この美術部には問題がある!1巻感想!理想の2次元嫁を描く主人公!?

この美術部には問題がある1巻アニメ化が決定している『この美術部には問題がある!』。

個性が強すぎる美術部員たちが繰り広げるドタバタ系日常ラブコメです。

 

2次元嫁を描くことに全力なすばるに

天真爛漫すぎて可愛らしいコレットさんなど

強烈なメンバーが見どころです♪

 

この美術部には問題がある!1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

この美術部には問題がある!1巻の感想

物語は美術部員2人のラブコメ!

この美術部には問題がある!でメインとなる主要人物は2人の男女。

この美術部には問題がある1巻 61pこの美術部には問題がある1巻 61p

『最高の2次元嫁を描くことこそが僕の使命!』

と、痛い発言をしているのが、

物語の主人公となるのが内巻すばる。

 

すばるは、美術部に所属している2年生で

3次元の女性に興味がなく

理想にして究極の2次元嫁を描く為に美術部に所属しており

日々、理想の嫁を描く為に精進しています(笑)

 

そんな、すばるなのですが、絵の才能はズバ抜けており

美術コンクールでは、2次元嫁の絵で銀賞を受賞するなど

ふざけた理由で部活に所属しているけど、この美術部で最も才能ある人物。

 

 

3次元の女性に興味がなく理想の2次元嫁を描くと豪語している、すばるに

想いを寄せているのが、同じく2年生でこの物語のヒロイン・宇佐美みずき。

 

みずきは、至って真面目に美術部らしい活動をしている少女で

すばるが描く2次元嫁を嫌っているが

押しに弱いところと勘違いしがちなところがあり

なんだかんだで、2次元嫁の制作を手伝ってしまっている。

 

そんな美術部の2人が繰り広げるのラブコメです。

恋心ゆえに暴走?

3次元の女性に興味がないすばるに恋をしているみずきは

恋心ゆえに暴走し、激しく勘違いしがちなところがあって…

この美術部には問題がある1巻 159pこの美術部には問題がある1巻 159p

冷静に考えれば、こういう意味じゃないって分かりそうなのに

すばるとイチャイチャキャッキャしたいって気持ちからか

みずきの妄想が残念としか言いようがない方向に…

 

思いを寄せているすばると絡むことで

みずきの残念さというか暴走しすぎで可愛らしい一面が見えてきて

知れば知るほどに、みずきが可愛いと思えてくるんです!
(“▽”*) ♪

 

3次元の女子に興味がないという残念なすばるに恋をしたみずき。

彼女の恋が実ることはあるのかっていうのが

この物語最大の見どころだと思います♪

美術部最強のトラブルメーカー!?

同じく美術部に所属する1年生の外国人・コレットさん。

実家は超金持ちで、今は日本で執事たちと共に暮らしています…

 

そんな超金持ちのコレットさんがどんな人かというと

自分の不注意でなくしてしまったモノを

部長とすばるに一緒に探してもらっておきながら…

この美術部には問題がある1巻 121pこの美術部には問題がある1巻 121p

『今 私の中で お2人への信用が揺らいでますよ』

∑( ̄ロ ̄|||)!?

 

一緒に探してくれていた2人を

ダラダラと嫌な汗を流しながら、唐突に容疑者扱い…

冗談じゃなくて本気で疑っている姿が可愛らしいッ♪
(〃艸〃)

 

 

見ての通り、コレットさんは天真爛漫な性格で

問題がある奴らが集まっている美術部内でも

頭一つ抜けているトラブルメーカーであり 、美術部のムードメーカーでもあるのがコレットさんなんです。

 

この美術部には問題がある1巻を読み終えて

2次元嫁を全力なすばる。

やる気はあるけど暴走気味のみずき。

だらけまくってやる気を感じない部長。

天真爛漫なトラブルメーカー・コレットさん…

個性の強すぎる美術部メンバーが繰り広げる日常系ラブコメです!

 

1巻では、4人の個性と物語の中心となる2人のラブコメ展開が多かった印象。

3次元の女性に興味がないと言いつつも、なんだかんだですばるが優しかったりと

みずきがすばるを好きになっちゃってる理由が分からなくもなかった♪

 

 

部長とコレットさんも面白いし

メンバーそれぞれに魅力を感じた

この美術部には問題がある!1巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top