ラブライブ!サンシャイン‼5話 感想『みんな一緒に堕天しましょ!?』ネタバレ注意

こん○○わ!りょうです♪
(☆ω☆*)キッラキラ!!

 

4話にて花丸&ルビィがスクールアイドル部に加入したことでメンバーは5人に!

3人の頃から理事長・鞠莉の独断によって部活としては認められていたけど、部員が5人になって正式な部活って感じになりましたねぇ~。

 

5話では6人目となるヨハネの物語!

中二病全開の少女だったけど、彼女には人には明かせない悲しい想いが…w

 

それでは、ラブライブ!サンシャイン‼5話の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ラブライブ!サンシャイン‼5話の感想

公式





ラブライブ!サンシャイン‼5話 あらすじ

物語の中心は自らをヨハネと名乗る善子。

自らをヨハネと名乗る中二病全開の少女だったが、内心では中二病を卒業し、リア充生活を求めていたのだが

入学から間もない自己紹介の際に中二病全開の自己紹介をしてしまったことで、彼女は高校生活に絶望し不登校に…

 

そんなリア充になる為に中二病を卒業するしかないと考えていたヨハネだが

千歌たちとの出会いで、スクールアイドルとして中二病を生かし、中二病のままリア充になる道を見出しかけるのだが…

 

リア充を目指す中二病ヨハネ

重度の中二病で、堂々と中二病を出している子かと思いきや、まさかの中二病卒業を考えている人でしたね。

入学式に木に登ったりもしていたし、堂々とヨハネと名乗っていたから卒業を考えているとは思いもしなかった。

 

ヨハネが中二病を卒業したいと考えていたのは、リア充になる為。

中二病は続けたいけど、リア充になるには卒業しなければと考えていた。

そんな悩みの中、リア充になることが中二病のままでも可能だと千歌たちに気づかされ、スクールアイドル部6人目のメンバーになったわけです。

 

 

とりあえず感じたのがヨハネの中二病が本格的な重度の中二病って事(笑)

隠そうとしているのに気を抜くと『堕天使ヨハネ』と名乗り儀式を行っちゃったり

中二病を隠そうとしているのに学校に中二病グッズを持ち込んでいたり…

 

このレベルまで達していると、もはや卒業どころか隠すことも出来ないだろうって感じ。

実際、隠そうとした際にも1日と持たずにボロが出ちゃってましたからね…
(´-ω-`;)ゞ

 

 

精神のもろい中二病患者のヨハネがアクアに加わったことで今後どうグループが変わっていくのか?

ヨハネと絡んでいる際に梨子の精神が折れかけていたけど、まとまりが付くのかが心配なところ。

まぁ曜ちゃんの腕次第って感じかな…(笑)

 

ラブライブ!サンシャイン‼5話を観終えて

中二病を隠すことすら不可能なレベルの中二病のヨハネがスクールアイドル部に入部!

これでメンバーは6人となり、2/3がアクアに加入したことに。

残りのメンバーは全員3年生だし、訳あり感とこじらせ感があるので、ちょっと時間が掛かりそうな展開ですね。

 

 

それにしても、ヨハネの精神が意外にもモロかったですね。

入学式当日から木の上にいたりと、中二病オープンで全開の子かと思っていたけど、内心では中二病を封印したいと考えていたとは…

黒歴史として葬りたいと思っていたのに、なぜ木に登ったんだ…!?(笑)

 

割と本気で、ヨハネの中二病が本気の病気の域で、本人ですら半ば無意識ってのは恐怖を感じたなぁ…
w( ̄Д ̄;)w!!

 

 

だって、無意識のうちに中二病全開になるんですからねw

リア充になろうとしていたヨハネからすれば、どんなにキツい病気だったか想像もつかないけれど…

いやぁ~正直笑うしかないけど、ヨハネの気持ちを考えると笑えない厳しい病気だとは思う。

気づいたら全開になってるってのは…

重度の中二病って可哀想だなぁ…(笑)

 

ヨハネが正式にアクアに加入したラブライブ!サンシャイン‼5話の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top