賭ケグルイ7巻の感想ネタバレ注意『百喰一族と蛇喰家の関係が気になる!』

賭ケグルイ7巻 賭ケグルイ7巻の表紙はヒロイン夢子&生徒会長である桃喰綺羅莉。

 

7巻では綺羅莉に召集された百喰一族の分家達が百花王学園に集結!

彼らを交えて生徒会選挙が幕を開けるのですが、分家達は綺羅莉の敵として登場!!

 

綺羅莉の破天荒なところが百喰一族内で嫌われているようです…(笑)

それでは新章に突入した賭ケグルイ7巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

賭ケグルイ7巻の感想

百喰一族の分家達と蛇喰家?

ギャンブルが全ての学園に現れたのが会長である桃喰綺羅莉(ももばみ きらり)。

どうやら桃喰とは『百喰一族』という一族の本家らしく、今回招集されたのはその分家に当たる○喰家の代表たち。

賭ケグルイ7巻 21p引用:賭ケグルイ7巻 21p

8家の代表は左から…

蟲喰家の恵利美(むしばみ えりみ)。
陽喰家の三理(ようばみ みり)。
尾喰家の凛(おばみ りん)。
狛喰の希(こまばみ のぞみ)。
骨喰家のミラスラーヴァ(ほねばみ)。
陰喰家の三欲(いんばみ みよ)。
和楽喰家の叔光(わらくばみ すみか)。
等々喰家の定楽乃(ととばみ てらの)。

 

名字が意味合いを持っており、それを体現している家もあるようですが現状では登場ばかりという事もあり謎ばかりです。

 

ただ、本家である桃喰家の招集で集まった『仲間』なのかと思いきや、彼らが集まってきた本家の招集という理由だけではなく、綺羅莉が出した条件『勝った者が学園の運営権&百喰一族の当主になれる』という条件に食いついてきただけ。

どうやら破天荒な綺羅莉に不満を抱いている分家が多いようで、彼らは現当主の綺羅莉を引きずり下ろすことを目論んでの参加で実質的に綺羅莉の敵です。

 

と、分家が登場したわけですがここで思い出してほしいのが、この○喰ってもう1人いますよね?

それはヒロインである蛇『喰』夢子。

 

偶然なのかと思ったのですが、どうやら蛇喰家も百喰一族の1つであるようで、蛇喰家は桃喰家の分家に当たる模様。

分家の中には蛇喰家を知っている人物もいるので百喰一族の1つであることが確定しました。

 

ただし、あまり相手にもされていないというか1つの分家は『蛇喰家なんてあったけ?』というリアクションを取っていたりと、蛇喰家は百喰一族の中で位が低いみたいです。

もしくは、夢子の性格が性格なだけに過去に蛇喰家の先祖がトチ狂ったことをして、百喰一族から忌み嫌われているという可能性もありそうかな…夢子が重度のギャンブル狂なだけに。

 

指を賭けたチキンレース!

一族を学園に集めた綺羅莉が始めたのは選挙会選挙。

もちろん普通の選挙とは異なり、票はそれぞれがギャンブルで集めるというギャンブルこそがすべて百花王学園らしい選挙が幕を開けます。

 

夢子と対決を望んできたのが百喰一族の1つ蟲喰家の恵利美。

彼女の家系は拷問を得意としている家系らしく、彼女が指定してきたギャンブルは…

85p恵利美『指が落ちるか指を抜くかのチキンレース

最も恐れた者が敗者となるギャンブル!』

引用:賭ケグルイ7巻 85p

ギロチン台に指を入れて、お互いに20本ある紐を切っていくというギャンブル。

もちろん、この20本の内どれか1本はギロチンに繋がっており、当ててしまうとギロチンが落下して指が切断されると…

指が切断される恐怖に負けて、指を抜いた人の負けとなるチキンレースのギャンブルです。

 

今回のギャンブルに臨むのが、夢子と偶然居合わせた生志摩に恵利美の3人。

誰が最後まで指を抜かずに居られるか…文字通り指を賭けたチキンレースが幕を開けます。

 

 

またもやらかす妄ちゃん

20本ある紐を3人が順番に切断していくのですが、運命なのか最後の2本という究極の2択状態まで勝負はもつれ込みました。

 

50%で指が飛ぶかもしれないという極限の状態で滾っている夢子だったのですが、この勝負は生志摩が最後の2本をいっぺんに切断し終わりました。

最終的には、恵利美は指を抜いてしまい生志摩と夢子が指を入れたままですが、生志摩は2本切りというルール違反をしたので夢子の1人勝ち。

 

ちなみに、ギロチン台には鉄板が仕込まれており最後まで指を入れていた夢子たちの指は切断されませんでした。

 

 

誰も指を失うことなく、ヒロインが1人勝ちという終わりだったのですが夢子には不満があるわけです。

その不満とは何かというと、やはり生志摩のルール違反…

『20分の1の確率が幾多の偶然で2分1まで極まった

まるで神が謀ったかのような奇跡

そしてその果てに訪れる 究極の択一…!』173p 賭ケグルイ7巻夢子『貴女はその最後の一瞬を踏みにじった』

引用:賭ケグルイ7巻 173p

整いに整った極限の状態を台無しにされて、もはや言葉では言い表せない感情を顔芸で表現する夢子(笑)

夢子の感情が理解できないけど、とにかく夢子にとってはこの顔に至るほどの悲しみ?憎しみ?を感じたんだろうね。

 

毎巻楽しみにしているけど、今回の顔芸は夢子が一番だった♪

ヒロインがする顔じゃないってのもあるけど、瞳孔開いちゃってるこの表情は当分忘れることが出来そうにないからねw

 

賭ケグルイ7巻を読み終えて

百喰一族が登場し物語は生徒会選挙戦へ。

綺羅莉の仲間かと思われたメンバーの正体は百喰一族の分家でしたが仲間ではなくて綺羅莉の敵として登場しました!

 

さらに、夢子の蛇喰家も百喰一族であることが発覚したりと今回の分家召集は他に隠された本当の目的がありそう。

○喰一族の分家達の言い分からしても、蛇喰家と確執があるのは間違いなさそうですから、もしかすると綺羅莉と夢子が組んで何かを企んでいるって可能性もありそうで楽しみ♪

 

 

そして、7巻にて異常性たっぷりな生志摩がお約束になりつつありましたw

夢子とギャンブルしたいけど、最後の最後でギャンブルを台無しにして夢子により一層嫌われる…

今後も出てきそうだし、お約束キャラとして今後も夢子たちと絡むことになりそうです(笑)

巻末にて、がんばれ妄(みだり)ちゃんっていうコーナーまで始まりましたからねw

 

 

生徒会選挙編が始まって芽亜里も独自に動き出しているし、誰がどう動いていくのか?

夢子や百喰一族が中心になるのは間違いないだろうけど、忘れ去られた主人公?鈴井君の活躍にも期待です。

7巻でも出てるし、結構セリフもあるんだけどとにかく影が薄くってさ…ホントいいキャラだよね(笑)

 

ギャンブルのドキドキ感にお馴染みの顔芸もしっかりあって安定の面白さだった賭ケグルイ7巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

 

賭ケグルイの感想記事一覧はこちらです。

 

副会長の正体

いつも仮面をつけて黙っている会長の隣にいる副会長の桃喰リリカ。

彼女の素顔が偶然にも芽亜里にぶつかってしまった際に明かされました!

101引用:賭ケグルイ7巻 101p

リリカは会長の綺羅莉と瓜二つでした!

 

百喰一族の分家からリリカは『まだそんなことを続けているのか』と呆れられていたので、幼い頃か仮面をつけ続けてきたみたいです。

会長であり一族の長である綺羅莉と瓜二つの顔を隠す為にやっている事なんだろうけど、分家の言い分からするにリリカが自らの意思でやっているようです。

まだその理由は明かされていませんが、リリカなりの何かがあるって事でしょう。

 

リリカが自分の意思で仮面を外して生活できる日が来てくれるのが、ちょっと待ち遠しい気もします。

見た目的にも双子なんだろうし、潜在的な能力は綺羅莉と同等と考えれば、やはりリリカが自分の意思で会長を目指すとかの展開が訪れるのが一番盛り上がりそうな展開ですからね!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“賭ケグルイ7巻の感想ネタバレ注意『百喰一族と蛇喰家の関係が気になる!』” への2件のフィードバック

  1. MCC より:

    鈴井君の活躍はこの次の勝負からですぜ!!

    • りょう より:

      MCCさん
      コメントありがとうございます。

      巻末の次巻予告で鈴井君がギャンブル参加してるようだったので『もしかして!?』と思ってたんですが久しぶりにギャンブル参加するんですね(笑)
      vs生志摩戦でもいい活躍あったし、鈴井君の活躍に期待して次巻発売日がより楽しみになりました♪

      情報ありがとうございます!

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top