銀の匙13巻の感想と考察!八軒の成長と物語クライマックス突入!

銀の匙13巻

銀の匙の最新13巻が発売されましたO(≧▽≦)O ワーイ♪

 

入学当初は、将来の夢を持っていなかった八軒だったけど

ついに自分のやりたいことを見つけて起業し

夢に向かってまっしぐら&御影との青春まっさかり( ̄m ̄* )ムフッ♪

 

成長も目に見えるようになった八軒たちの高校生活も残すところわずかで

物語も遂にクライマックス突入って感じ!!!

 

熱い展開になってきた、銀の匙13巻の感想です(*^-^)ニコ

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

銀の匙13巻のあらすじ※ネタバレ注意

八軒たち3年生の最後の馬術部の大会が終わった後に

八軒と御影が二人きりになるんだけど

その時の2人がこちら…

銀の匙13巻 八軒と御影

(o ̄ー ̄o) ムフフ

徐々に距離を詰めてきたわけだけど

八軒の『今日”も”』って発言がいいですよね!

ホントに最近の2人のやり取りには、ニヤつくしかないです( ̄▽ ̄) ニヤ

 

八軒は大学受かったら正式に申し込むって宣言してるし

入学当初から少しずつ成長してきた八軒の今後も楽しみで

今後の2人の展開も楽しみですね(^^♪

 

 

 

御影との関係も徐々に進展している八軒なわけで

成長を感じられることも多くなってきたんだけど

 

13巻で八軒たちの成長を、一番強く印象付けられたのが

八軒たちが商売の一環として

ピザの試食品を作った時の出来事なんだけど…

銀の匙13巻 八軒たちの成長

これまでは、美味いものを食べた後は

とびっきりのリアクションで、はしゃいで楽しそうにしてたけど

成長した八軒たちはシビアに審査(;’∀’)

 

もちろん、これまでとは違って明確な審査っていう目的があったってこともあるんだろうけど

昔の八軒たちなら、間違いなくバカ騒ぎしてたからね…

 

よく言えば目的を見失わないように成長したってことだけど

初めてピザを作った時の、はしゃぎようを覚えている身としては

ちょっとだけど、寂しい感じがしちゃった。

 

 

 

そして、13巻では北海道を離れ

東京でバイトをして稼いでいた駒場からの電話がかかってくるんですが

その内容が、今後の物語で重要になりそうなんですよ!!!

銀の匙13巻 駒場からの頼み

 

駒場が通帳を見ていた後の電話ってこともあって

八軒の事業に駒場が投資してくれるって可能性が高そうですが

とにかく、この駒場の頼み事が今後の物語で重要になるのは間違いなさそうッ(゚▽゚*)

 

駒場は農場の問題以降どうなっちゃうのかと思ってたけど

立ち直れたみたいだし

物語にガッツリ絡んでくる事まちがいなさそうだし

ここからの展開が楽しみになってきた銀の匙13巻でした!!!

 

銀の匙13巻の感想

八軒が農業高校に入って早3年目の受験シーズン。

もう、本当にあと少しで高校としての3年を終える卒業間近で

八軒たちの成長が目に見えて、本当に成長したなぁって感じた巻でした(*^^*)

 

農高生活もあと少しで

物語もクライマックスに突入した印象だし

駒場からの電話の内容が気になりすぎる展開ですよね((o(> <)o))

 

成長した八軒たちの今後が気になりすぎる

銀の匙13巻の感想でした(* ̄ー ̄*)/~~☆’.・.・:★’.・.・:☆’.・.・:★”

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top