くまみこ5巻の感想※ネタバレ注意!兵糧攻めで鮮度が落ちます!?

くまみこ5巻都会の高校へ進学したいと願うド田舎の巫女・まちと人間の言葉をしゃべるクマ・ナツの日常系ギャグマンガ。

5巻でも、都会暮らしを実現させるために苦手を克服しようと頑張る姿が魅力です!

今回は、女子トークに励むのだけど、そこに偉大な敵が立ちはだかったりとまたも大苦戦することに…(笑)

 

くまみこ5巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

くまみこ5巻の感想

目指せ楽しい女子トーク!

都会での生活を送りたいと願うまち。

徐々に常識を身に着けてきてい入るんだけど、激しすぎる人見知りは未だに改善されていない。

 

そんなわけで、人見知り克服のために今回クマのナツが出した指令は『響との女子トーク』

しかし、まちは、まだまだ響と仲が良いわけではないどころか、苦手意識もあるわけで…ド天然だけど真面目な性格ゆえに明日の予行演習が始まります…

くまみこ5巻 91p2くまみこ5巻 91p

『お茶と言えば…今日の朝番茶のフタが開かなくて…でももうちょっと頑張ったら なんと開いたの!』

慣れているはずのナツとの練習時ですら、顔を真っ赤にしてテンパりまくりで会話が成り立っていない。

にも拘わらず、この練習でまちは手ごたえを感じてしまいます。
σ(^_^;)アセアセ..

 

そして、迎えた響との女子トーク当日、予想外の敵がまちに立ちはだかります…

立ちはだかるガリガリ君。

ナツとの練習で自信を付けたまち。

練習通り話を膨らませるために、響に『好きな食べ物は?』と無難な質問をしたのですが、帰ってきた答えはまさかの『がりがり君』でして…

くまみこ5巻 115p2くまみこ5巻 115p

『わたし…ガリガリ君のこと なにも知らない ダメ…話が広がらない これが引き出しの無さというやつなのね』

抜けているところが多いからか、話を広げるための質問も1つしか用意してこなかったようで、必死にガリガリ君から話を広げようとするも、ガリガリ君からは話を広げることが不可能なことを悟り半泣き状態に…

 

全ての手は出し尽くすも話が広がらず女子トークは出来ていない…

そんな中で、偶然にも視界に入ったシルバニアファミリーで場をしのごうとするのですが、これがおかしな事態を招いてしまうんです(笑)

 

シルバニアファミリーの正しい遊び方・・・

ガリガリ君に話題を潰されてしまったまち。

そんな彼女が最後の希望を託したのが、シルバニアファミリーなんだけど、この遊び方がイカレ過ぎてて…

くまみこ5巻 123p2 くまみこ5巻 123pくまみこ5巻 123p

響『兵糧攻めか!このままじゃジュースが売れないッ』

まち『ミックスジュースの鮮度も落ちます』

兵糧攻めってw( ̄m ̄* )ムフッ♪

その後の真顔での『鮮度も落ちます』って返しが神懸りすぎててツボです!
…(∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・

 

見ての通り2人は、小さい子供用のおもちゃで、謎めいた遊びを始めてしまうんです。

はたから見ると、もはや意味不明な状況なんだけど、この謎すぎるゲームをやっている2人が非常に楽しそうで、イキイキしている…

これは女子トーク成功ってことでいんじゃない!?

 

こうして、女子トークを成功?させたまちがまた一つ大人の階段()を上った、くまみこ5巻でした!

くまみこ5巻を読み終えて

ガリガリ君っていう予想外の的に会話を潰されたときはどうなっちゃうのかと思ったけど、無事にシルバニアファミリーで生還?(笑)

その後の、謎すぎるシルバニアファミリーの対戦がツボでしたッ!
(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!

 

それにしても、ここまで見ちゃうと、やっぱりまちは田舎で暮らしたほうが良いと思うなぁ。

コミュニケーション能力檄低、人見知りに機械音痴…

これらを克服して都会で暮らしたいっていう気持ちは伝わってくるんだけど、進歩しないっていうか、田舎暮らしに向いている子だとしか思えないし、都会にでてもロクなことにならないとしか思えないから無理せずに田舎で巫女ライフ送ってほしいな。

 

ここまでの田舎で暮らしたことないからイマイチ分からないけど、ネット回線繋いでアマゾン使えば苦にならないんじゃ…?

都会を目指すド田舎の巫女まちが、最終的にどんな結論を下すのか?

ド天然の頑張りが楽しかった、くまみこ5巻の感想でした!
(*。>ω<)ノシ マタネッ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top