クレヨンしんちゃん外伝全13話 感想・ネタバレ注意『最後まで楽しめる良作アニメ!』

コールドスリープから目覚めたらそこは謎の宇宙船!

さらに、コールドスリープ装置の数が1つ少ない事からこの中にエイリアンがいるかもしれないと疑心暗鬼に!

 

クレヨンしんちゃんでありながら、シリアスな感じに仕上がっていた作品!

それでは、クレヨンしんちゃん外伝~エイリアンvsしんのすけ~の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。
----------sponsored link----------

クレヨンしんちゃん外伝 エイリアンvsしんのすけ 感想

物語全体として。

コールドスリープから目覚めるという、本編の未来で繰り広げられた物語ですが最終的には地球に戻ることができずに終わりでした。

一応、地球が見える場所までは戻っては来れたんですが、しんちゃんがボタンを押してしまって、はるか遠くにワープしてしまうオチw

 

そして、野原一家が目覚めた謎の宇宙船はお尻を模した異星人のモノであり、100年熟成させた人間を食べたいとの要望でしんちゃんたちは拉致されていました。

結局は誰も食べられることなく、お尻星人から逃げることがで、結構熱い展開も繰り広げられていたり全体的に楽しめた作品♪

 

 

1話1話が短く全13話と言っても全話見るのに時間がかからないので、是非見てほしいアニメで

クレヨンしんちゃんが好きなら普通に楽しめる出来になっていると思いますのでお勧めです。

エイリアンの正体は?

クレヨンしんちゃんアニメがプライムで配信開始された時期に予想記事でおばちゃんが怪しいと書いていたのですが、エイリアンはおばちゃんではなかったです。
クレヨンしんちゃん予想記事

 

おばちゃんの正体はお尻星人側のロボットでだったので、エイリアンっちゃエイリアンみたいなものですが

『この中にエイリアンがいる。』が差していたエイリアンでは有りません。

 

 

で、エイリアンの正体ですが画像の左から2人目の見た目がエイリアンの奴がエイリアンです(笑)

最後の最後で、野原一家たちが『地球に帰りたい』って言った際に『僕もなんたら星に帰りたい』と地球外生命体であることを口走りました。
(@ ̄□ ̄@;)!!

 

 

予想の際にはおばちゃんが絶対にエイリアンだと思っていたので

予想が外れてしまって残念だけど、まぁおばちゃんもエイリアンみたいなものだったので正解って事で良いよねッ!(笑)

クレヨンしんちゃん外伝を観終えて

いやぁ~あっさりと観れる短編アニメですが見ごたえありました。

しんちゃんの映画みたいな感じで、しんちゃんの熱いシーンもあったし『クレヨンしんちゃん』って感じの物語でした♪

 

 

エイリアンは誰か?これが最後でどんでん返しというか

てっきり、おばちゃんがエイリアンだったんだとばかり思っていたんですが、まさかの見た目エイリアンが本当のエイリアンで驚かされた!
Σ( ̄□ ̄|||)

 

そうか…

おばちゃんはあくまでもロボットで、エイリアンではなかったのかって最後の最後で自分の予想が外れていたことを認識させられるハメに…
( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

まぁエイリアンも地球外ロボットも似たようなものだから正解だと思っていますけどねッ!

 

 

とりあえず、ストーリー全体を通しても面白かったし

クレヨンしんちゃんでありながら一定のシリアス感を保ち続けていて本当によくできているアニメでした。

もっとダレルかと思っていたんですが、全然最後まで通して楽しめるアニメでびっくりしています(笑)

 

興味ある方、アマゾンプライムに入っている方は是非見てみてください!

自信をもってお勧めできる短編アニメです。

 

 

余談になりますが、クレヨンしんちゃん外伝の2作目となる『おもちゃウォーズ』がプライムで配信開始されています!

 

皆さんご存知のアクション仮面なども登場したり、2作目となるおもちゃウォーズも非常に楽しめています!

楽しめているとはいっても、まだ3話なので、今後どうなるのかは分かりませんが『vsエイリアン』が非常に楽しめたので今シリーズも楽しめると確信しています!
(`・ω・´)シャキーン

 

プライム会員の方は是非クレヨンしんちゃん外伝シリーズを見てみてくださいッ!

人気出ればもっとシリーズ続くだろうからさ…(笑)
(*。>ω<)ノシ マタネッ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top