監獄学園24巻の感想ネタバレ有『ドMにとって究極の2択!?』

監獄学園24巻
体育祭編が大詰めとなる監獄学園24巻!

24巻のラストで体育祭に決着がつく寸前まで物語が進み、ついに濡れTコンテストが…!?

 

忘れかけていたけど、濡れTコンテストの為に裏生徒会に協力しているんだものね!

体育祭編の後は、楽しみ過ぎるウハウハ展開だし待ち遠しいなぁ♪
(*´艸`*)

 

それでは、濡れTコンテストまで残り数巻のはずの監獄学園24巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

監獄学園24巻の感想

淡付きスニーカーか生足か・・・

新たな女王リサの元、生徒会側の騎馬として無敵の強さを誇っていたアンドレ。

 

しかし、副会長・芽衣子が完全復活したことで、リサと芽衣子…

2人の女王どちらに従うべきかというドMにとって究極の選択を迫られることにw

40pガクト『副会長の淡付きスニーカーか…リサ殿のフルヌードおみ足…

アンドレ殿は一体どちらの足を選ぶのでゴザル!?』

引用:監獄学園24巻 40p

副会長の淡付きのスニーカーを舐めるか、リサの生足を舐めるか…

ドMの境地に達している人以外には完全に理解不能すぎる選択に苦悩し錯乱するアンドレw

 

 

芽衣子を失って以来、アンドレのマゾは暴走気味だったけどここまでとは…

もうね…

必死にアンドレの気持ちを理解しようとしても、理解できない。

 

男子たちが監獄に居れらたばかりの頃のソフトM?はまだ理解できたけど、これは流石についていけないよ…
(; ̄ー ̄川 アセアセ

 

 

ただ、冷静に考えると一番やばいのはリサな気がする。

だって、リサは回が進むごとに驚くべき速度で女王様という名の、ただの変態に成り下がって行っているからね。

 

登場時のリサからは、決して生足を舐めさせようとするような変態に落ちぶれる姿は微塵も想像できなかったもの…

今回の体育祭編でリサが女王様を目指すのを辞めてくれればいいけど、もし続けてしまうようだとガチで将来が恐いわw

 

ガクトのこういうところが好き(笑)

2人の女王様に選択を迫られたアンドレ。

ドMにとって究極の2択を迫られたアンドレは、思考停止。

 

 

そんなアンドレを見た知将ガクトの解説がおかしくて…

監獄学園24巻 62pガクト『・・・・女王様は 副会長殿かリサ殿か・・

自分は人間なのかブタなのか

はたまたブタ人間なのか・・・・』

引用:監獄学園24巻 62p

行動停止したアンドレを意味深な瞳で見つめながら謎の解説www
(∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・

 

人間なのかブタなのか?

それともブタ人間なのか?w

 

 

アンドレは芽衣子とリサという2人の女王様の2択を選べずに思考を停止したってことだけど、そんなアンドレを見つめるガクトw

 

この意味深な表情で、ぱっと見めっちゃ良いシーンみたいになっちゃってるからね!?

 

ガクトはホントに下らなくて、しょーもないタイミングでいい顔するからなぁw

ホントにガクトのこういう意味深ところが好きだわ(笑)

 

監獄学園24巻を読み終えて

長きにわたった騎馬戦に決着が付きそな展開!

この24巻のラストで騎馬戦が、ほぼ決着がついたのであと1~2巻で体育祭編も完結しそう。

 

 

色々あった体育祭編だけど、最後はアンドレを巡る?2人の女王様の熾烈な戦いが決め手に(笑)

 

それにしても、淡の付いたスニーカーと生足…

僕はどちらも舐めたくないけど、ドMのアンドレにとってはどちらも捨てがたい究極のご褒美だったんだろうね…

全然理解できないけど、アンドレのドM度合が病的だってのはハッキリと分かったよ。
(; ̄ー ̄川 アセアセ

 

 

ガクトもいい味出してたし、男子の友情!?が観れたいい巻だったわ。

まぁコイツらの友情ほど、理解に苦しむ友情なないけど…www

 

体育祭編がクライマックスの監獄学園24巻の感想でした!!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top