火葬場のない町に鐘が鳴る時5巻 感想・ネタバレ注意『父さんと再開!明かされる冥途の真相!』

%e7%81%ab%e8%91%ac%e5%a0%b4%e3%81%ae%e3%81%aa%e3%81%84%e7%94%ba%e3%81%ab%e9%90%98%e3%81%8c%e9%b3%b4%e3%82%8b%e6%99%82%e3%80%805火葬場のない町に鐘が鳴る時5巻の表紙は三途龍寺に到着した勇人。

5巻で三途龍寺に到着しましたが、冬雨さんが言っていた通り廃墟と成り果てていました…

 

5巻では父さんに再開したり、謎の仮面に遭遇したり、冥途様の真実を知ったりと色々ありますが、それでも三途洲の謎解明には程遠い。

謎が多すぎて三途洲が恐いッ!

火葬場のない町に鐘が鳴る時5巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

火葬場のない町に鐘が鳴る時5巻 感想※ネタバレ注意

謎の仮面の正体は!?

冬雨さんが冥奴を引き付けたこともあって、勇人は遂に父親がいると思われる三途龍寺に到着。

 

しかし、三途龍寺で勇人が出会ったのは父親ではなく謎の仮面を付けた怪しげな人物。

%e7%81%ab%e8%91%ac%e5%a0%b4%e3%81%aa%e3%81%84%e7%94%ba%e3%81%ab%e9%90%98%e3%81%8c%e9%b3%b4%e3%82%8b%e6%99%825%e5%b7%bb%e3%80%8070%ef%bd%90
謎の仮面『冥奴の怪 奥三途洲の惨 みとずの呪

知り過ぎた時 これら一切をキミは1人で背負うことになる』

引用:火葬場のない町に鐘が鳴る時5巻 70p

見ての通りめちゃくちゃ怪しい奴なんですが、コイツが勇人が三途龍寺を目指すきっかけとなった『地図』をドアの前に置いた人物であり

勇人の事も昔から知っているだったり、さらには『知り過ぎるなよ』と警告してくれていたり、素直じゃないけど勇人に対して敵意はない印象を受けます。

 

おまけに咲やドラゴンの事も知っているようで、『ドラゴン』という仇名まで知っていました。

その為、勇人たちとは幼い頃に関係のあった人物である可能性が非常に高く、雰囲気からしても勇人と同い年か2~3歳差程度だと考えてよさそう。

でも、肝心の勇人の記憶にはそんな人物は出てきていないので、正体は探れそうにないです。

 

 

仮面の下の素顔やコイツの正体など気になることがたくさんありますが僕が1番気になったのは、コイツはなんで冥奴に襲われないのかという事。

ドアの前に地図を置いたのがコイツである時点で、人間離れしている身体能力の持ち主だけど、冥奴は延々と追ってくるはずなので身体能力が高くても振り切るのは厳しいはずですよね?

にも拘らず、こいつは平然と三途龍寺で勇人を待ち構えていたわけで…

 

 

この後に同じような仮面を被った人物が登場し、そいつも冥奴に襲われていないようなので仮面に秘密がありそうですけど

仮面を被るだけで襲われないと仮定すると、仙人の力が込められた仮面ということなのだろうか?

 

この仮面の集団を知ってより一層、三途洲の闇は深すぎると感じました!

それと同時に、三途洲の謎が明かされる時の楽しみも増した感じで、謎が全て解き明かされる時が楽しみっ♪
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

父さんと再開の時!

三途龍寺にて父と再開した勇人。

父は予想以上に色んなことを知っていて、勇人にいろいろと教えてくれました。

 

教えてくれたことの中でも、もっとも大切なことが冥奴に関する真実。

144%ef%bd%90
父さん『少なくとも今町中を徘徊しているヤツらとは違う 彼らが”守り神”だなんて到底思えない』

引用:火葬場のない町に鐘が鳴る時5巻 151p

これまで勇人が戦ってきた冥奴と語り継がれている冥奴様は別物である事が明かされました!

 

 

というのも、語り継がれている冥途様は三途洲の民を守る守り神的な存在ですが、今いる冥奴はただの亡者ですよね?

誰彼構わず襲い殺す。

とてもじゃないですが、あれが守り神っていうのは無理がありました。

 

それもそのはずで、これまで『冥奴』と呼んでいたのは冥奴逆甦(めいどがえり)と呼ばれる三途洲のルールを破り、冥途様の怒りを受けたモノ。

死者でありながら、冥途様の怒りを受けたが故に動いているとされる化け物だったことが明らかになりました。

 

 

でも、冥途様(偽)を本物の冥途様が生み出しているのであれば、冥途様本体も守り神からは程遠い存在のような気がします。

火葬場のない町に鐘が鳴る時5巻を読み終えて

これまで襲ってきた冥途様が偽物であることが発覚しました。

 

でも、こうなってくると本物の守り神である冥途様が黒幕って事になるけど、そうすると冥途様本体も守り神からは程遠い存在のような気がするんですよね。

だって、三途洲の民を襲う化け物を生み出しているわけですから…

 

う~ん…

だいぶ真相が明かされてきた気がするけど、それでもまだまだ三途洲の謎は解明にはほど遠い。

一体、人里離れた三途洲の町に何が隠されているんだろうか?

読めば読むほどに咲が気になってきます!

 

 

謎の仮面の集団も出てきたし、三途洲はなにが隠されているんだろうか…?

冥途様に謎のトンネルに仮面の集団…

もはや軍隊の出動が必要な気がします…(笑)

 

 

闇が深すぎてどうしようもないとしか言いようがない三途洲。

果たして、勇人は三途洲の謎を解明し自分が冥途様にならない方法を見つけ出すことができるのか?

先が気になる、火葬場のない町に鐘が鳴る時5巻の感想でした!
(´∀`*)ノシ

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top