ラブライブ!サンシャイン‼8話 感想『千歌の強さに泣かされた…』

どうもぉ~りょうです♪
(ノ_-。)

 

千歌たちが東京のライブイベントに招待された前回。

8話では、ライブイベントに参加したことで千歌たちがスクールアイドルの厳しさを思い知らされることに。

μ’sが登場して以来、めっちゃアイドルの数も増えてレベルも急上昇している世界だったようです…

 

それでは、ラブライブ!サンシャイン‼8話の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ラブライブ!サンシャイン‼8話の感想

新着情報



ラブライブ!サンシャイン‼8話 あらすじ

千歌たちが参加した東京で行われたスクールアイドルのイベント。

しかし、イベント後に渡されたイベント結果でアクアが30組中の30位であることを知ってしまう。

 

さらに、得票数は0票という厳しすぎる現実を叩きつけられ

他のスクールアイドルに『馬鹿にしないで、遊びじゃない』とまで言われてしまう。

 

全国区のスクールアイドルの高すぎるレベルを知った千歌たちは

ラブライブ!を目指しスクールアイドルを続けていくことができるのか?

ラブライブ!サンシャイン‼8話 感想

μ’sが参加したラブライブ!から年月が経ったことで、スクールアイドルが激増しレベルも激高になっていました。

 

千歌たちも努力して、今のレベルに到達したわけだけど

他のグループは千歌たちよりも長い期間、同じレベルの努力をしていたのと同時に

μ’sに影響を受けたり、憧れを抱いている人が多くいるっていうのが明らかになりました。

 

 

 

そして、8話の見どころはなんといっても

東京のイベントでスクールアイドルのレベルの高さを思い知らされた千歌が出した

『ここで辞めたら全部わからないままだから続ける』という決断!

 

これから続けても人気が出るか分からないし、最後まで0のままかもしれない。

それでも、自分がスクールアイドルを続けることで何があるのかを知りたいから続けるって…
(w_-; ウゥ・・

 

 

その後に、あんなに努力したのに0だった事の悔しさを素直に打ち明け涙を流す千歌の元に

アクアの6人が集まっちゃうっていうミュージカル的な…

悔しさを受け入れて6人が再びスクールアイドルの高みを目指すっていう展開がね。

 

なにより、悔しくてたまらない得票数0のプリントを部室に張り付けるっていう覚悟に泣かされた。
感(┳∧┳)動

 

ラブライブ!サンシャイン‼8話を読み終えて

スクールアイドルの数がめっちゃ増えているだけではなくて、レベルも急上昇しているようです。

その結果、千歌たちの努力虚しく30組中30位であり

おまけに、得票数が0という屈辱まで味わうことになりました。

 

 

厳しすぎる現実を叩きつけられ悔しさに涙を流すことになったけど

今回の出来事があったからこそ、千歌たちアクアのメンバーはより一層団結できるだろうし

スクールアイドルへの熱意がましたのは間違いないはずで、今後の成長が楽しみです♪

 

 

成長?っていう意味では人数的にも残り3人がそろそろかなって感じ。

 

8話でダイヤ、果南、鞠莉がスクールアイドルを目指した過去も明らかになりました。

スクールアイドルの厳しさを知って、心が折れているってのが3年生3人の現状みたいです。

鞠莉はやる気だし、ダイヤは打ち解けてきているので、あとは果南待ちですね(笑)

 

 

物語も次回で9話だし、そろそろ3人の確保(笑)に力を入れる時期かなと思うし

スクールアイドルの厳しさを思い知ったうえで千歌たちが続ける決断を下したことを知り

果南たちの心が動くっていう展開になりそうですかね?

 

 

千歌たちがスクールアイドルの厳しさを知ったうえでスクールアイドルを続ける決断をした8話の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top