ぐらんぶる5巻感想!覚悟なく仲間になってはいけない!?

ぐらんぶる5巻感想

沖縄編に突入した、ぐらうんぶる5巻!

 

5巻は、ほぼ沖縄編で

旅行先で伊織×千紗の関係性が良い感じになったり

番外編では、絶対になりたくない『仲間』たちに笑わせてもらいました(笑)
(∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・

ぐらんぶる5巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ぐらんぶる5巻の感想

カップルさながらの伊織と千紗!

伊織たちダイビングサークルは

ライセンス講習も兼ねての沖縄旅行中で

遂にダイビングサークルらしくボートダイビングに挑戦することになるのですが

 

今回の旅行中に伊織たち新規メンバーも

ダイビングライセンスを取ることが前提で予定が組まれていたこともあって

ライセンスを取り損ねてしまった伊織

みんなと同じボートでダイビングポイントまでは行くんだけど

一緒に潜ることはできないことになってしまうんです。

 

 

ライセンス取得失敗に関しては伊織に落ち度があるので

自業自得と言えばそれまでなんだけど

理由はどうであれ、皆と一緒に潜れない伊織を気遣った千紗がボートに残り伊織と2人きりになり

なんだかんだで『また来よう』って話になった時の千紗がとにかく可愛過ぎて…!

guranburu5103ぐらんぶる5巻 103p

『…伊織の奢りなら』

(*゚∀゚)∴:∵;ヵ゙ハッ!!

 

この可愛さは反則でしょッ!?

ただでさえ、指さしながらニッコリでこの発言はヤバいのに

この発言をしているのが普段笑顔を見せない千紗ってのが

ヤバ差に拍車をかけていますよね!

 

なにより、この発言って伊織のことを心底拒絶していたあの千紗が

今では伊織と一緒にダイビングをしてもいいと思っているって事なわけで

2人の距離がすっごく近づいてきているってのが分かりますよね!
( ̄m ̄* )ムフッ♪

 

 

おまけに、この直後の2人の会話の

伊織『ま 宝くじでも当たったら連れてきてやるよ』
千紗『…ん 期待しないで待ってる』

 

 

これは恋人同士の会話としか言いようがないし

2人の後ろ姿はカップルさながら!

伊織と千紗の関係が予想以上に進んでいて

ニヤニヤせざるを得なかったよ!
( ̄ー ̄)ニヤリ

 

おかしな方向に成長し続ける伊織…

沖縄にきているダイビングサークルだけど

知っての通り、お酒が大好きなメンバーなわけで

もちろん、沖縄にきても飲みまくります。

 

そんな沖縄での飲みの席では

宮古島伝統のオトーリと呼ばれる飲み方をしようとするのですが

分け合って、サークルでオリジナルのオトーリをすることになるんです。

 

このオトーリというのは、みんなで同じ酒を飲むというのが恒例らしいんだけど

今回はオリジナルというで、どの酒をみんなで飲むかという議論になった際に

見せてくれなくていい成長を見せつけてきたのが伊織…

ぐらんぶる5巻 117pぐらんぶる5巻 117p

『酒の好みというものは 人によって大きく異なる

ジャンル・銘柄・炭酸の有無に飲み方 etc.・・・

全員の好みが一致する公平な酒を選ぶのは確かに難しい』

( ̄へ ̄|||)

 

ダイビングサークルに入ったはずなのに

残念なことに伊織は、酒について詳しくなるという

明らかに間違った成長をしているんです…

 

 

もうここまでくると、いったい何のサークルなのかも疑問なレベルになってくるし

何より言いたいのが、伊織が持っているスクリュードライバー入りのグラス…

バーに行った時の勘違いがそのままになっているんだろうけど

もう…ただただ残念としか言いようがないよ…
~~(/>_<)o イタタタ…

 

だって、この酒への情熱をもう少しだけでもダイビングに向けていられれば

ライセンスを取り損ねるなんてことはなかっただろうし

自分がダイビングサークルに所属しているってことをしっかりと認識してほしいなぁ…

流石に主人公がライセンス取り損ねるってのは別次元過ぎる(笑)

 

軽い気持ちで『仲間』になっちゃいけないよ。

話変わって番外編。

 

伊織たちの学校は男女比率が異常に低く

伊織と千沙の噂が立った際には、

嫉妬した同期達にとんでもない目に合わされたわけですが

 

今回は、どうやら友人がヤッている最中だということを

伊織たちが偶然知ることになるんだけど

その際の伊織たちが残念すぎて…

ぐらんぶる5巻 169pぐらんぶる5巻 169p

伊織『焼き討ちに行くぞ いいか!絶対に奴に本懐を遂げさせるな!』

耕平『仲間の幸せを見過ごすものかよ!!』

 

めっちゃ意気込んでやる気に満ちているけど

こいつらがこれからやろうとしている事って

たんに仲間の幸せをぶっ壊そうとしているだけだからねw

 

耕平の『仲間の幸せを見過ごすものかよ』ってセリフもツボだけど

上着をバサッとやりながら『焼き討ちに行くぞ』って意気込んでる伊織がマジでヤバいw
o(__)ノ彡_☆バンバン!!

 

 

見てる分には面白いけど

間違っても、こいつらの『仲間』になりたくないし

出来れば近づきたくもないと本気で思った番外編でした(笑)

ぐらんぶる5巻を読み終えて

5巻は、ほぼ沖縄旅行編!

 

結局、伊織はライセンスを取得できずに終わってしまったけど

千紗との距離が確実に近づいていることが分かったし

なにより、2人の関係がどんどんいい方向に進んでいるなって思えたし

ここまで距離が近づくと、伊織と千紗が今後どう進展していくかが楽しみ♪
(“▽”*) ♪

 

 

そして、5巻で一番楽しかったのが伊織たちの残念すぎる『仲間』達(笑)

清々しいほどにクズ過ぎるし、『仲間の幸せを見過ごすものかよ』とか

『仲間』のはずなのにやっていることは『仲間』に対してやることではないw

 

本格的に潰しにかかってる際には

『俺の不幸で奴の幸福を潰せるのなら』っていう名言も飛び出たし

本気で伊織の仲間たちがゲスくて、めちゃくちゃ笑わせてもらいましたw
(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪

 

 

千紗との恋愛展開も面白かったし

ゲスすぎるメンバーも最高に面白かった、ぐらうんぶる5巻の感想でした!
マタネッ(* ̄ー ̄)ノ彡☆゚・。・゚★・。・。☆・゚・

ぐらんぶる6巻の感想はこちらです。
ぐらんぶる6巻 感想『これが本当の友情だよ!』ネタバレ注意

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“ぐらんぶる5巻感想!覚悟なく仲間になってはいけない!?” への2件のフィードバック

  1. folks より:

    自分と同じような感想を持ってる方がいてとてもうれしいです。
    期待しないで待ってるっていうセリフはとてもいいと思いました!!
    いつも牛歩のごとくとはいえ進んでる千沙と伊織の関係はとてもニヤニヤできるので大好きです。
    長文失礼しました

    • りょう より:

      folksさん
      コメントありがとうございます。

      『期待しないで待ってる』のところホントに良いですよね♪
      お互いにある程度は信頼し合えるところまで来たというか、友達以上の距離になっているのがハッキリしたというか!

      最初の頃の2人を思い返すと、ニヤニヤせずには読めないシーンでした(。-∀-) ニヒ

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top