ラブライブ!サンシャイン‼6話感想『廃校阻止の意気込みで加入するメンバーとの温度差が心配』ネタバレ注意

どうもぉ~りょうです♪
(o ̄ー ̄o)

 

前回にてヨハネが加わり6人になったアクア。

メンバーはスクールアイドルをやりたくて集まってきたわけで、これからの成長に期待って展開。

 

しかし、6話目にして廃校という知らせが…

残り3人は廃校阻止を目的にスクールアイドルを始める感じだけど、これだと温度差が…
(;^_^A

 

それでは、ラブライブ!サンシャイン‼6話の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ラブライブ!サンシャイン!6話

公式ツイッターより



ラブライブ!サンシャイン!6話 あらすじ

鞠莉の口から明らかになった、千歌たちの女学院が廃校するという事実。

 

学生からすればショックの話のはずだけど

この事を聞いた千歌は自分たちをμ’sと重ね合わせモチベーションアップ…

『廃校を阻止する』為にアイドル活動を頑張ると言い始める。

 

こうして、千歌たちは廃校を阻止すべく、学校や周辺のいいところをまとめたPVを創ろうとするのだが

自分たちの住む街のいいところを千歌たちは見つけることができずに苦戦するのだった…

よくわからなくなってきた…

物語は廃校阻止に。

廃校と言っても、統廃合なので千歌たちが通っている状況でも廃校の可能性は有りますね。

 

というか、過疎化が原因の2校による統廃合とのことなので、一方に入学希望が増えても意味ないような?

片方に多くなれば片方が減るみたいな構図だからこそ、2校の統廃合って決断だろうし。

物語的には、阻止できる統廃合って事で良いみたいですけど。

 

にしても、統廃合の知らせが中途半端な時期過ぎる気が。

梨子とか知らずに転校してきちゃってるし、これなら初めから統廃合の噂なりを出してくれた方が物語的にもすんなり受け入れられた気が…

とりあえず、ここからは廃校阻止でいいのね?

 

 

そして、さらっと出てきた3年生3人の過去。

辞めた理由こそ謎だけど、3人でスクールアイドルをやっていたようです。

流石にさらっと流し過ぎと言わざるを得ない出し方の気も…
σ(^_^;)アセアセ..

 

あくまで過去を確定させただけで、今後もう少し深く出てきてくれることに期待です。

というか、そうであってくれないと、流石に過去が軽すぎてよくわかんないしね。

 

 

そして、1番これは?と思ったのが、果南が海泳いで鞠莉の家に侵入してるって事…

せめて海水拭いてって感じだし、わからない…

もう何が起こっているのか分からない…

なにがあったんだ…?
( ̄ー ̄?)…

 

ラブライブ!サンシャイン!6話を観終えて

とりあえず、廃校阻止に物語が動き出したってことでいいのだろうか?

6話にして物語が急展開というか、よくわからなくなってきた…

 

だって、現時点でスクールアイドルをやっている千歌たちはあくまでもスクールアイドルをやりたくて初め、結果として廃校阻止も兼ねる。

つまり、千歌たち6人はアイドル活動がメイン。

それに対して、現段階で加入していない残りの3人は、廃校阻止がメインでそれを成し遂げる為にアイドル活動をするってことになるよね?

 

 

一丸となって廃校阻止ならまだいいんだけど、花丸はわりと統廃合ウェルカムって感じだったし、これだとメンバー内の目的に差が在り過ぎるような…

 

これだと廃校阻止って意気込みのメンバーと、廃校してもまぁいいやって意気込みのメンバーで温度差ハンパない事になるのは明白だよ?

掛けてる想いに差があるわけだからさ…
σ(^_^;)アセアセ..

 

 

とりあえず、物語が急展開しすぎて謎な感じになってきた6話。

7話以降で廃校の話とかを、どうまとめていくのか?

メンバーの温度差が心配過ぎるラブライブ!サンシャイン‼6話の感想でした!
ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top