いぬやしき6巻 感想『暴走極まり宣戦布告!?』

いぬやしき6巻

 

ロボットの体になり犯罪を続けていたヒロが遂に警察に追われ、匿ってもらっていたクラスメイトの家を襲撃されることになりました。

超兵器のヒロに警察の襲撃は無意味なわけだけど、この行動がヒロの怒りを買ってしまうわけで、クラスメイトと接して止まりかけていたヒロが、更なる暴走を開始することに…

 

それでは、いぬやしき6巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

いぬやしき6巻の感想

まさかの警察署襲撃…

これまでやったことが警察にバレ、追われる身になり、匿ってもらっていたクラスメイトの家も特定され襲撃されてしまったヒロ。

 

やっと見つけたと思った居場所も奪われてしまったわけで、もうどうがんばってもまともな生活は送れないという状況で、超兵器の体になったヒロが起こしたことが警察署の襲撃なんだけど、その襲撃をする際のヒロがヤバくて…

いぬやしき6巻 45pいぬやしき6巻 45p

もうね…完全に犯罪者っていうか悪人面している(笑)

 

超兵器のロボットになり、自分が生きているのかを実感できないっていう大きすぎる悩みでヒロは暴走を続けてきたわけだけど

この表情を見る限りすでに『生きている事を実感できない』っていうことにヒロは興味を持ってい無さそうで、本当に殺される?壊される?まで暴走し続けてしまいそうな勢い。

 

もうヒロは自分の意志では止まらないだろうし、犬屋敷が止めるしかない展開だけど、ここまで堕ちたヒロが何かを見いだせるのかに期待です。

何かしら得られればいいと思うけど、もう死ぬだけなのかな?

同じ境遇の犬屋敷と向かい合うことで何か感じてくれるといいけど…もう無理か…

暴走極まり宣戦布告

暴走を続けているヒロだけど、警察を襲撃してからは本当にぶっ飛び始め、遂にイカレきった宣言というか…

いぬやしき6巻 187pいぬやしき6巻 187p

『僕はこの国に宣戦布告します…』

まさかの日本に対して宣戦布告…

力が無ければ笑い話だけど、超兵器のロボットと化したヒロなら国相手でも十二分に戦えてしまうと思うし、ぶっちゃけ日本負けそうで笑えない…
(;´▽`A“

 

ヒロは『この国がある限り追われるから』って理由で日本と戦争を始めたけど、日本が無くなってもヒロは確実に追われる…

それも、日本が無くなった後にヒロを追うのは世界なわけで、ヒロがこのまま進んだら確実に人類は滅亡まで虐殺は続いちゃうって事なんだよね…

 

ここまでくると、本当にヒロを破壊するか人類滅亡かの2択だし、犬屋敷との決着の時は近そうです。

果たして、日本に宣戦布告したヒロを犬屋敷は止めることができるのか?

ヒロの脳みそがぶっ壊れ始めた犬屋敷6巻でした。

いぬやしき6巻を読み終えて

5巻でヒロが踏みとどまるというか、人間として生きていく道が見つかりそうだったところだったけど、警察に襲撃を受けて居場所を失ったことで、これまで以上の暴走を開始。

最後とも思える居場所を奪われたことが、ヒロが日本に宣戦布告する原因になったのは間違いないけど、そもそも殺人とかの犯罪を起こした以上、後戻りはできなかったんだよね。

 

本格的にヒロが暴走を始める中で、犬屋敷が徐々に力をコントロール出来るようになってきているので、次巻辺りでロボットの2人が本格的に戦うことになりそう。

これまでを見ていると、戦闘スペック的にはヒロの方が高そうな気もするし、犬屋敷おじいちゃんだし、勝てるのか…これ?

勝てるも何も犬屋敷が勝たないと、冗談抜きで人類滅亡しちゃいそうだし、頑張ってもらわないと物語終わっちゃうんですけどね(笑)

 

 

物語的には、地球に超大きな隕石が迫ってきているって話が出てきたので、最後は犬屋敷とヒロが協力して隕石を破壊して終わりってことになりそう。

そう考えると、ヒロが人類の為に隕石を破壊する理由を見出していないといけないわけだから、同じ境遇の犬屋敷と向かい合うことでヒロが何かを見出すってことになるのかな?

だとすれば、犬屋敷と向かい合ったときヒロが何を思うのかってのが楽しみです♪

 

ヒロが本格的に暴走を始めてしまったいぬやしき6巻の感想でした!
(*。>ω<)ノシ マタネッ♪

 

いぬやしき7巻の感想はこちらです!

いぬやしき7巻 感想『人間だと実感するのもプログラム?』ネタバレ注意

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top