ラブライブ!サンシャイン‼2話 感想ネタバレ有『ダイヤの深すぎるμ’s愛』

どうもぉ~りょうです♪
ヽ(゚∀゚)ノ…ォォォォォ!!!!

 

ラブライブ!サンシャイン‼2話目!

2話目では梨子がスクールアイドル部に入部を決めた感じだし、遂に3人!

9人中の3人なんで、まだまだメンバー集めの段階だけど、やっぱり3人になると違うなって感じた1話でした♪

 

それでは、ラブライブ!サンシャイン‼2話の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ラブライブ!サンシャイン!!2話 感想

千歌の強引な勧誘・・・

梨子に対する千歌の強引すぎる勧誘が印象的だった。

なんと言っても酷いと思ったのが、本気で音楽に悩んでいる梨子を強引に勧誘し続けていた理由…

『申し訳なさそうなごめんなさい』が『勧誘に疲れを感じていると言わんばかりの困惑交じりのごめんなさい』になっているだけなのに、迷い始めていると勘違い…

 

梨子の疲れと困惑を感じさせる表情から、千歌に勧誘されるということが、どういうことなのかがよくわかった一幕(笑)

 

 

ただ、梨子の気持ちに気づいてないみたいだったけど、千歌の人と接する能力は高い気がするんだよね。

1話では人見知りで逃げ出されてしまったルビィを2話では飴でつって一緒に帰っていたし、重度の人見知りの人と短い期間で仲良くなれるってのは人を理解する能力は高い気が。

そう考えると、なぜ割と本気で嫌がっていた梨子の気持ちを察してあげなかったのかが疑問だけど…
(;´▽`A“

 

ダイヤの強すぎるμ’s愛

千歌がμ’sを『ユーズ』と読み方間違えた時に生徒会長ダイヤがまさかの激怒w

その後の千歌への質問とか、ダイヤのμ’sへの愛滲み出てましたね(笑)

 

難易度が高すぎる…

高すぎるよ…ダイヤのμ’s問題…

分からないよ…あんなの高難易度過ぎて…
(;´▽`A“

 

なんといっても印象的だったのが、千歌が答えられない度にレベルが増すダイヤのどや顔w

2話にしてスクールアイドル好きなのは疑いようがないっていうか、μ’sを神格化している節すらある重度のスクールアイドル好きなのが確定。

 

 

物語的には、千歌のμ’s愛がダイヤに認められないかぎりスクールアイドル部は設立できなそうだから

ダイヤが千歌のμ’s愛を認める展開になるって事だろうけど、あのレベルの人に千歌のμ’s愛は認めてもらえる気はしないなぁ…
(;’∀’)

 

千歌がμ’sを好きなのは間違いないけど、まだμ’sの読み方を間違えてしまったのを許してもらえる日は来るのだろうか…?

好きなものの読み方間違えられるのは、屈辱的だし許しがたい事だろうから、こればかりはダイヤの怒りが収まる日を待つばかりって感じかな?

スクールアイドル部3人目!

2話のラストでは梨子がスクールアイドルをやることを決めるているだろうし、これでスクールアイドル部は正式に3人。

2話では、千歌、曜ちゃん、梨子の2年生トリオが千歌の家で集まったりと、激しくデジャブ!

 

9人中3人と、まだまだ1/3だけど、やっぱり3人になるとグループ感あって今後の展開が楽しみになるよね♪

まぁ個人的には曜ちゃんと千歌の2人でも全然問題はなかったし、千歌と梨子の家が隣ってのは納得いかないけど…

これじゃ曜ちゃんが入り込めないじゃないかッ!(笑)

 

ラブライブ!サンシャイン‼2話を観終えて

2話目にして3人目が加入。

千歌と曜ちゃんっていうふわふわしている2人を梨子が支えるって形になりそうだし、真面目な子が入ってくれたからここからは割と真面目に活動しそう。

 

まぁまだ当分はメンバー集めだとうけど、重度の人見知りのルビィは飴で勧誘条件整えているし、花丸も流れで引き込めそう。

不登校気味の堕天使ちゃんは問題解決すればスクールアイドル部に引き込めるはずだし。

6人は早い段階で集められる感じかな?

 

あとは生徒会長ダイヤ含む3年生がどうなるのかってところか。

まぁダイヤは千歌のμ’s愛を認めさせれば部活設立&加入だろうけど、残りの2人は大変そうな気がする。

特に果南は事情が重たいからね…エピソードが感動的になりそうな予感。

 

 

とりあえず、2話目にして3人が集まり、残り6人!

徐々にスクールアイドルらしくなってきたラブライブ!サンシャイン‼2話の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top