はねバド!7巻感想!綾乃vsなぎさ戦決着!

はねバド!!7綾乃vsなぎさの決勝戦が白熱しているはねバド!7巻!

 

7巻では、2人の試合に決着が付き

バドミントンを楽しむことができなかった綾乃に変化が!

 

そして、試合後にはウザさ満点の

日常の綾乃が久しぶりに登場します…w

 

それでは、はねバド!7巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

はねバド!7巻の感想

もう一度バドミントン楽しみたいッ!

バドミントンを楽しむことどころか

自分の意志でバドミントンを続ける意味すら見いだせず

バドミントンを嫌いになっていた綾乃が決勝戦で戦っているのは

中学の頃に圧勝するほど実力の差があったなぎさ。

 

しかし、なぎさは綾乃に惨敗を喫した日から

多くの壁を乗り越えて成長し続けたことで

今となっては、綾乃を最終セットまで追い込むほどの実力者に成長を遂げています。

 

 

そんなバドミントンを楽しみ成長をし続けてきたなぎさと試合をしていくうちに

綾乃は、今のバドミントンを楽しもうとすらしていない自分から変わりたい…

『もう一度バドミントンを楽しみたい』と思うんです!

 

そして、これまではつまらなさそうに試合に臨み

試合中に浮かべるのは薄気味悪い笑みくらいだった綾乃が…

85pはねバド!7巻 85p

笑顔でバドミントンを楽しむ!

…ただバドミントンを楽しんでいるだけだけど

こんな綾乃をみたら泣いちゃいますよ…
(ρ_;)・・・・ぐすん

 

だって、再開以来ずっとバドミントンを楽しめずにいた綾乃が

試合の中で、純粋な笑顔で本当にバドミントンを楽しんでいるんですもんッ!

 

 

楽しもうと思えなかった理由も理由だし

小さい頃の綾乃をみれば、

綾乃が本当にバドミントンを好きなのかって事も伝わってくるから

ホントに綾乃が、バドミントンを楽しめるようになって良かったと思う。

 

なにより、楽しもうとすることで

これまでとは違って、上を目指して成長していくであろう綾乃の成長も楽しみですっ♪

炸裂!綾乃節ッ!

なぎさとの決勝も終わり、物語は団体戦へ。

 

なぎさの膝の問題もあって団体戦には出ないことになり

その代わりに綾乃の親友で

バドミントンは初心者のエレナが出場することになります。

 

 

そんな初心者のエレナに

トップレベルの実力を持つ綾乃が指導した際に

ラケットに対する考え方を教えるんだけど

その時の綾乃が、綾乃らしさ全開になっていて…

 

『ラケット自体の重さはだいたい90g弱しかないんだよ

つまりこれはコンビニに売っている中華まんと

ほぼ 同じ重さしかないという事を物語っているんだよ』

85p2はねバド!7巻 131p

『肉まんを食べる事で手が付かれる人間などいないでしょ?』

綾乃ちゃん…(*ノ∀`)

 

『ラケット=重い』っていう概念を捨てることを伝えたいんだろうけど

イマイチ伝わりにくい例えとしか言いようがないし

人を馬鹿にしたような表情がむかつく…

なにより、肉まん食べるジェスチャーで余計にイラつくw
(#^ω^)ビキビキ

 

いやぁ~最近真面目な展開が多くて忘れてたけど

懐かしいなぁこういう人をイラつかせてくれる綾乃の姿って(笑)

 

 

こういう緩い日常時の綾乃の方が好きだけど

久しぶりにこの姿を見ると、イラッとさせられるし

エレナの気持ちを考えると、なかなか笑えない…

まぁ笑ちゃったけど…(笑)

はねバド!7巻を読み終えて

綾乃vsなぎさの個人決勝戦に決着が付きました!

 

最終的には綾乃が負けたわけだけど

今回の試合で綾乃が得たものは大きいと思うし

なにより、綾乃がバドミントンを楽しめるようになったのはよかったと思う。

 

不気味な笑みを浮かべる綾乃も嫌いじゃなかったけど

やっぱり、普通に楽しんでバドミントンしている姿の方が

見ていて気分は良いですしねッ♪

 

 

それにしても、久しぶりに見た日常の綾乃はウザかったなぁ…

あんな表情で教えられたら即辞めしたくなるし

エレナの気持ちを考えると可哀想すぎて…
(ノ_-。)

 

個人戦が決着して、団体戦へと物語が進んだはねバド!7巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top