笛の正体に気が付いたリコもやっぱり異常な奴だなって事。

確かに理論的にできるし実際にできているんだけど『自分自身を捧げる』なんて発想は常人なら即座には思いつかないよ。

 

地上にある都市を大停電させたり、アビス深くに潜ってたりと只者ではないと感じていたけど

今回の件で、ボンドルドが言う通り、リコは常人よりボンドルド達に近い感性を持っていると思う。

 

ここから更なる真相に進むにつれておかしな方向に走り出さなきゃいいけど、リコの今後が不安になりました…
(;´▽`A“

 

 

鬼畜外道だけど嫌いになれないボンドルド。

ボンドルドは狂っているとはわかっていたけど、ここまで来るともう言葉での説得は意味がない。

だって、コイツは心の底からアビスに惹かれちゃっているんだもの。

 

自分自身の肉体すらも捧げているわけで、こんなの誰に何と言われようとも辞めるはずがない。

ボンドルドを止めるには、本当にすべてのボンドルドとその元となっている遺物を破壊するしかないと思う。

 

 

ただ、個人的にボンドルドって嫌いじゃないんですよね…

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%93%e3%82%b95%e5%b7%bb%e3%80%80151%ef%bd%90ボンドルド『ナナチ…さぁ顔を上げて…

どうか…どうか君たちの旅路に…

溢れんばかりの…呪いと祝福を…』

引用:メイドインアビス5巻 151p

やっていることはイカレているんだけど、悪意はないんですよ…たぶん。

というか、ボンドルドが行っている行為に、ボンドルド自信が悪意を持っているとは思えない

 

 

もちろん、悪意がないからあんなことして良いって事にはならないんだけど

それでも、アビスに心奪われたものの成れの果てって事がわかってしまうと嫌いにはなれない…

 

 

だって、ボンドルドが純粋にアビスを愛したが故にこれほどまでになったんだし

常人からすれば狂ってはいるんだけど、それでもアビスに挑む者として…

道を切り開くものとして、ボンドルドはこうならざるを得なかったような気がしちゃうからさ。

 

 

イカレ狂っているけど、自分自身は当の昔に捧げていた…

決して全うな奴ではなかったけど、それでも嫌いにはなれなかった。

まぁロクでもないイカれ野郎だとは思うけどね。

 

 

レグの中には幾つもの誰かがいる?

ボンドルドとの戦いに勝利したリコ達。

それぞれの成長が見られたんだけど、最も変化したのがレグ。

 

これまでは機械の体で出来たレグが何なのかってのが全然わからず、唯一分かっているのは未知の部品で作られた超高性能ロボットってだけだったんだけど…

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%93%e3%82%b95%e5%b7%bb%e3%80%8079%ef%bd%90レグ『僕の中に幾つもの『誰か』がいる感覚があった…』

引用:メイドインアビス5巻 79p

暴走状態に陥ったレグは、自分の中に幾つもの『誰か』を感じその中の1人に身体が支配されていたと言うんです。

 

 

これって自立して物事を考えているロボットってことではなくてレグが人の意識を詰め込んだロボットであるって可能性が出てきたってことですよ!

それも、レグの言う『幾つもの誰か』にレグとかかわりがあったと思われるリコの母も含まれていたり…

 

 

行方不明のリコの母はレグの中に居るのかもって思える展開に。

でも手紙には『アビスの底で待ってる』的な意味が書かれていたから人の意識を詰め込めるってだけなのかな?

生きた人間でも大丈夫って事ね。

 

メイドインアビス5巻を読み終えて

ボンドルドとの戦いに決着が付き、リコたちは遂にアビスの更なる深層へ旅立ちました!

 

ここからは本当の意味で未知だし、レグがパワーアップしたタイミングを考慮するとここからが本当の旅の始まりなのかも!

白笛の『遺物に隠された真の役割を引き出す力』ってのも気になるし、ここからの冒険はこれまで以上に過酷でワクワクさせられる冒険になりそう♪

ロマンあふれる生物の登場に期待してますッ!
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

 

 

物語的にはリコの母と再開できるのかも楽しみなポイント。

レグの正体が明らかになる日も近いだろうけど、レグの中に『幾つもの誰か』が居たってのがレグを胡散臭くしているんだよ。

記憶を失っているだけで、実はアビスの底に人を誘きよせることがレグの役割っていう考え方もできるからさ…
(;´▽`A“

 

 

 

とりあえず、物語にひと段落着いたけど、リコ達が進むアビスの未知の深層には何が待ち受けるのか?

楽しみな展開でメイドインアビス5巻は終わりでした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

 

メイドインアビスの感想記事一覧はこちらです。

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“メイドインアビス5巻の感想と考察『ボンドルド戦決着とレグの中に潜む誰か』” への11件のフィードバック

  1. U・M より:

    初めましてU・Mと申します。
    リコは、ボンドルドに近いと言うより子供独自の「怖いもの知らず」な部分があると思います。
    子供って母親の手を振り払ってどこへでもずんずん進んで行き、迷子になって大泣き
    それでも懲りずに又・・・
    リコは正にそんな感じですね。後は子供独自の感受性。

    • りょう より:

      U・Mさん
      初めまして、コメントありがとうございます。

      なるほど。
      確かにボンボルドの『狂気』というよりも、子供故の『怖いもの知らずさ』って感じもしますね。

      リコの母から受け継いだ、白笛レベルの感性なのかなって思ったんですが、子供故の感性っていう方が適正な気がします。

  2. ひろキング より:

    レグの正体について考察…
    実はロボットではなくて「改造人間(サイボーグ)」ではないのか?
    根拠:食物摂取する、感情や痛覚等が有る、排泄行為や勃起等の生理現象が有るetc…
    ここで仮説。実は、「レグはボンドルドの『カートリッジ』の被害者である(記憶なし)」が、実際にカートリッジとして実用される前にライザがレグを持ち去り、わずか3日程で深界7層の未開の地でサイボーグ化の技術を見つけて「カートリッジ」の中身を機械媒体に移し変えた事でレグは一命を取り留めた。
    とか。

  3. ひろキング より:

    上記の仮説通りなら、他にも何人か助かったりして。4巻背表紙手前、右から4人とか(カバー裏にも居る)。因みに、その4人のうち2人…「長い緑髪の子」と、背表紙でその緑髪の子の後ろから覗き込んでる「背の低い短髪の子」…多分あの2人は「男の子」だとおもう。案外、この2人の内の1人がレグだったりして。
    …まぁ、あくまで「仮説」なので、外れる可能性のほうが高いかもだけど。
    希望的観測も入っちゃってるし。

    • りょう より:

      ひろキングさん
      コメントありがとうございます。

      ロボットとサイボーグの線引きが難しいですが、レグの中に人間の記憶が眠っているのは間違いないと思いますがボンドルドは関係ない気はします。

      理由としては、やはりライザがボンドルドの研究を知っていたとすると、それをライザが放っておくというのは考えにくくリコでも知っていた『ゾアホリック』をライザが知らないっていう事は考えにくく、討ち漏らすってことはなさそうな気がするため。
      なにより、レグの体を操ったのが中の人だとすると、それは子供ではなく白笛と対等に渡り合える実力者である為、ボンドルドの被害者ではない可能性が高いかと。


      個人的には、レグはアビスから抜け出すために作られたロボットだと思っています。

  4. ボンドルド より:

    ボンドルドがプルシュカをリコたちに引き合わせた理由

    プルシュカをカートリッジにした後、どう転んでもアビス探索の糧になるようにしたかったからかもしれない

    もしボンドルド自身が潰えたとしても、プルシュカにリコたちとの精神的な深い繋がりを持たせていれば、白笛の材料になるからリコたちをアビスの底に導くこともできるようになる

    ボンドルドはアビス探索の純粋な求道者
    そこに行き当たりばったりで曖昧な人間性が感じられないから外道に見えるだけなんじゃないかなあと思う

    ———————————————————————–

    アビスの底での種明かしがとても気になります
    数千年規模で人々の信仰心を集めてきたブラックホールのような壮大な謎が、言葉や絵で理解できるようなレベルのものだと (´・ω・`) ←こうなりそう

    第二層あたりで遺物が卵の状態で、深い層では複雑な形で発掘されるということから、第七層以下でレグのような人の形をとったとしても不思議じゃない
    機械のようにも見えるけれど、電気でもご飯でも動いていて、エネルギーという概念そのものを取り入れているようだから、生命のひとつの形にも見える

    アビスが命や魂に関わる何らかのシステムではありそうです
    2000年毎のお祈り白骨も、なんか白笛に似通ったギミックぽくて気になります
    白骨を作るには愛が必要だとか、地上近くではふにふにの卵もどきが発掘されて、深層ではレグが生まれるとか・・・
    上昇する(アビスから遠ざかる)と命の形がほどけてしまうとか・・・
    気になって眠れない

    • りょう より:

      ボンドルドさん
      (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
      コメントありがとうございます(笑)


      確かにプルシュカを白笛にするのも視野に入れていたって考え方をすると面白いですが、時期的に考えると階層の呪いを生き延びた実験的な興味だと思いますよ。

      ボンドルドは、だいぶ昔から実験をしていたので、他人の白笛になるとまでは考えていなかったはずです。
      とくに、リコ達のような子供が深層にまで来るなんてさすがのボンドルドでも想定しないでしょうからね。

      ボンドルドが純粋な求道者であり、真正の外道ではないのは間違いないと思いますけど。


      アビスの底に待っているものは本当に想像がつかなすぎて楽しみ過ぎるんですよね!
      深層に近づくほどに、人の技術を遥かに超えた遺物が発見されるし、恐ろしい生物も出てくるし進めば進むほどに深層に何が待ち受けるのか楽しみになってくるし♪

      でも、ボンドルドさんに言われて気が付きましたが、これ深層に眠っている謎がショボいと一気に熱冷めそう…
      壮大な何かであるのは間違いないけど、もしそれが軽くでも想像した何かだったら悲しくなりますね。

      異世界とか古代文明とか…
      想像できるものじゃないのを待ち望んでいるけど、あれ…
      これ深層に待ち受けているものが明かされてガッカリするパターンかも…

      深層に待ち受けているアビスの真相が恐くなっていました…

  5. あれれ、、、? より:

    あの手紙書いたのってもしかしてレグじゃない?
    だからアビスの底にたどり着いたときにはレグの中のリコ母がでてくるとか、もしくはそこでレグが全部思い出してリコの母は僕たちと一緒だとか、、

    • りょう より:

      あれれ、、、?さん
      コメントありがとうございます。

      明日アメブロの方にアップ予定ですが、僕も手紙を書いたのはレグだと思います。
      レグの中にライザが居るかは別にしても、レグにとって最も価値の高い『ハク』がリコであり、リコをアビスに効率的に招くためにレグが描いたのがライザの手紙(ライザが描いたものではない)かと。

      最新の6巻にて、ファプタと呼ばれる成れ果ての姫がいるんですが、彼女が言うにはレグはリコに名付けられる前から『レグ』だったり…
      レグがタイムスリップ?している可能性も浮上し始めているので、レグがリコをアビスに招くために書いたのがライザの手紙だと思います。

  6. より:

    レグの中にライザが居るかについて何ですけど、
    僕の中にいくつもの…と言っている場面がありますよね。
    そこの右上にある顔…ライザに似てませんか?
    鼻の上にかかっている髪や、帽子に付けている羽などなど
    同じ様な場所が幾つか見当たります。

    • りょう より:

      車さん
      コメントありがとうございます。

      確かにシルエットは似ていると思います。
      やっぱりレグの中にはライザが眠っているって事で良いのかなぁ?

      ただ、仮にそうだとするとリコはライザと出会えない展開なんですよね。

      リコとライザに親子の再開を果たしてほしいので、最近はレグの中にライザいないでって思っています(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top