ラブライブ!サンシャイン‼12話 感想『曜ちゃんと梨子が添い寝してたのが良かった。』ネタバレ注意

どうもぉ~りょうです♪
o(゚▽゚o)(o゚▽゚)oニパニパッ

 

ラブライブ!予選結果の発表待ち展開で終わった11話!

もちろん、12話ではラブライブ!予選結果が発表され

さらには、アクアが再び東京へ遠征することになります!

 

そして、東京に行ったことでアクアは新たな道を見出すことに!?

 

それでは、ラブライブ!サンシャイン‼12話の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ラブライブ!サンシャイン‼12話『はばたきのとき』

最新情報



12話 あらすじ

ラブライブ!の予選を見事通過したアクア。

 

しかし、ラブライブ!予選を突破するも

肝心の学校への入学希望者は増えることはなく廃校を阻止できる兆しはない…

 

どうすべきか悩んだ末に千歌は自分達とμ’sとの差を探すために

アクアのメンバーたちと共に、東京へ、音乃木坂へと向かう。

 

音乃木坂の在校生と話し、μ’sの在り方を理解し

アクアもμ’sのように何かに囚われるではなく自分たちの気持ちに従い突き進んでいくことを決めるのだった。

12話『はばたきのとき』 感想

アクアのメンバーが2度目の東京へ。

1度目の東京でだいぶ耐性が付いたのか、現実を見たのか

アクアの面々はごくごく普通の服装で東京に行ってて一安心(笑)

 

 

東京ではピアノコンクールに出場して居た梨子と合流したけど

梨子が同人系の薄い本を大量買いしていて

予想以上に本腰入れてると思わざるを得ない展開でした…

 

ピアノとかが大変過ぎて薄い本に走ったのか。。。?

なんだろう…

梨子が同人系に目覚めた理由が非常に気になっています(笑)

 

 

 

そして、アクアが音乃木坂へ行きμ’sを知ることになりました。

 

千歌はμ’sに影響を受けてスクールアイドルを始め

リーダーとして穂乃果に憧れを抱いていたというか

穂乃果のようなリーダーになりたいと思っていたみたいです。

 

しかし東京で、音乃木坂の在校生と話したことで

憧れであり穂乃果がリーダーを務めたμ’sってグループは

1番になりたいとか、誰かに勝ちたいとか、何かを追い求めるのではなく自由に走っていたことを知る。

 

 

その事を知った千歌は、それこそが今のアクアがやるべきことだと

仲間だけを見て目の前の景色を見て真っ直ぐに走る。

自分たちの景色を見つける為に『0から1へ全力で輝こう』。

 

何かに囚われるのではなく、何かを目指すのではなく

とにかく全力でアクアとして活動をしていく。

アクアが輝きに向かって羽ばたき始めたってことですかね。

 

 

アクアとしての道をハッキリと見出した千歌たち!

これからの彼女たちアクアの活躍に期待せずにはいられませんッ!
(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)♪

 

12話を観終えて

毎回感じているけど、良い話のようないい話ではないような…

 

いや、今回のはアクアが明確に自分たちの道を見出したし

アクアってグループが輝きに向かって全力で走り出そうとしている展開だからいい話だな!

 

とりあえず、次回の13話で1期は終わりを迎えるわけですが

一体どんな最終回になるのかが楽しみ♪

個人的には、終わりよければ全て良しって考えの人なので最終回が大切!

まぁどんな最終回でも2期目も観ますけどね(笑)

 

 

 

13話が楽しみなわけですが12話で1番良かったと思ったのが

帰りの電車で梨子と曜ちゃんが寄り添いながら寝てたところ。
☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆

 

だって、ちょっと前までというか先日?まで千歌を巡り()気まずい感じ有ったけど

仲良く2人で添い寝してて一安心ですw

ギスギスしてるアクアなんて見たくないからね。

 

 

次回で1期最終回を迎えるラブライブ!サンシャイン‼12話の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top