キングダム47巻感想ネタバレ注意『王翦と桓騎の関係性が熱い!』

kingudamu 47表紙

キングダム47巻の表紙は山民族を率いる楊端和!

山民族たちからは死王とか 呼ばれているので、いったい山で何をしてきたのかちょっと怖い人(笑)

 

47巻では趙戦で最初の目標だった列尾城に秦軍が到着。

楊端和率いる山民族と飛信隊が列尾城攻めを開始し、物語が大きく動き出します!

 

それでは、キングダム47巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。


キングダム47巻の感想

仁と淡、弓や兄弟の初陣

趙に攻め入った秦軍は最初の目的である列尾城に到着

趙軍の援軍が来る前に落とせるか?という時間との争いでもある大事な場面で、総大将の王翦が攻城を命じたのは楊端和率いる山民族と飛信隊。

 

超攻め始まって以来、初となる飛信隊の出番が訪れたわけです!

飛信隊と言えば、最近に徴兵をして隊を強化したばかりなわけで、増強された飛信隊の強さが観れる楽しみな戦いが始まったわけ♪

 

ただ今回の攻城では飛信隊よりも山民族の強さと独特の戦い方がメイン。

今回の趙攻めに送り込まれた王翦軍、桓騎軍という圧倒的な強さを誇る彼らに後れを取らない強さであることが描かれました。

 

そして、この戦いでの飛信隊の見どころは徴兵されたばかりで戦い慣れしていない新米兵士たち。

中でも印象的だったのが、弓使いとして抜擢された仁と淡の弓や兄弟で…

キングダム47巻 68p淡『近すぎるんです!!

ここからじゃ相手の顔がはっきり見えすぎる!!』

引用:キングダム47巻 68p

人と人との殺し合いである戦場であることを理解し、覚悟を決めてきたはずだけどその覚悟が足りなかった。

弓矢兄弟は初の戦場で、相手を殺すことに躊躇い矢を放つことが出来なくなってしまうんです。

 

圧倒的な弓使いであるものの、弓矢兄弟が射てきたのは的や獲物。

兵として戦場に出たことのない彼らは当然ながら、人を撃ったことがないんです。

 

戦場は殺し合いの場だけど、弓矢っていうのは遠くから射るってこともあって、一方的な攻撃。

それも圧倒的な技術を持つ弓矢兄弟にとって『確実に殺せる距離』から弓を放つっていうのは一方的に殺すのと同じこと。

言ってしまえば、無抵抗の兵に剣を突き刺すのに近い感覚なんでしょう。

そりゃー恐くて放てなくもなりますよ…

 

人と人との殺し合いが正当化されてしまう戦場っていうのが如何に狂っているのか。

そして、戦場だからと誰しもが人を殺せるわけではないという当然のことが描かれてるけど、キングダムとしてはめちゃくちゃ新鮮だった。

なにより弓矢兄弟が今後、仲間や国のために戦えるようになるのかが楽しみな展開でした!

 

王翦と桓騎の関係性が熱い!

秦軍は列尾城を制圧するも、その城は奪われてすぐに取り返せるように非常に守りにくい弱い城に創られていました。

その為、昌平君が描いた戦略の列尾城を起点にするという戦略は見事に崩壊。

 

もはや、撤退が上策とまで言われ始める中で総大将の王翦は、列尾城を捨て鄴へ攻め入るという強行作戦を決行。

貂などはこの作戦が無茶だと考え全滅すらあり得ると不安を抱いているのですが、3将軍の1人である桓騎はというと…

キングダム47巻桓騎『俺の知る限りあの野郎は

負ける戦は絶対に始めねェ』

引用:キングダム47巻 181p

不敵な笑みを浮かべながら『あいつは負ける戦はやらない奴』だと!

 

函谷関や黒羊の戦いで圧倒な戦略をみせつけた桓騎が全滅の可能性もある今回の作戦を理解出来ていない。

それでも桓騎は王翦の戦略に黙って従っている…

王翦という将軍が桓騎をも超える知略を持った将軍であると同時に、あの桓騎が将として信頼している人物であることが明らかに!!

 

白老時代から副将として共に戦場に立ってきた桓騎と王翦。

癖の強すぎる2人で、2人が仲良くする姿なんて想像もできないし別に親しい関係でもないだろうけど、そんな関係でも桓騎は王翦を信じている…‼

 

友情ではなく将としての実力だけを信じているっていう関係性が熱い!!

桓騎は王翦が攻めるというのだからそれに従い、王翦は将軍である桓騎と楊端和の兵力を信じてるからこそ、作戦を決行できる!

王翦と桓騎っていう、ぶっちゃけ信頼しにくい不気味な2人をカッコいいと思った展開でした!

 

王翦の鄴攻略の戦略がむごそう

列尾とは異なり、めちゃくちゃ守りが強い城になっている秦軍の目的である鄴(ぎょう)。

鄴を一目見た王翦は『完璧な城』だと攻め落とすのは不可能と言っておきながら鄴攻めを開始したわけです。

 

当然ながら城を落とす戦略を見出したという事なんでしょうが、王翦が始めた鄴攻略は…

キングダム47巻 202p4王翦『怯えることはない

民間人であるお前たちを傷つけることは

この軍の総大将 王翦が一切許さぬ!!』

引用:キングダム47巻 202p

鄴周辺にある小さな城を攻め落とすこと。

そして、城の中にいた民間人を殺すことなく、近くの城に逃げるように促し開放します。

 

城と食料だけを奪い民の命は助ける。

これを鄴周辺の城に片っ端からやっていくというのが王翦の戦略みたい。

 

鄴を攻め落とすことは出来ないって言っていたので、鄴に民間人を大量に入れて兵糧攻めってことなのかな?

鄴を攻め落とすことは出来なくても、鄴に周辺都市の人たちを養うだけの食料があるとは思えないですからね。

 

中にいて飢え死にするか門を開けて生き延びるかの選択を迫る戦略?

他の城で戦としての最低限の殺しだけに徹底しているので鄴の中にいる人たちは『どうせ門を開けても殺されない』って思うだろうし。

武力で攻め落とすのではなく、知力で鄴を陥落させそうな展開です。

 

キングダム47巻を読み終えて

趙との戦いが本格的に始まりましたが、昌平君の描いた作戦は見事に破綻。

完全に李牧が昌平君を上回ったって考えて良いし、軍司令頼りなさすぎるよ…
σ(^_^;)アセアセ..

 

こういう事態も想定して王翦に任せたとも考えられるけど、列尾が守れない可能性を考慮したプランも考えておいてほしかった。

昌平君大丈夫か?

頼りないっていうか、李牧にしてやられちゃってるからなぁ。

とりあえず、昌平君の今後の活躍に期待。

 

 

王翦、桓騎、楊端和の3軍による趙攻めが行われているけど、王翦の知略があれば余裕感ありますね(笑)

だって、あの桓騎が信頼を置く人物ですもの。

王翦に従ってりゃー勝てるな(確信)

 

飛信隊の見せ場少なく、現役最強クラスの将軍たちの戦いになってきている趙戦。

果たして、今後飛信隊に見せ場はあるのか?(笑)

王翦や桓騎たちが見どころになりそうな趙戦が描かれているキングダム47巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

 

キングダムの感想記事一覧はこちらです。

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top