フェイトGOプレイ感想日記6!第4特異点ロンドンで遂に黒幕が登場!

フェイトGO 第4特異点28日よりフェイトGOに第4特異点ロンドンが開放されました!
\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/ヤッター!!

 

楽しみにしていたってこともあって

大量にリンゴ食べながら初日にクリアしたので

今回は、ロンドンの感想です♪

----------sponsored link----------

フェイトGO 第4特異点をクリアしてみて。

ゲーム的な難易度について。

まず、死界魔霧都市ロンドンは13話までの物語で

全体的な難易度は、さほど高くない印象でした。

 

雑魚の敵勢サーヴァントは、

ランサー・キャスター・アサシンが多いので

無難にセイバークラスを中心にしたパーティーで問題はないと思います。

 

ラストの13話では、

敵1騎との戦いが連戦で続くのですが

敵は1体のみなので、有利なクラスを連れて行けば問題ないですね。

 

 

ちなみに、ロンドンのボスを倒したパーティーはこちら。

ボスクリア

ラスボスは、アン&メアリーの宝具で吹き飛ばしました(笑)

 

ラスボスの難易度ですが

今回は1体のみなので、オケアノスよりも簡単な印象。

第3特異点をクリアしたマスター達にとっては余裕かと。

 

 

第4特異点は、道中も消化試合が多かったので

もう少し難易度を挙げるなり、敵を工夫してくれないと物足りない感じ。

まぁストーリー重視のゲームなので、あれですけど。

 

ちなみにですが、第4特異点クリア後にストーリーガチャに

SSRサーヴァント3騎(玉藻の前/リッパー/新規アーチャー)

SRサーヴァント1騎(新規ランサー)

が追加されるので、クリア後にガチャを回した方が出るサーヴァントの種類は多いです。

サーヴァントが出やすくなるわけではないみたいですけどね。

 

第4特異点ロンドンのストーリーの感想

第4特異点は、ロンドンで繰り広げられる物語。

 

サブタイトルにロンディニウムの騎士という事もあって、

アーサー王伝説に幕を下ろした反逆の騎士・モードレッドが登場!

敵対ではなく、仲間として協力してもらいました♪

 

 

そして、この第4特異点では

7つの特異点を作り出した物語の黒幕・ソロモン王が登場

魔神なりで前々から名前が挙がっていたソロモンが黒幕でした。

 

ソロモンは自分で自分を召喚したらしく

マスターの居ないサーヴァントという存在で

自らの事をグランドキャスターと名乗っています。

 

『グランド』とは、なんなのか?

この答をソロモン王は語るわけです。

フェイトGO kuromaku

本来の英霊召喚で呼ばれるのは

人類を救うために、人理を護る為に選ばれた

その時代最高峰の英霊7騎…

グランドを冠する頂点の7騎が召喚されるのが英霊召喚

 

そして、この英霊召喚を人間が扱いやすい用に

劣化させたのが聖杯戦争であると…

 

つまり、グランドを冠するソロモン達と

その他のサーヴァントでは、

圧倒的な格の違いがあるという事が明かされたわけで

カルデアは強大過ぎる敵を倒さなければならないという事が明らかに!

 

黒幕が登場し、その圧倒的な実力を惜しみなく披露…

物語が中盤に差し掛かってきた感じがしますね♪(笑)

 

物語の今後はグランドを召喚する?

グランドキャスター・ソロモンが黒幕だったわけですが

こうなってくると疑問なのが、英霊の中で頂点の7騎…

グランドを冠するソロモン以外の6騎は何をしているのかって事。

 

そもそも、召喚されていないっていうのもあり得るけど、

それだと、英霊召喚を『人理を護るため』と認識していた時代の魔術師は

何をしていたんだろうって疑問もでてくる…

 

仮に召喚できなかったのであれば

カルデアは『グランド』を冠する英霊を召喚する方法を探したほうが手っ取り早い気もするし

物語的にも、多くの聖杯を回収していることから

聖杯を霊基に?使ってグランドクラスのサーヴァントを召喚っていう展開なのかな…?

 

正直サーヴァントの召喚システム自体あんまり詳しく知らないので、

ソロモン王やアンデルセンの説明を聞いても、よくわからなかったけど

グランド呼ばないと勝てそうになってのはわかった…
(; ̄ー ̄川 アセアセ

 

 

とりあえず今回登場したソロモン王は

本来戦闘向きではないキャスタークラスの『グランド』。

 

それですらアルトリアの宝具・エクスカリバーを遥かに超える出力の宝具を持っていたので

3騎士クラスのグランドがいれば、魔神なんて何体いても相手にならないだろうし

その気になれば1瞬で72体滅ぼせそうな気がしてしまうんですよ。

 

 

もちろん、魔神抜きにしてもソロモン王は強いだろうけど

キャスターのグランドクラスは、頂点の魔術師であって頂点の戦士ではないですから。

頂点の戦士…3騎士のグランドの方が戦闘においては格上になるはず。

 

なにより、ソロモンの言い分を聞くと

普通のサーヴァントじゃ勝てそうにないので

グランドを冠するサーヴァントを召喚するって展開で

頂点の英霊たちと共に戦える日が来そうです♪

 

とんでもないグランド達も登場してくるだろうし

次回の第5特異点・北欧北米神話大戦も楽しみに待ちたいと思います!
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

フェイトGOプレイ日記6でした~!
o( ̄∇ ̄o)グッ!!(∇ ̄ )クル(  )クル(  ̄∇)クル(o ̄∇ ̄)ノバーイ

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“フェイトGOプレイ感想日記6!第4特異点ロンドンで遂に黒幕が登場!” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    とりあえず、北欧じゃなくて北米ですよ

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top