紅殻のパンドラ6巻の感想と考察!ブエルを狙う謎の組織ポセイドンと福音たちとの温度差…

紅殻のパンドラ6巻

攻殻機動隊シリーズで有名な士郎正宗さんが原案の作品の

紅殻のパンドラ6巻が発売されました(*’▽’)

 

5巻の流れは、ウザルが残した超兵器・ブエルを狙う男・クルツが出現し

クルツの手にブエルを渡さないため

クラリオンが軍が防衛しているブエル本体の元に

単独で潜入したところでしたよね。

 

クルツはたびたび”我々”って発言しているけど

米帝の事ではなさそうだし

彼は何を目的に超兵器・ブエルを狙っているのか!?

 

紅殻のパンドラ6巻の感想です。

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

紅殻のパンドラ6巻の感想※ネタバレ注意

クラりんことクラリオンに”心配するな”との置手紙を残され

1人、帰りを待っていた福音だけど

軍隊が警護しているブエルの元に

クラリオンが単独で向かっていることを知り

紅殻のパンドラ6巻 ネネ

危険な場所に1人で向かっているクラりんを

放っておけるはずもなく

ブエルの中身と共に、ブエル本体の元へと向かうわけです。

 

 

 

そんなこんなで

クラリオンを助けるためにブエル本体の元に向かった福音だったんだけど

黒幕っぽい男・クルツにサハルの後継者と勘違いされてしまい

長々と世界平和についてや

ブエルを狙っている理由を力説されるんだけど…

紅殻のパンドラ6巻 ポセイドン

2人の温度差が…(; ̄ー ̄A アセアセ

全然話かみ合ってないのに話し続けて

聞いてもないのに自分の組織名明かしちゃうし…

なんなんだろう…この人(笑)

 

 

とりあえず、謎の男・クルツが超兵器・ブエルを狙っていた理由

ブエルの正体が、核をもしのぎ衛星道上からでも都市攻撃を可能とする

荷電粒子砲と呼ばれる超兵器の為で

 

その兵器を手に入れ

彼が言っていた”我々”に当たる”ポセイドン”っていう組織が

腐った世の中を…恐怖で平和をもたらす秩序のためで…

まぁ超兵器を使って、世界平和を実現しようって魂胆みたいです(笑)

 

 

 

 

その後、ポセイドンと名乗る組織の男が差し向けた

戦闘用アンドロイドと福音&クラりんが戦うことになるんだけど

その時も…

紅殻のパンドラ6巻 温度差

温度差が…∑(; ̄□ ̄A

 

 

パンドーラデバイスからの

長々と変身シーンが入ってからの決めポーズで

福音たち的には、しっかり決まっているんだけど

福音はブエルが何かってのをイマイチ理解できてないってこともあって

 

この超兵器・ブエルを手にすれば

念願の世界平和を実現できるかもって状況の

ポセイドンサイドとの温度差がヒドイ…

 

 

最終的に、この戦いが始まるってところで

紅殻のパンドラ6巻は終わったけど

次巻7巻でどんな戦いになるのか…?

 

ポセイドン側が負けると

色々と可哀想って思っちゃなぁ…(笑)

紅殻のパンドラ6巻の全体感想

紅殻のパンドラも遂にシリアスな物語になるのかと思いきや

福音たち緩い感じと

敵対組織のマジメな感じの温度差が目立つ結果に(笑)

 

 

物語の展開的に、次巻7巻でブエル編が終わるのかなって流れなので

福音&クラりんが敵のアンドロイドを倒して

行方不明のサハルが登場して

実は生きてましたって感じで、新しい展開になりそうですかね。

 

1巻でサハルが消えるところも

色々と計算されてた感じはあるので

基地内のどこかに隠れていると考えれば

黒幕のポセイドンをおびき寄せるためにブエルを放置したって可能性もありそうだし。

 

とりあえず、次巻の展開と

ブエルの事件が片付いた後、物語がどう進んでいくかに期待ですね(^^♪

 

 

 

そして、毎回最初に登場する謎のアイドル系リポーターの”ブリ”なんらた(笑)

紅殻の@パンドラ 謎のリポーター

もう完全に迷走していて

どんどん、たくましくはなっているんだけど

もはや、どこに向かっているのかが一切わからない状況にヾ(´▽`;)

 

それ以前にスニーキングアイドルって何なんだろ…

意味的には潜入アイドル?

6巻で名前すら明かされていないし

そろそろ頑張って名前を最後まで言ってほしいところだけど

この子のフルネームが明らかになるのは最終回になるのかな?(笑)

 

ブエル編がクライマックスに突入した紅殻のパンドラ6巻の感想でしたo(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top