ヒロイン失格1巻 感想・ネタバレ注意『叩きつけられた現実!はとりが自分の恋ヒロインを目指す!』

どうもぉ~りょうです♪

 

今回も期間限定で無料だったので読んでみたヒロイン失格1巻!

金曜ロードショーでも実写映画がやってたんですが、観なかったのを地味に公開しています…

%e3%83%92%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%a4%b1%e6%a0%bc%e3%80%801%e5%b7%bb

タイトルの通り、ヒロイン・はとりが自分が『ヒロイン失格』だと気が付くことで物語が始まるという、面白い始まりでした!

はとりのうぬぼれっぷりはハンパないけど、現実を叩きつけられたのちのはとりの行動は凄いと思う。

 

それでは、ヒロイン失格1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ヒロイン失格1巻の感想

自分がヒロインだと思い込んでいる少女・はとり

物語のヒロインは松崎はとり。

派手目の女子高生で、幼馴染の寺坂利太に想いを寄せているんですが、ちょっと拗らせてる感じのうぬぼれMAXの子で…

%e3%83%92%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%a4%b1%e6%a0%bc1%e5%b7%bb%e3%80%807%ef%bd%90

『利太がヒーローの少女漫画があるとしたら あたしほど主人公にふさわしい子っていないもん 幼なじみだよ?

利太の事 誰よりも側でずーっと見守ってきたんだよ?』

引用:ヒロイン失格1巻 7p

 

幼なじみの利太のことが好きだけど、利太に好きという気持ちを伝えず、利太の気持ちを知りもせず

それでも、自分が利太に一番ふさわしいと信じて疑っていないという、ちょっと天然で危ない子。

 

 

実際、はとりと利太の関係は良好で傍から見ると付き合ってるのかなって思うほどで、お似合いの2人ではあるんですが

お互いに気持ちを伝え合っているわけではないどころか、利太は度々はとり以外に『彼女』を作っています。

 

ただ、はとりにとってはその『彼女』ですらも自分と利太の関係には遠く及ばない存在という謎の考えがあるんです…

とにかく、はとりの妄想は度を越えているところが目立ち、本気で『利太は最後は自分の元に来る』と信じ込んでいます。

 

 

こんなおかしなことになってしまっているのが、後に自分がヒロイン失格だと気が付くヒロインのはとりです。

ヒロインではないッ!?叩きつけられる現実!

利太は自分とくっ付くことになると信じて疑っていなかったはとりですが

これまでとは明らかに違う『彼女』が利太にできたことで、現実を突き付けられることになります。

 

その時のはとりのリアクションを見ると、如何に本気で信じ込んでいたのかってのがわかりまして…

%e3%83%92%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%a4%b1%e6%a0%bc1%e5%b7%bb%e3%80%8053%ef%bd%90

『あんたはオーディションも受けてないのに 何故か自分がヒロインだと勘違いしている舞台にも上がれてない ただの劇団員 脇役以下』

引用:ヒロイン失格1巻 53p

現実を叩きつけられ唖然としてます…(笑)

 

本来ならば、どこにもはとりが唖然とする理由はないんですが、

自分がヒロインであり利太に最もふさわしいと信じて疑ってなかった、はとりからすれば衝撃的なんです(笑)

 

こうして、はとりが自分が『ヒロイン』ではないことを知り物語は動き出していくんです。

自分の恋のヒロインへ!

自分が利太との恋のヒロインではなかった。

現実を叩きつけられたはとりは、一時は利太から離れ他の男を探すそうともするんです。

 

しかし、利太がいなくなったことを実感し途方もない虚無感に襲われ、自分がどれだけ利太のことを好きなのかに気が付くんです。

そして、これまでずっと伝えることができなかった素直な大好きって気持ちを利太に伝えるんだけど、その時のはとりが…

%e3%83%92%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%a4%b1%e6%a0%bc1%e5%b7%bb%e3%80%80177%ef%bd%90

『ぜんっぜん可能性ないことも ひとりよがりなのも わかってる

でもごめん あたし利太が大好き!』

引用:ヒロイン失格 175p

何の根拠もなく『自分がヒロイン』と信じ込んでいた頃のはとりからは想像もできない清々しい表情!

 

利太に想いを伝えたけど、今の利太にはちゃんとした彼女がいるわけで付き合っては貰えない。

それでも、はとりが自分の思いをキッチリ整理して利太に伝えたことで、はとりの恋が始まります!

 

 

果たして、はとりは利太との恋を実らせることができるのか?

ヒロインだと信じ込んでいた少女が、自分の恋のヒロインになる為の物語が幕を開ける!

ヒロイン失格1巻を読み終えて

物語のヒロインである、はとりが『ヒロイン失格』であることを自覚したことで物語が始まりました。

てっきり仲良くなりすぎて付き合えなくなっているみたいなノリかと思いきや、想いを伝えたら普通に利太にフラれちゃいました…
( ̄▽ ̄;)!!ガーン

 

2人の関係は恋人に近い感じではあるんだけど、利太ははとりを恋とは別のベクトルで捉えている感じで

今後のはとりの頑張りで、利太のはとりの認識をどう変えていくのかってのが楽しみです♪

 

 

実写映画化もされた作品だけあって、サクサクと読み進められたし

なんといっても、ヒロインのはとりには笑わせてもらったし、感動もさせられた。

 

実写映画はこんな感じ。
金曜ロードショーでやってたので、Hulu辺りで配信されるのかな?

配信されていたら見ようと思います(笑)

 

 

勘違いのうぬぼれやはとりが、自分の恋のヒロインになる物語ヒロイン失格1巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top