ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6 感想・ネタバレ注意『3頭のドラゴンを要するターガリエン家が本土へ!?』

%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%aa%e3%83%96%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%80%806%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%b3

どうもぉ~りょうです♪

Huluにてゲーム・オブ・スローンズのシーズン6が配信されたのでさっそく見てしまいました!

 

シーズン6では、ついに3頭のドラゴンを率いるターガリエン家がウェスタロスに進軍を開始!

物語が本格的に名家の潰しあいに発展しそうな展開です!

----------sponsored link----------

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6 感想

北部の戦いに決着!ジョンvsラムジー

%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%aa%e3%83%96%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%80%80%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3
引用:http://variety.co.jp/archives/3408

北部で起きていたスターク家とボルトン家の戦いに決着が付きました。

 

最終的には、魔女の力によって復活したジョン・スノウが野人とスターク家の旗手たちを率いてラムジーとの対決。

ジョンの軍勢はラムジーの策略に嵌り窮地に陥るも、サンサがピーターに救援を求め谷間の軍がジョンの援軍として現れたことで形勢が逆転し、ジョンが勝利。

スターク家を苦しめた残虐非道なラムジーをジョンが破ったことで北部の争いに幕が下りました。

 

そして、この戦いの結果を知り集まった北部の旗手たちがジョン・スノウを『北の王』と認めたことで、スターク家が再び北部を統治することになり、北部に平和が訪れたと。

 

 

しかし、6章にてブランが過去を見た際にジョンの出生が明らかになり、ジョンはネッドの子供ではないことが明らかに…

この事をブランが黙っているのか?

それとも、ジョンに出生の秘密を打ち明けるのか?

 

ブランは落とし子だろうと兄に違いないって感じでジョンを好いているようだったので、貶めることはしないだろうけど、ジョン本人に出生の秘密を明かす可能性は高そうです。

ジョン自身もネッドが生きていた頃に、自分の出生のを知りたがっていましたから。

ただ、ジョンが自分の出生を知った時、『北の王』としての地位を続けられるのかってのが心配です。

 

 

ジョンは責任感強いし、人を騙すような形でまで『北の王』を続けられるほど器用な人間でもない印象を受けていますから。

北の王が再び消えると、また北部は微妙な感じになっちゃいそうなので、ジョンが北の王であり続けてほしいけど、出生の秘密を知った時にジョンが北の王を続けるかは微妙な感じ。

 

果たして、ブランの口から出生の秘密が明かされた時ジョンがどう動くのか?

ジョンの決断が楽しみな展開です♪

 

七王国に女王が誕生!?

%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%aa%e3%83%96%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%80%80%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%82%a4引用:www.looper.com

七王国の首都は七神正教を信仰するハイ・スパロウ達の暴走によりおかしな事態になっていました。

七神正教が力を持ち過ぎて王の母であるサーセイや王妃マージェリーが囚われたりしましたが、6章では王が七神と協力関係を築いてしまうなど、これまで以上に七神正教が力を持つ事態に発展。

 

名家による七王国の覇権争いだったのに、王国が正教団体に支配された状況に…

この正教が覇権を握りかけているという戸惑いを隠せない状況に幕を下ろしたのが、怒り狂ったサーセイ。

 

 

サーセイはハイ・スパロウ達が審判の日として教会に集まったところを狙い、正教関係者・信者たちを爆殺。

正教関係者や信者たちを文字通り皆殺しにして、首都から七神正教を殲滅しました。
( ▽|||)サー

 

このサーセイの容赦ない行動にも衝撃を受けたのですが、1番衝撃的だったのは七王国の鉄の王座にサーセイ自らが座った事…

一連の事件で王・トメンがショックで自殺してしまったことでサーセイが七王国の王様…女王様になってしまったわけです。

 

 

七王国の覇権をサーセイが握ったわけで、物語は一気に加速しそうな流れ!

他の地で動き出した面々とも因縁があるサーセイが王座に就いたわけで、王都から各地に出兵が起こりそうな予感です。

 

そして、最も注目したい勢力が七王国の地に向けて動き出しました!

動き出すドラゴン

ge-mu
www.looper.com

三匹のドラゴンを従えているターガリエン。

軍勢を率いて海を渡る手段を持たなかった彼女が、グレイジョイ家と同盟を結んだことで大量の船をゲット。

 

ターガリエンとシオン&ヤーラ姉弟が手を結んだことで、ついに最強勢力が七王国に進軍してくるわけです!

王都は女王サーセイを中心に、ラニスター家が手にしているけど、ラニスターだけではターガリエンを倒すのは不可能なはず。

 

おまけに、サーセイの強行にジェイミーは疑問を持ち始めているので、なおさら止めることは出来そうにない…

あっさりと王都と鉄の王座はターガリエン家に奪われてしまいそうです。

なんといっても、ドラゴンがめちゃくちゃ大きくなって人間がどうこうできるレベルに成長していますからね…

それも3匹ともに…
(;^_^A アセアセ・・・

 

 

果たして、強力過ぎる3匹のドラゴンを率いるターガリエンが七王国に戻ってきたとき、覇権争いはどう動いていくのか?

最強すぎる戦力が上陸する日が楽しみ過ぎます!

シーズン6を観終えてシーズン7展開予想

6シーズン目にして、勢力が固まってきました。

 

北部勢力・スターク家。

王都勢力・ラニスター家。

新勢力・ターガリエン家&グレイジョイ家。

7章では、この3大勢力の覇権争いになっていくわけですね。

 

 

それぞれの現状を考えるとターガリエン&グレイジョイ家とスターク家勢力が共闘するってのは有りそう。

スターク家からすれば、領土は北部だけで十分のはずだし、ラニスター家に討たれたロブの敵討ちを1番に考えるとターガリエン&グレイジョイ家と共闘はメリットだらけ。

 

なんと言ってもドラゴンを3匹も抱えている最強勢力であること。

さらに、北の壁の向こうにいるホワイト・ウォーカーに炎は有効なこともあって、ジョンは是が非でもドラゴンの力を借りたいはず!

こう考えるとスターク家は、ターガリエン家と共闘の条件として、ドラゴン1頭かホワイトウォーカー襲来時にドラゴンの力を貸すっていう条件での共闘を申し出る可能性が高そうです。

 

 

でも、もし本当にこうなってくるとラニスター家がボコボコ状態に…

ただでさえ、王座に就いたサーセイに対しジェイミーは不満を持っているようでしたからね。

 

圧倒的過ぎる勢力が王都を狙ってくる状態で、仲間内でも揉めまくり…

とりあえず、7章でサーセイが殺されるのはほぼ確定していると予想します。

 

 

さいごに

いやぁ~6章もめちゃくちゃ面白かったです。

ジョンvsラムジーは、本当にもうダメかと思ったけど、最後の最後にピーターの救援でジョン勝利!

まさか、ピーターが助けに来てくれるなんて思ってなかったし、残虐非道なラムジーが死んでくれてよかった。

本当にえげつない奴でしたから、愛犬に食われるという死に方も納得。

 

 

そして、ついに七王国の本土・ウェスタロスに3匹のドラゴンを率いるターガリエン家が!

ドラゴンが大暴れしてくれる姿が見れると思うと、戦闘シーンも楽しみ過ぎますよ。

だって、ドラゴンめちゃくちゃ大きくなって火もめっちゃ吐けますからね!?

 

あんなのを弓矢と固定砲台でどう倒せって言うんだ…!?

ドラゴンと戦わなければならない兵士たちの顔が絶望に歪むのが楽しみ過ぎるッ!

 

 

 

7章でどう物語が進むにしても、七王国がターガリエン家を中心に結束して、最後はホワイト・ウォーカーと決着を付ける終わり方であってほしいかな。

7章のラスト辺りでは、ホワイト・ウォーカーが北部に進行してきてもおかしくないと思うし、8~9章で物語完結しそう。

 

果たして、どんなラストを迎えるのか?

そして、中心となっているスターク家が最後に何人生き残れるのか?

ジョン、サンサ、アリア、ブラン…

残っているのは落とし子のジョンを含めて4人だけど、全員は生き残れそうに無さそうな気がするけど、もう誰にも死んでほしくない…

 

物語が大きく動き出しそうな終わりだったゲーム・オブ・スローンズ シーズン6の感想でした!
(* ̄ー ̄*)/~~☆’.・.・:★’.・.・:☆’.・.・:★”

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top