フェイト/ステイナイト ヘブンズフィール3巻感想『始まりの御三家と士郎の覚悟!』ネタバレ注意

どうもぉ~りょうです♪
(*”ー”*)♪

 

今回はフェイト/ステイナイトの桜ルートのコミカライズであるヘブンズフィール3巻の感想。

fatestay-night-heavens-feel-3%e6%84%9f

表紙は桜・セイバーからの凛。

各ルートのヒロインが順番に表紙を飾ったので、4巻の表紙が楽しみですね♪

 

誰かなぁ~?

個人的にはライダーことメデューサさんが良いな!

普通に第5次最高のサーヴァントだと思うし(笑)
( ̄∇ ̄*)

 

それでは、フェイト/ステイナイト ヘブンズフィール3巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

フェイト/ステイナイト ヘブンズフィール3巻の感想

聖杯戦争始まりの御三家!

冬木の地で何度も行われている聖杯戦争。

 

7人の魔術師がマスターとなり、召喚したサーヴァントと共闘し

最終的に残った1組が聖杯を手にできるという

魔術師による聖杯を巡る殺し合いなわけですが

この聖杯戦争の始まりの御三家について、綺礼の口から詳細が。

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%883%e5%b7%bb%e3%80%80123%ef%bd%90Fate/stay night Heaven’s Feel3巻 123p

御三家と呼ばれているのは、

聖杯を作り上げたアインツベルン。

英霊を酷使する令呪を考案したマキリ(間桐)。

そして、相応しい霊脈を持つ土地を提供した遠坂家。

 

 

つまり、『聖杯、英霊、土地』。

完全な聖杯を作り上げる為に欠かせないモノを提供し合った3家が御三家と呼ばれているらしい。

 

 

各家系が『聖杯』を自らのモノにできると考えているからこそ提供しているんだろうけど

結果は、どの家系も完璧な聖杯を手にした事は一度もなく

アインツベルンに関しては、1000年以上も前から『聖杯』を追い求めているらしい…

 

アインツベルンが何を目的として聖杯がほしいのかは謎だけど

間違いなく、御三家の中で最も聖杯を欲しているのはアインツベルン。

なんといっても、1000年も追い求めるわけですからね…

 

何が目的なのかって事よりも、1000年も一族ぐるみで聖杯を求められる執着心が

アインツベルンの本当に怖いところだとは感じました。
(゚Д゚;)

 

 

そして、意外に偉かったのが遠坂家。

あんまり御三家感が無いというか、他の2家に比べると印象が薄く

突出したなにかもなくて、普通の魔術師って印象が強かったけど

冬木の霊脈を管理してたりと、かなり偉い立場の家系だったみたい。

 

思い返してみればZEROに出てた凛のお父さんって

めちゃくちゃ高貴で偉そうな雰囲気かもし出してたもんなぁ…(笑)

凜は優秀な魔術師ってだけじゃなくて、家系としても本当に優秀だったんだなと、しみじみ思った。

 

自分の信じる道を行く!

綺礼と話し士郎は、父・切嗣やアインツベルンとの因縁を知ることになります。

 

前回の聖杯戦争に父・切嗣がアインツベルンの代理として参加していたこと。

そして、聖杯にあと一歩のところで自らの意思で聖杯を破壊したこと。

 

 

切嗣は聖杯が不要なモノだと思ったから破壊したわけで

そのことを士郎も理解はしているけど

それでも前回の聖杯戦争が招いた冬木の大火災を起こさせない為。

 

なにより、危険な思想を持つマスターに聖杯を取らせないために

魔術師たちの命懸けの聖杯戦争に自らの意思で参加することを決めます!

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%883%e5%b7%bb%e3%80%80135%ef%bd%90Fate/stay night heaven’s Feel3巻 135p

『随分遅れちまったけど セイバー これ一緒に戦ってくれるか 俺にはセイバーの助けが必要だ』

『私の誓いは変わりません それに助けが必要なのはお互いさまです 聖杯を手に入れる為に私は貴方の力を借りる』

 

 

マスターとサーヴァントとしての契約自体は元からあったけど

これから命懸けの戦いに身を投じることになる2人が

精神的な信頼関係をが築くわけで、士郎の覚悟が伝わってくるシーン。

 

聖杯戦争に臨むことを決めた士郎とセイバー。

これから、2人の戦いが始まっていくわけです。

フェイト/ステイナイト ヘブンズフィール3巻を読み終えて

3巻にして、ついに士郎が自らの意思で聖杯戦争に参加する覚悟を決めました。

 

これまでは、流れで参加状態ってだけで

聖杯を求めて戦いに臨んでいるわけではなかったので

士郎にとっては、ここからが聖杯戦争っていう感じです。

 

これからサーヴァント同士の激しい戦いが本格的に始まると同時に

ルート別のストーリーが展開されていくので

ここからがヘブンズフィールの本番って感じなので楽しみです♪
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

 

 

3巻ラストでは慎二登場してるし

早速セイバーvsライダーのサーヴァント対決が始まりそうです。

まぁルート違っても慎二のチョロそうな感じはそのままなので

サクッと慎二が負けちゃいそうな予感しかしないですけどね…www

 

 

聖杯戦争が本格的に幕を開けたFate/Stay Night Heaven’s Feel3巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top