今際の国のアリス16巻の感想!だいやのきんぐ戦完結と明かされるラスボスの存在!

今際の国のアリス16巻

繰り広げられる最高の頭脳戦”だいやのきんぐ”
最高レベルの頭脳を持っているメンバー達で繰り広げられた戦いも残すは2人。

残った2人は、命に価値を見いだせないチシヤと
誰よりも命を大切に思うが故に自分で命の価値を決めることができないクズリュー!

果たして、最高の頭脳戦の結末は!?

今際の国のアリス16巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

今際の国のアリス16巻の感想

最高の頭脳戦だいやのきんぐ

最高の頭脳戦も残すは2人。

命に価値を見出すことができず
自分の命にすら興味を持てないチシヤと

強すぎる正義感故に命は平等であるべきだと考えるも
歪み切った世界に絶望し
何を決めればいいかもわからなくなったクズリュー。

 

そんな2人が繰り広げる最高の頭脳戦で
追い詰められていたチシヤが最後に取った行動は…

今際の国のアリス16巻 チシヤの選択

”平等”な頭脳戦だったげぇむ性を壊し
自らの命をクズリューの選択に託すという凶行。
オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ

 

自分の命にすら興味が持てないチシヤは
命の価値を決めることができないクズリューに
強制的に自分の生き死にを選択させることで

真逆の理由に悩み苦しみ続けてきた
クズリューが出す答えを命がけで知ることを選択したわけです。

こうして、チシヤの凶行でゲーム性が大きく変わり
平等なゲームの末に相手の命を奪うのではなく
自らの意志で”自分の命の方が価値がある”と判断し相手を殺さなければならなくなったクズリュー。

しかし、長年悩み続けた彼に
そんな決断を下せるわけもなく
最後にクズリューが下した決断は、命の優劣を付けるではなく…

今際の国のアリス16巻 クズリュー

どう生きどう死にたいかと自分自身の理想を貫くこと。

 

その選択の結果、クズリューは敗北するも
『命の価値を自分では決めない』と
長年迷い続けてきた”命の優劣”の問に答えを出し
険が取れた表情で自分の生き方を導いてくれたチシヤに感謝の言葉を残し死んでいくことに…
(ρ_;)・・・・ぐすん

 

こうして、今際の国で繰り広げられた最高の頭脳戦は、
生き残った2人の選択により
どう生きどう死にたいのかという
頭脳戦っていうよりは心理戦に近い幕引きになったわけです。

 

最終的に、自分の命にすら価値を見いだせないチシヤが
命の価値に悩み続けたクズリューの答えを聞いたわけで
この出来事が今後のチシヤの生き方にどう影響するのかが気になりますね!

 

高い頭脳を持ってはいるけど
”げぇむ”を通して様々な死を見てきたはずなのに
アリスと出会ったころと全然変わっていないし

チシヤがたどり着く答えが
どんなものになるのかが楽しみでしょうがないです!

迷い苦しむアリスと因縁の3人ばとるろいやる

くらぶのきんぐ戦でキューマを破るも
意気消沈してしまい、金輪際げぇむに挑まない言い放ち
びざ切れまでウサギと楽しく暮し終わることを厭わないとしていたアリス。

 

そんな決断を下したアリスだったけど…

今際の国のアリス 16巻 苦悩するアリス

自分自身の幻覚を見たり、
過去に死んでいった仲間たちの幻覚を見たりと
自分で下した決断に迷いを感じているようす。

 

幻覚を見てしまうほどに
自分自身を攻め始めている感じで

悩んでいる理由こそ違うけれど
悩みの末に心が折れたクズリューの一歩手前っていう感じで
心が折れて壊れてしまう寸前ですよね…

アリスには救われてほしいけど
優しすぎるアリスには、
この世界では答えを導き出せないと思うんだよね…

自分が生きるために、誰かを犠牲にしないといけない世界だからさ…

 

 

そんな心が折れる寸前のアリスが偶然にも出会ってしまったのが
命に興味を見いだせない状況に悩み始めたチシヤと、
死ぬまで嫌われ続けて生きると決めたニラギ。

 

生きる気力を失っているアリスとチシヤ。
そして、その2人それぞれに恨みがあるニラギが出くわしたことで
本来の”げぇむ”とは、一切関係のない因縁の3人による”げぇむ”が幕を開ける事に…
今際の国のアリス16巻 因縁の3人果たして、この戦いの末に待つものはなんなのか!?

幻覚を見ながらも自分の生きる道を見い出そうとあがくアリスは
この戦いで、自分の生きる理由を見つけ出すことはできるのか?

意味のない”ぷれいやぁ”同士の戦いが幕を開けたところで
今際の国のアリス16巻は終わりです。

今際の国のアリス16巻を読み終えて

最高の頭脳戦だったクズリュー戦が
心理的な感じで終わってしまったんだけど
クズリュー最後は読みごたえはありました!

なにより、命に興味がもてないチシヤが
クズリューが命を懸けて出した答えを聞いた事が
今後どういう風にチシヤに影響を与えるのかが気になりますね!

 

巻末の次巻予告で、
『”ばとるろいやる”を勝ち抜いた1人は最後の”げぇむ”へ・・・』
となっているので

この戦いによって、アリスの中で答えが見つかって
残された最後の絵札にアリスが望むっていう展開になるはずだけど

いったい、3人プレイヤーによる意味のない戦いで
アリスが何を見いだせるんだろ?
彼が導き出す答えが気になりすぎてヤバいですッ!
((o(> <)o))うずうずっ

 

衝撃的だったシーン

この巻でクズリューの回想的なところがあるんですが
そこで今際の国で知られざる国民のトップの存在が明らかに!

今際の国のアリス16巻 ジョーカー

この国のすべてを統治する”じょおかぁ”
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
絵札の国民達を倒したのちに
アリスたちが最後に戦うことになるのが、この”じょおかぁ”だろうし

これまで、終わりの見えない展開だったけれど
ラスボス的存在が明らかになったことで
物語の最終的な展開が一気に見えてきた気がします!

 

”じょおかぁ”がいったいどんな人物なのかも気になるけど
何を思って、今際の国で殺し合いをさせているのか?

物語もクライマックスって感じだし
今際の国の存在理由が明かされるっていうのは
待ちに待った展開ですから楽しみ過ぎますよねッ!?
ワクワク((o(゚▽゚○)(○゚▽゚)o))ドキドキ

 

 

ちなみに、帯に書かれていたアニメ情報なんですが
オリジナルアニメOVAが10月6,13,20日にTOKYOMXで放送されるようです。

放送時間などは、各局などで違いがあると思いますが
気になる方は、自分の地域のテレビ局の番組表を確認してみてくださいね(*^^*)

 

今際の国のアリス16巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top