この美術部には問題がある!2話 感想ネタバレ有『ロリ巻すばるよりコレットさん!』

どうもぉ~りょうです♪
o(゚▽゚o)(o゚▽゚)oニパニパッ

 

この美術部には問題がある!2話にして遂にコレットさんが登場!

ちょい出だったし、過去編のだったけどそれでも強烈な印象を残してくれて最高でした♪

やっぱりコレットさんがいると物語がより面白くなるなぁと再認識‼

 

それでは、この美術部には問題がある!2話の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

この美術部には問題がある!2話 感想

ツイッターとか





コレットさんが最強だと確信w

宇佐美さんは相変わらず可愛いし、すばるラブ過ぎて暴走しまくってるし、2話も安定の面白さだった♪

 

とくに、2話では宇佐美さんがすばるを好きになったエピソードが最高だったなぁ
(“▽”*)

アニメでコレットさんが初登場となったストーリーってこともあるし、ほんの少ししか登場してないのにコレットさんの印象が強すぎた。

ホントに、たったあれだけの登場で印象が強すぎるよ…さすがコレットさん(笑)

 

 

なにが面白かったかって、迷子の子を探していた宇佐美さん&すばるをコレットさんが迷子の子の前で散々『不審者』扱い。

その後も、『お母さんが呼んでいる~なんて誘拐犯の定番ですよね?』とか2人の痛いところを付いて2人が不審者たる理由を述べておきながら

まさかの5時半の鐘を聞いたとたんに不審者2人の元に迷子の子を放置して自分は帰宅w
(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪

 

ただでさえ迷子で不安になっている子を、5時半の鐘を聞いたとたんに不審者認定していた2人の元に残して自分だけ帰っちゃうっていうのが自由奔放なコレットさんらしくてさ(笑)

コレットさんに悪意はないだろうけど、もうねタチが悪すぎて可愛らしいっ!

さすがコレットさんって感じの面白すぎるエピソードだった!

 

まぁ自分が迷子の子だったらって思うと、愕然するし人間不信になっちゃいそうな出来事だけど…
(; ̄ー ̄川 アセアセ

ロリ巻すばるw

2話ではすばるが散々な扱いを受けてたり、暴走してたり面白かった♪

 

特に、すばる考えたラブレターへの返事『身の程をしれ三次元』www
ヾ(∇’〃)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!

頭おかしいだろ、すばるww

3次元に興味ないっていうのは知ってたけど、ここまでいくと怖いよ…

 

おまけに書いている嫁()が幼女ばかりってことで、部長にロリ巻とか言われてるしw

 

ロリ巻すばる…

三次元に興味がないロリ絵ばかり描き、自ら書いた絵を嫁と呼称する変質者…
((((;≡д≡;i))))ヵ゙タヵ゙タ㌦㌦…

 

 

冷静に考えると、すばるってヤバい奴だなって本気で思う。

というか、すばるの人間性って変質者要素しかないし、不審者だな…

そんな不審者に恋している宇佐美さんも危ない人って考えると、コレットさんの『不審者』発言って2人の本質を瞬時に見極めていたのか!?

さすがコレットさんだぜ(笑)

この美術部には問題がある!2話を観終えて

2話も最高に面白かった♪

コレットさんが登場したってこともあるけど、コレットさん居ないストーリーも安定の面白さ!

宇佐美さんのすばるラブすぎる暴走っぷりが良い感じになってますよね。
(。-∀-)

 

にしても、考えれば考えるほどにコレットさんが2人を『不審者』扱いした理由が気になるなぁ…

最初は、コレットさんの気まぐれだと思ってみてたけど、冷静に考えるとすばる&宇佐美さんって危ない一面を持つ人ではあるんだよね。

そう考えると、一目見て2人の変態性を見抜いて不審者扱いした可能性もあるし、さすがコレットさんって事なのか!?(笑)

 

自由奔放でいい加減な子だけど、天才的な一面も多々見せてくれるし、やっぱりコレットさんが最高だな。
(*。-ω-)) ぅんぅん

今後のコレットさんの活躍に期待です!

 

この美術部には問題がある!2話の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top