異世界居酒屋のぶ1巻感想『魔法の言葉!トリアエズナマ‼』ネタバレ注意

異世界食堂のぶ1巻『異世界居酒屋のぶ』というタイトルになっているように、この居酒屋は現実世界と異世界に繋がっている居酒屋が舞台。

この居酒屋を舞台に様々な客の群像劇が繰り広げられます!

 

必見なのは、何かに憑りつかれたかのように魔法の言葉『トリアエズナマ』と唱える人々(笑)

仕事終わりの一杯を幸せそうに楽しむ姿が最高です!!

 

それでは、異世界居酒屋のぶ1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。


異世界居酒屋のぶ1巻の感想

中世ヨーロッパ風の古都にある現代の居酒屋が舞台

物語の舞台となるのは城壁の古都・アイテーリア。

中世ヨーロッパ風の古都なのですが、ここには文化が明らかに違う『居酒屋・のぶ』という居酒屋が存在しています。

 

その『のぶ』の雰囲気はというと…

14p引用:異世界居酒屋のぶ1巻 12p

中世ヨーロッパの古都とは、あまりにもかけ離れた雰囲気。

ヨーロッパではなく明らかに日本にある居酒屋なんです!

 

左下にいる2人が古都に住む人々なのですが、観てわかる通り明らかに文明が違うのが分かりますよね。

…ふと思ったけど大将が日本刀持てば、異種格闘大会できそうだよね?

剣客のオーラをどことなく纏っていて強そうだし!(笑)

 

 

ヨーロッパ風の古都に存在する明らかに『居酒屋のぶ』と看板を掲げている和風の居酒屋。

この居酒屋を舞台に、様々な人の群像劇を描いていくのが『異世界居酒屋のぶ』の物語です。

 

ちなみにですが、この地方の人々にこの看板を読むことは出来ません。

しかし、言葉は伝わるようで会話でのみ意思の疎通が可能という関係。

さらに、基本的な食文化は似通っており、出される料理の元が何かというのもアイテーリアの人々はある程度、理解しているようです。

 

食文化はある程度に通っており、言葉による意思の疎通は出来る。

使う文字こそ異なるものの、アイテーリアの人々と居酒屋・のぶは料理で繋がれる関係という事です。

 

魔法の言葉!トリアエズナマ‼

居酒屋で繰り広げられる物語なんですが、この物語の見どころはなんと言っても、幸せそうに呑むアイテーリアの人々‼

21p引用:異世界居酒屋のぶ1巻 25p

見てて気持ちい呑みっぷり!

なにより『生』が出された時の幸せそうな表情が溜まりませんよね♪

 

仕事終わりの飲み会。

最高のひと時を『居酒屋のぶ』過ごすアイテーリアの人々ってのが見どころ。

 

もちろん、料理関連で良くある料理を通じた良い話も多々あるんだけど、ホントに印象深く残っているのはやっぱり…

19p『「トリアエズナマ」』をもう一杯!

引用:異世界居酒屋のぶ1巻 19p

トリアエズナマと唱える幸せそうなアイテーリアの人々。

とにもかくにもトリアエズナマ(笑)

 

文字が読めないので、お品書きは読めないこともありメニューを人に聞いて覚える人が多いんです。

誰かが『とりあえず生』と『生ビール』を注文したのを聞いたアイテーリア人が『とりあえず生』を商品名だと思い浸透してしまっているみたいなんです(笑)

 

これをそのままにしている店主たちに茶目っ気を感じるし、トリアエズナマを取りつかれたように連呼する姿は必見!

また、トリアエズナマを仲間に進める姿も可愛らしいんですよ(笑)

生ビールを『絶品料理を勧める』が如く仲間に紹介しますからねw

 

仕事終わりに一杯やってるアイテーリアの人々を見て癒される異世界居酒屋のぶ1巻でした。

 

異世界居酒屋のぶ1巻を読み終えて

異世界の人々が日本の居酒屋に魅了され『トリアエズナマ』を頼む姿が印象的な物語(笑)

話によっては、料理を通じた良い話もあるんですが、個人的には呑んだくれている話が好きでしたw
だって、あそこまで幸せそうに生を飲んでいるアイテーリアの人々を見たら癒されますもの。

憑りつかれたかのように『トリアエズナマ』を注文しまくる姿が可愛らしくて、たまらなかった♪
( ̄m ̄* )ムフッ

 

物語としては深良い話は無かったけど、普通に安定感のある料理×ギャグマンガという印象です。

似たジャンルの異世界食堂がアニメ化されているし、アニメを楽しめている方は是非読んでみてはいかがでしょうか?

異世界に通じる居酒屋を舞台にした物語『異世界居酒屋のぶ』1巻の感想でした!
(* ̄ー ̄*)/~~☆’.・.・:★’.・.・:☆’.・.・:★”

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top