helck-ヘルク-4巻の感想!明かされるヘルクの過去と託される勇者殺しの剣!

Helck4巻

表紙は、ヘルクの弟で勇者として活躍した青年クレス

経緯こそ明かされていないけど、
ヘルクは弟を殺した罪で人間界から追われているので
ヘルクが人間界を追放される原因になった、今は亡き勇者様。

 

物語は、ゲートに吸い込まれてしまい
辺境に飛ばされてしまった帝国四天王ヴァミリオと勇者ヘルクが
一緒に魔界に帰ろうと行動しているところ。

そんな道中、危険な騎士が住み着いていると怪しげな噂を聞くも
警告を無視して進んだ2人は…∑(; ̄□ ̄A アセアセ

helck4巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。


----------sponsored link----------

helck4巻の感想

本気のヘルク!
いつも温厚で、誰にでも優しい勇者ヘルク。

そんな優しい勇者ヘルクが、
噂を無視して進んだ先で、出会った闇の騎士との戦いの最中に
初めて本気の怒りをあらわにすることに!

Helck4巻 怖すぎる減るく

威圧感がハンパない
普段の緩いヘルクとのギャップが衝撃過ぎ!
∑(; ̄□ ̄A アセアセ

 

 

表情は怖いけど、怒りの原因が仲間の危機を救うためっていうのが
まさに勇者って感じで、仲間にいれば頼もしすぎるんだけど

物語の視点は、魔界サイドってこともあって
ヴァミリオ達にとって如何にヘルクが脅威であるっていう事を思い出さされた!

 

ヘルクって、いつも緩い感じだから
魔界のメンバーで挑めば倒せそうな気がしていたけど
こりゃ無理だ。(;^_^A アセアセ・・・

 

と、普段は温厚だけど仲間想いで
イザってときは頼りになる実力を持っている、まさに勇者って感じのヘルクが
いったいどんな経緯で実の弟であり勇者でもあったクレスを殺してしまったのか

過去が気になるなぁ~ってところで、物語は過去編へ( ̄∇ ̄*)

 

 
明かされるヘルクの過去
話は数か月前に遡り、
ヘルクが追放されることになったと思われる重大な出来事が‼

それは、弟クレスが勇者として、1つの魔王を倒した後。
弟は魔王を倒すことに成功するも、クレスは致命的な重傷を受けてしまい生死を彷徨うことに。

ヘルク4巻 勇者覚醒

そして、重傷を負って意識を失っているクレスの隣にいるのが
大賢者ミカロスと呼ばれる人で、人間界の魔術師だけど

必ずクレスを救って見せる・・・必ずだ…』って、危なすぎる発言をしている…
アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

 

最終的に、クレスを殺したのが優しいヘルクって事を考えると
この後、大賢者ミカロスの術によってクレスは甦るんだろうけど
そのクレスは自我を失っている状態で、人間だったころのクレスじゃなかったとかだろうし

 

今現在、人間界にいる背中に羽を生やした天使のような風貌の自称・勇者達を
何者かが統率しているけれど、流れ的に統率者はミカロス…

物語が違っても人間はロクなことしないなσ(^_^;)アセアセ..

 

 
ヴァミリオに託される勇者殺しの剣!
完全に人間たちが禁忌とかに手を出して
やらかしちゃっているみたいで
当分の流れは、ヘルクが魔界サイドと共闘してミカロスを倒すってことになるんだろうけど

 

孤島で出会った謎の魔女が言い放った伏線。

進む先は闇。大きな災いを招く可能性を秘めている。

ってヘルクを指した発言をしたんだけど
これが意味しているのが、どういうことなのか…?(; ̄ー ̄)

 

 

人間界で起こっている事態が
予想以上にヤバそうな展開なわけで非常に気になるんだけど

その大いなる災いを招く可能性が何かをヘルクは知っているようで…

ヘルク4巻 勇者殺しの件

勇者である自分を殺すための武器を、
同行している魔界の四天王・ヴァミリオに手渡すという行動に。

 

このことからも、ヘルクが自分を抑えることができない事態を危惧しているのがわかるし

弟を殺した理由も、なにかから弟を救うためで
人間として悪の道に走った為に、弟を殺したわけではないみたい!

ε=( ̄。 ̄;Aッ…

 

 

普段の緩さは一切感じられなり真剣な表情で語っていることからも
相当深刻で、ヘルクが自らの意志では回避不可能な何かが
ヘルクの中に眠っているって事なんだろうし…

 

”勇者”っていう存在はいったい何なのか!?
勇者システムみたいなのがありそうな展開で4巻は終わりです。

helck4巻を読み終えて

人間ってろくなことしないな…(´Д`|||) ドヨーン

 

イカレてる羽根持ちの勇者もそうだけど
展開的に、大賢者のミカロスさんが
スラム街にいた頃の、幼いヘルクとクレスの2人を”勇者”にした可能性もありそうだし…
アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

 

今後のヘルクから明かされる真実によっては
ヘルクとヴァミリオ達が共闘して、ミカロスを倒し
最終的には、魔界と人間が共存の道を歩むっていう終わり方もありそう。

 

一応、過去に共存していた時代もあったって
ヴァミリオと同じく四天王の1人・アズドラが軽く語っていたし
展開的に、分かり合って終わりそうっていうか終わってほしい!

 

人間たちが完全にイカレテる状態で
予想以上に、ヘルクが歩んできた道もドロドロみたいだし
ハッピーエンドで終わってヘルクさんが報われてほしいなぁ…(ノ_-。)

helck4巻の感想でした!

o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top