怪物事変2巻の感想ネタバレ注『命結石が秘める力と飯生の目的?』

怪物事変2巻怪物事変2巻の表紙は夏羽を田舎から連れ出してくれた隠神(いぬがみ)。

怪物専門の探偵事務所を経営する怪物のスペシャリストさんです。

 

2巻での物語は、そんな隠神探偵事務所のメンバー紹介と、事務所を助けてくれる飯生警視などが描かれました。

全体的に物語を進めるというよりも、今後の物語の為のキャラ紹介がメインっていう印象を受けた展開で、先が楽しみになる内容でした♪

 

それでは、怪物事変2巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

怪物事変2巻の感想

飯生警視の裏切り

隠神に言われ怪物でありながら警視という役職についている飯生に夏羽は仲間と共に挨拶に行くことになりました。

 

飯生は隠神の紹介だし警視っていう立場でもあるので、何事もなく挨拶をして終わるのかと思ったのですが…

怪物事変2巻 19p飯生『首は回収ー体は処分してー』

引用:怪物事変2巻 19p

まさかの裏切りで、夏羽は首だけにされてしまいました…

最終的には、飯生の行動を読んでいた隠神のお陰で夏羽たちも命結石も無事に帰還できたけど、隠神も隠神だなって思わざるを得ない展開。

死なないからと言って夏羽の首が飛ぶのを許容しちゃってるわけですからね。
(;^_^A アセアセ・・・

 

 

今回の飯生の動機は夏羽が持つ怪物の渇きを抑える力を持つ『命結石』。

この石は非常に珍しく、怪物たちにとって喉から手が出るほどに手にしたいアイテムなんです。

 

というのも、命結石が抑える『渇き』というのは人間でいうと生きるために不可欠な食糧。

つまり、命結石さえあれば怪物達は『』を必要なく生きられるという予想以上に強力なアイテムでした。

 

夏羽から命結石を奪った飯生は、命結石を分析し大量生産しようと考えていたみたい。

強引な手段を取ってきてはいるけど、自分だけの為に使おうとしていたわけではなく怪物たちの為の行動とも取れるので悪いヤツとは言い切れ無さそう。

 

腐れ縁感あるけど、飯生は隠神の仲間なので心底悪人っていうわけではないんでしょう。

まぁ飯生がロクでもない性悪であるのは間違いなさそうですけどね。

 

人としての感情を取り戻していく

隠神探偵事務所として夏羽が新たな事件に挑んだのですが、その際にちょっとした成長が観られました。

怪物事変2巻 65p夏羽『半妖は人と怪物が”恋”をすると生まれると言っていました

両親について何かわかるかもと…』

引用:怪物事変2巻 65p

長い間、田舎の村で泥田坊として育ってきた夏羽…

その為に、あまり人としての感情がなかった夏羽が少しずつ人間の感情を理解しようと動き始めました。

 

人の感情を理解して少しでも早く両親の再開を果たしたい。

徐々にですが確実に人間らしい感情を夏羽が手にしているのが分かりますよね♪

 

まだまだ普通の人間の当然の感情には程遠いし、無自覚にトチ狂ったこと言っていますけどね(笑)

隠神や事務所の仲間たちと共に、少しずつ人間に関わり生物として持つべき感情を手にしてほしいと思うシーンでした。

 

情報担当の頼れる?吸血鬼・ミハイ登場!

2巻では隠神探偵事務所に所属している最後の1人と思われる人物が登場しました。

最後の1人は予想以上に大物怪物で…

怪物事変2巻 160pミハイ『隠神探偵事務所に情報通信技術を提供している』

引用:怪物事変2巻 160p

情報通信技術を担当している吸血鬼・ミハイ。

この世界の吸血鬼は超人的な身体能力と知能を持ち不老で半不死と怪物の中でも高等種族です。

 

今となっては引きこもってオンラインゲームにどっぷり嵌っているのですが、元は非常にストイックな性格の持ち主だったそうで

長年の間、知識や技術を貪り続け大抵のことはプロ級に出来てしまうようになり本格的に暇すぎてオンラインゲームをやっているらしい。

 

またゲームをさせていれば大人しいそうですが、機嫌を損ねたら何をするのかわからない人物とのこと…

知能も身体能力も超人級という超ハイスペックで頼もしい人物で悪い奴ではないようだけど、性格に難点があり非常に扱いにくいのが吸血鬼のミハイ。

 

 

隠神探偵事務所の頼りになるようなならないような、ハイスペックなメンバーが明らかになったところで怪物事変2巻は終わりでした。

怪物事変2巻を読み終えて

2巻では怪物でありながら警視という役職に就く飯生と、隠神たちを情報面でサポートするミハイが登場しました。

2人とも性格の癖が強く、頼りにしたいスペックだけど頼りには出来ないという仲間としては頼りな…頼れない方々でした(笑)

 

物語的には大きな進展はなく、怪物に関する事件を解決している隠神探偵事務所やその仲間たちの紹介がメイン。

世界観や怪物絡みという特殊な事件を察知、解決できる環境がどのようになっているのかを描かれていました。

 

これから様々な怪物絡みの事件を解決しながら夏羽が人としての感情を取り戻していく。

そして、最終的には命結石という貴重な代物を幼い夏羽に持たせ姿を消した両親との再会を目指す。

主人公・夏羽が所属する事務所の詳細や仲間たちが描かれ、物語が本格的に始まっていく展開の怪物事変2巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

 

怪物事変の感想記事一覧はこちらです。

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top