今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね1巻感想ネタバレ注意『タイトル並にトチ狂ってる』

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね1巻今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね1巻の感想です。

 

月が綺麗ですが、とりあえず死ね…

もうタイトルからしてトチ狂ってますが内容も負けず劣らずのトチ狂いぶりでした(笑)

 

感染した感情で主人公がトチ狂ってしまう物語、今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね1巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。


今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね1巻のあらすじと感想

中心は2人

物語の中心となるのは2人。

主人公となる神城卓(かみしろ たく)とヒロインとなる花園魅香(はなぞの みか)

10p引用:今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね1巻 10p

2人は幼馴染でお互いに相手を意識している関係。

 

卓は、魅香が学校中どころか町中に狙っている男性がいるほどモテモテの少女ということもあり卓は尻込みし告白できず。

モテモテの魅香は、幼いころからの関係という事もあってか卓に好意を抱いているも自分からは言い出せずにいるみたい。

 

幼馴染で両想いの関係だけど互いに想いを伝えられずにいるという、もどかしい関係の2人が物語の中心です。

 

感染する感情?沸いてくる殺意

明日こそは魅香に告白する!と覚悟を決めようとしていた卓が出くわしてしまったのが、男性と女性の揉めている現場。

一時は見過ごそうとも思ったんですが、ひょんなことがきっかけで卓は揉めている2人の仲裁に入ることを決めます。

 

そして、女性に迫っていた男性に辞めるように声をかけるのですが…

25p『うつるんです!あたなに私のっっ感情がっっ』

引用:今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね1巻 25p

卓は女性に迫っていた男性に押し倒されて気を失ってしまいます。

 

卓が目を覚ましたのは自室。

昨夜の記憶が飛んでいるものの、観ていた人などもいたので奇妙なことを言っていた男性とのやり取りは実際にあった出来事。

身体に外傷もほとんどなく、何事もなく揉め事を止められたのかと思ったのですが卓には大きな変化が起こっていました…

 

その変化とは…

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね1巻 36p『花園に対する病的なまでの殺意』

引用:今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね1巻 36p

想いを寄せている魅香への病的なまでの殺意

これが一時感情ではなく、睡眠や食欲など当たり前の生理現象のような感覚で襲ってくるんです。

 

この奇妙な変化と昨夜の男性が口走っていた『感情がうつるんです』という言葉…

まず間違いなく、狂っていた男性の『好きな人を殺したい』感情が卓に感染してしまったみたい。

 

魅香への殺意を抑えるのに必死で卓が徐々におかしくなっていってしまうんです。

魅香と会うたびに殺意に襲われるし、魅香を殺す幻覚にも幾度となく襲われる…

トチ狂った男性の仲裁に入った卓に、狂気ともいえる感情が感染してしまったことで、この物語は幕を開けます。

 

果たして、『感染』するという感情の正体は?

そして、卓はこの感情を抑え魅香を殺さずにいられるのか?

意中の相手への殺意を抱いてしまうというトチ狂った物語が幕を開けます!

 

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね1巻の総評

物語は主人公にトチ狂った感情が伝染してしまい、想いを寄せている魅香を殺したくなってしまうという物語。

 

殺意だけではなく、幻覚も度々見てしまうのですが、その幻覚内容がブットンでいて…

113p
引用:今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね1巻 113p

ガタガタ((((;;OдO;lll))))ガタガタ

魅香の内臓を引きずり出し車につないで町内を走り回るというトチ狂い過ぎている幻覚…

 

狂気の幻覚や殺意が延々とわいてくる恐怖に怯える卓が見どころ。

殺意や幻覚を見ても卓は魅香のことが好きということは変わりないですからね。

好きな人を本当に自分の手で殺しかねない。

そんな自分に怯え、自ら命を絶とうともする姿などね。

 

 

物語としては、この感情をどうやったら抑えられるのか?

まず間違いなくトチ狂った男性から感染したモノだし、『感染する』と知っていたあの男性と再開することが第一目標になりそう。

感染するという事を知っていた以上、卓よりは詳しいはずですからね。

 

謎が多すぎるし、解決策も見つからない…

いったいこの感染する感情から物語がどう動いていくのか?

謎すぎる展開だった、今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね1巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top