火葬場のない町に鐘がなる時8巻の感想ネタバレ注意『明かされる鐘の正体と三途洲町民の異常性』

火葬場の無い8巻

8巻では三途洲町の町長・諫未の口から鐘の正体が明かされます!

さらに、諫未の真の目的も徐々に見えてくる感じで…‼!

 

それでは、火葬場のない町に鐘が鳴る時8巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

火葬場のない町に鐘が鳴る時8巻の感想

三途洲町の住民たちの異常性

三途洲から出ようとした勇人でしたが、電車とバスが運休中…

電車・バスという三途洲町から出る為の数少ない交通手段を勇人は失ってしまいました。

 

そんな中、勇人が出会ったのがゴン子の妹・奈央。

冥途様の手に襲われ死んだと思っていたんだけど、割と普通に生きていました。

おまけに、襲ってきた『冥途様の手』を捕獲していたりと、さすが冬雨さんの娘だなって思わされる一面も(笑)

 

 

そんなこんなで奈央と偶然出会った勇人ですが、奈央の口からゴン子が行方不明になっていることを聞かされます。

そして、三途洲町の危険性を理解している勇人は、1人でゴン子を探している奈央をほっとくことが出来ずに行動を共にすることに。

 

こうして、奈央と共にゴン子を探し始めた勇人ですが、驚愕の現場を目の辺りにすることに…

火葬場の無い 8巻 43p勇人『か・・火事だね・・・・』

住民『燃やせっ燃やせっもっと燃えろ!』

引用:火葬場のない町に鐘が鳴る時8巻 43p

…奈央の家を放火する町民たち…
(゚o゚;)

 

他所者を煙たがっていたけど、まさかここまでするとは…

おまけに、火事&暴動に駆けつけた警察官まで『注意しておきます』で放火犯たちを逮捕する気はゼロと、三途洲町の異常性を思い知らされることになりました。

 

 

冥途様など怪奇現象だけじゃなくて、三途洲町に住んでいる人たちが根本的にいかれている…

怪奇現象って意味でも、町民たちの民度?的にも三途洲町がヤバい町だってのが、伝わってきますね…

 

もう三途洲町の住民ごと冥奴を焼き払ったほうが安全なじゃって本気で思っちゃいましたよ。
(;”∀”)

 

鐘の正体は奥三途洲の怨念!?

三途洲町の住民がいかれていることが明らかになったわけですが、遂に冥奴様が動き出す”鐘”についての真実が町長・諫未の口から明かされました!

 

それは、30年前の出来事。

火葬場8巻 143p町長『30年前の午後6時 事故に見せかけて殺された108人の罪なき奥三途洲の衆の恨み

崩壊したトンネルの奥から今もこだまする怨念の叫び

それが不協和音の”鐘”の正体』

引用:火葬場のない町に鐘が鳴る時8巻 143p

三途洲町の人たちは奥三途洲の人たちを事故に見せかけ大量殺戮…

 

諫未曰く、この時に殺された人たちの怨念こそが”鐘”の正体なのだと!!

つまり、鐘とは殺された奥三途洲の衆達の怨念であり、三途洲町で起きている冥奴事件は三途洲の住民に怨みを持った人たちの怨念が突き動かしていると。

 

 

ただ、こうなってくると諫未の目的は何なのか?

単純に奥三途洲の衆の復讐だけならば、徘徊している冥途様を上手く使えば十分達成できるはず。

にも拘らず、老龍上人の力を借りようとしていたり、回りくどい事をしている理由が気になるところ。

 

実際、本物の冥途様の力を借りようとしている節もあるし、諫未の真の目的が気になる展開。

戎斗に対して『おまえは将来的に三途洲…いや現世の守り手』とか言っているので、冥途様を使って世界征服を試みているのかも?

 

 

諫未の真の目的が気になる展開で火葬場のない町に鐘が鳴る時8巻は終わりでした。

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時8巻を読み終えて

鐘の正体が明らかになりましたね。

奥三途洲の怨念こそが鐘の正体であり、その矛先は三途洲町のトチ狂った町民たちのはず。

しかし、これまでの諫未の行動を観る限り三途洲町の町民たちに復讐だけが目的とは思えないんですよね。

 

現世とか言っちゃっている、もしかすると冥途様の力を借りて他の世界に旅立とうとしている…?

諫未の真の目的が明らかになる時が楽しみな展開です。

 

 

物語の中心になりつつある諫未を守る謎の仮面集団・十弥坊(じゅみぼう)。

現在では6人+雪割の計7人の存在が明らかになっていますが残り3枠が勇人・ドラゴン・咲の可能性が急浮上。

勇人たちは雪割と過去に交友関係があったことも明らかになったし、人数的もちょうど枠を埋める3人ですからね。

 

徐々に謎も明らかになってきたけど、知れば知るほどに泥沼に嵌っていっているような…
(; ̄ー ̄川 アセアセ

 

 

勇人たちは三途洲で起きている現象の真実を知るべきなのか?

それともこれ以上、深入りすることなく三途洲を離れるのが正解なのか?

三途洲町の怪異現象が徐々に明らかになってきたけど、知るべきではない真実が待ち受けていそうな火葬場のない町に鐘が鳴る時8巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時の記事一覧はこちらです。

火葬場のない町に鐘が鳴る時

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top