ハンター×ハンター連載開始らしいので最新32巻までのあらすじ紹介!

ハンターハンター週刊少年ジャンプで連載されていて

現在は何度目かわからない長期休載中の

ハンター×ハンターの連載が再開することが明らかに!
:*.;”.*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.”;.*: ワーイ♪

 

公式サイトなどでも連載再開が告知されているので

今回のは本当に連載再開みたいです♪

コマかな状況方は3月19日発売の来週号で正式に発表されるようですが

とりあえず、今回はハンターハンターの連載関連の情報と物語の状況を書きますね♪

----------sponsored link----------

ハンター×ハンター連載再開と物語の現状。

連載再開情報

まず、HUNTER×HUNTERが連載再開開始が決定しているのですが

現状では、細かな日時や再開される号数は出ていません。

 

公式サイトによると、3月19日発売の週刊少年ジャンプ37・38合併号内にて

連載開始に関する、より詳細な情報が掲載されているらしいので

ハンター×ハンターファンは来週号が待ち遠しいですね♪

 

 

僕はハンター×ハンター面白くて好きで

連載再開ってのはホントに嬉しいんだけどね…

いや、本当に再開はうれしいんだけど

連載再開を聞いたと同時に『どうせまた長期休載するんだろうなぁ』って思っちゃって素直に喜べない自分がいます。
σ(^_^;)アセアセ..

 

出来れば、暗黒大陸編完結まで連載してくれると嬉しいなぁ(笑)

 

HUNTER×HUNTERの現在の物語

長期休載から復帰するハンター×ハンターの物語ですが

調べてみると1年半近く休載していたようなので

単行本の最新巻32巻の物語の状況を紹介しますね♪

 

 

ハンター×ハンターの32巻では

総選挙やキルアの妹アルカ&ナニカが終結して

ゴンがハンターになるきっかけになった父・ジンと再開を果たし、物語は次のステージへ。

 

その次のステージというのが、ちらっと書いた暗黒大陸編。

この暗黒大陸とは、ゴンたちが住む世界よりも強大な危険が眠っている巨大な土地

人が足を踏み入れることで、どんな危険が起こるかわからないが故に

各国が協力し暗黒大陸へは、非常に面倒な手続きを申請し

厳重な監視付きでなければ踏み入れることが許されていません。

 

そんなヤバすぎる暗黒大陸が舞台となるのが新章なわけですが

この暗黒大陸編で初登場し物語の鍵を握るのが

長年ハンター協会のトップを務めていたアイザック=ネテロの息子であるビヨンド=ネテロ。

 

 

このネテロ会長の息子・ビヨンドは

各国からの再三再四の警告を無視し、集めた仲間たちと共に

人が踏み入るだけで危険すぎる暗黒大陸へ強引に上陸計画を開始。

 

そんなネテロの息子・ビヨンドが強硬姿勢を崩さない中ハンター協会には特命が入るわけで…

ハンター×ハンター32巻 207pHUNTER×HUNTER32巻 207p

『息子を狩せよ…!』

ハンター協会への出されたのは暗黒大陸を目指すビヨンドをハントせよという特命!

 

こうして、特命を受けたハンター協会が

暗黒大陸を目指すネテロの息子ビヨンドをハントに動き出したっていうのが

ハンター×ハンター32巻のあらすじです。

 

 

 

連載再開からは熱い展開で始まった暗黒大陸編が描かれるわけで

このハンター協会のトップクラスのメンバーとネテロの息子の戦いも楽しみだし

暗黒大陸編に、ゴンやキルアがどうやって絡んでくるのかも楽しみですよね♪

 

さすがゴンは、ゴンさん状態じゃなきゃ暗黒大陸で生き残れないだろうけど

ゴンさんには誓約?制約?付きでガッチガチに縛らないと成れないから登場し…

こうなってくると、ゴンは暗黒大陸編に絡んでこない可能性もあるのかな?

 

ジンや十二支っていうハンター協会のトップが主体になりそうな気もするけど

主人公だしゴンにも暗黒大陸編で活躍してほしいなぁ…(笑)

 

連載再開という事で早くも新巻が楽しみなHUNTER×HUNTERの連載再開情報でした♪
o( ̄∇ ̄o)グッ!!(∇ ̄ )クル(  )クル(  ̄∇)クル(o ̄∇ ̄)ノバーイ

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top