ハンター×ハンター34巻の感想『動き出す王子たちの念獣』ネタバレ注意

ハンター34巻

ハンター×ハンター34巻の表紙はヒソカ&幻影旅団の団長クロロ。

死闘というタイトル通り、34巻ではヒソカとクロロの死闘が繰り広げられます!

 

果たして、最強クラスのヒソカとクロロ。

命懸けの戦いに勝利するのはどちらなのか?

 

2人の戦いが熱いハンター×ハンター34巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ハンター×ハンター34巻の感想

ヒソカvsクロロ

闘技場のフロアマスター戦という場でついに実現したのが、ヒソカvs幻影旅団の団長・クロロの戦い。

 

それもただの戦いっていうだけではなくて、この2人が選択したのは…

ハンターハンター34巻 10pクロロ『どちらかが死ぬまでやろう』

ヒソカ『OK』

引用:ハンター×ハンター34巻 10p

どちらかが死ぬことが勝利条件となるデスマッチ!

闘技場であらゆる武器の使用が認められる条件の下、ヒソカとクロロという作中でも人気が高い&最強クラスの2人の戦いが幕を開けました!

 

ちなみに、クロロにかけられたクラピカの念能力は、すでに除念済みでクロロも念能力は発動可能です。

…だいぶ間が空いたので忘れちゃってる人もいると思うんでね(笑)

 

ヒソカの旅団狩りスタート!

闘技場で繰り広げられたクロロvsヒソカのデスマッチは死闘を極め、物語始まって以来最大級の頭脳戦が繰り広げられました。

 

しかし、戦いは長引くにつれてヒソカを倒す為に必要な念能力を『盗賊の極意(スキルハンター)』に集め準備万全で戦いに臨んだクロロが優勢に。

最終的には、用意周到だったクロロの圧勝で、ヒソカが心停止したことでクロロの勝利で2人の戦いは幕を閉じました。

 

 

こうして、ヒソカが死亡したことで2人の戦いは終わったと思われてのですが、ヒソカは死後に強まる念を使い自らの心臓&肺に仕掛け、自らを蘇生するという離れ業に成功しました。

 

自らの念で蘇生したヒソカは、蘇生直後のマチとの会話…

ハンターハンター34巻 137pヒソカ『いやぁ…やっぱりクロロ級と闘ると

相手十分の条件で勝つのは難しいな…♣

現実は厳しいね☠』

引用:ハンター×ハンター34巻 137p

マチの『戦う相手と場所はちゃんと選ぶことだね』という発言に何かを感じ取り暴挙に出ます。

 

その暴挙とは、クロロが率いている幻影旅団のメンバー全員に対し『どこで誰と遭ってもその場で殺すまで闘る』という負けた腹いせとも取れる行為

旅団のメンバーであれば誰であろうと皆殺しにするという、これまでは戦う相手を選んでいた戦闘狂のヒソカとは思えない行動をとり始めるわけです。

 

この宣言の直後、町で出会ったコルトピ&シャルナークを予告通り殺害。

戦闘狂でありながら自分なりのルールがあったのが魅力だったヒソカが、悲しい復讐者に成り下がってしまったわけです…

 

 

ただ、このヒソカの旅団殺しは色々考察がされていてそもそも『闘技場の闘いが一騎打ちではなかったのでは?』という説が濃厚とされています。

 

事実としてシャルナークから借りている能力『携帯する他人の運命(ブラックボイス)』で使う実物のアンテナが無くなってたり…

さらに、出来ないはずの能力を2つ以上の同時発動というか、無茶があるとしか思えない節もありますからね。

 

マチの発言で『旅団のメンバーが協力していた』とヒソカが確信したからこその行動だと信じたいです。

ヒソカ結構好きなので…(笑)

 

王子達の念獣がヤバい?

物語の視点、カキン王族が新大陸を目指す船で王族の警護に当たっているクラピカへと移ります。

 

次期国王の座を懸けて王子達が殺し合いをする場でもあるわけですが、警備はめちゃくちゃ厳重。

警備の中には念能力を扱えるハンターたちも多数含まれており、王子たちが殺し合うのは不可能なのでは?と思わざるを得ないほどに厳重なんです。

 

何事もなく終わる可能性もあるかなとか思ったのですが、そんなわけもなく…

198p引用:ハンター×ハンター34巻 198p

壺虫卵の儀(こちゅうらん)にて、すべての王子には寄生型の念獣が宿っているとのこと。

 

この念獣の正体は寄生型の念能力

壺虫卵の儀を行った際に王子達に宿ったモノですが、宿主である王子たちも無自覚だそうです。

また、宿主に自覚がないだけではなく操作権もない為、勝手に敵を攻撃したり時には宿主を攻撃したりもするとのこと。

 

ハンターも混じっている厳重な警備ですら一筋縄ではいかない念獣を、14人の王子が備えてしまっている…

 

やはりというか、期待通りイカレタ王族同士の荒れる果てる泥沼展開が幕を開けた感じです!

ハンター×ハンター34巻を読み終えて

ヒソカvsクロロ戦に決着が付きましたが、敗北したヒソカは怒り狂って旅団狩りを開始。

肝心の旅団はクラピカが警護にあたっているカキン王族の新大陸を目指す船にお宝目当てに潜入…

クラピカ&ヒソカが手を組んで旅団壊滅の展開が待ち受けていそうな気もします。

 

 

とりあえず、新大陸編に突入したことになりますが、この船で何が起こるのかが楽しみ♪

王子同士の殺し合いってのは、まず間違いなく行われるし見どころになると思うけど、それ以外に何が起こるのかが楽しみなところ。

 

この船には幻影旅団にヒソカにクラピカ、十二支にビヨンドも乗っていますから。

船で王子たちの念獣が暴れだすのをきっかけに、他の闘いがいつ勃発しても何らおかしくないので展開が楽しみすぎますよね!

 

 

新大陸についてからの展開も楽しみだし、着くまでの船旅も熱い展開になりそうと先が楽しみ過ぎるハンター×ハンター34巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top