恋は雨上がりのように1巻の感想※ネタバレ注意!女子高生と中年オヤジの恋物語!?

恋は雨上がりのように1巻恋は雨上がりのように、は恋愛漫画。

怪我をしてしまい陸上部を休部中にファミレスでバイトをしている女子高生ヒロイン・橘あきらが、バイト先の店長に恋をする物語です。

 

恋は雨上がりのように1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

恋は雨上がりのように1巻の感想

ヒロイン・橘あきら

この物語のヒロインが橘あきら(たちばな)。

彼女は、陸上部なのですが、足に怪我をしてしまい、今は休部中でバイトが怪我の回復を待ちながら、ファミレスでのバイトが中心の生活を送っています。

恋は雨上がりのように1巻 あきら恋は雨上がりのように1巻 11p

スタイルが良く、クールな印象を受ける女子高生。

その風貌の為、普通にしていても、相手に睨んでいると思われてしまったり、友人や部活の部員たちからも無愛想と認識されてしまったり…

 

そんな、クールな雰囲気を醸し出す女子高生・橘の恋愛物語なわけですが、その恋の相手っていうのが、ちょっとあれでして…

恋の相手は中年オヤジ!?

橘が恋をしている相手が、

恋は雨上がりのように1巻 店長恋は雨上がりのように1巻 31p

バイト先の店長・近藤正巳(こんどう まさみ)。

彼は店舗を任される店長なのですが、客のクレームに対して、すぐに頭を下げてしまうことが多く、従業員からも『情けない』と陰口を叩かれていますが

良く言えば、客のクレームにしっかりと対応し、従業員に愚痴を漏らさないし、立場を利用して強く当たらないなど店長を任されているだけのことはある出来る人。

 

しかし、バツイチっていう経歴があり、おまけに子持ちと恋愛相手としては最悪。

 

店長を任される程度に能力はあるも、近くで見ていると情けないと思わざるを得ない人で、おまけにバツイチで子持ち…パッとしない中年オヤジどころか、知れば知るほどにマイナスな悪い印象を受けるのが近藤なわけです。

 

近藤にあきらが惚れることになった出来事

そんなパッとしない中年オヤジにあきらが恋をしたのには、もちろん理由があります。

 

それは、あきらが足の怪我をしてしまったばかりの頃に、雨宿りがてらファミレスに立ち寄った際の出来事。

恋は雨上がりのように1巻 たたた恋は雨上がりのように1巻 159p

何を頼むでもなく、雨が止むのを待っていたあきらに、『サービスです。ただ雨がやむのを待っているだけじゃつまらないでしょう。』と近藤がコーヒーをサービスし

おまけに手軽な手品もひとつ見せてくれたり、退屈そうにしていた、あきらを気遣ってくれるわけです。

 

一見すると店で決まっているサービスなのかとも思うんですが、サービスとして出した直後に従業員にグチグチ言われ、情けなくヘコヘコ頭を下げている姿から、店のサービスではなく、近藤が独断でしたことってのは、あきらも気が付いたはず。

 

いったいどの段階で、あきらがときめいたのはイマイチ謎ですが、怪我で落ち込んでいたこともあったのか、この出来事がきっかけで、あきらは店長に恋をすることになったわけです。

その後、近藤が管理する店にバイトとして勤めることになり、女子高生あきらと冴えない店長・近藤の物語が始まっていく…

 

恋は雨上がりのように1巻を読み終えて

物語は、歳の差がある2人の恋愛物語です。

はたから見ると接点が店長とバイトしかない2人の恋がどうなってしまうのかが楽しみです。
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

 

 

物語で魅力に感じたのは、やはりクールな印象を受けるあきら。

固い感じで、感情を表に出さないタイプなのかと思いきや…

恋は雨上がりのように1巻 アキラの可愛さ

 

友達に相談できずにネット掲示板に相談し、帰ってきた答えにショックを受けちゃったりするし、

逆に良いほうの回答が来た際には、

恋は雨上がりの様に1巻 ベストアンサー

めちゃくちゃ嬉しそうにベストアンサーを付けちゃうっていう!
( ̄m ̄* )ムフッ♪

 

クールな見た目とは裏腹にお茶目な一面も見せてくれたあきら!

そんな可愛らしい一面を持つあきらの恋は実るのか?

歳の差がありすぎる2人の恋愛の行方が気になる、恋は雨上がりのように1巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

 

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top