Fate/GO2部の初ストーリー感想『推理バトル&ダブルオルタが魅力!』

証明完了Fate/GOの2部となる亜種特異をクリアしたので感想を。

 

今回の物語はシャーロック・ホームズも登場する頭脳戦が魅力!

さらに、セイバー・オルタにジャンヌ・オルタなど人気のオルタも登場してくれてめちゃくちゃ楽しめる物語が展開されました!!

 

ただ、ゲームパートは迷走を極めていて、苦痛の一言でした…

ストーリーだけ読ませてほしいと本気で思っちゃうほどでしたからね…
(´-ω-`;)
それでは、Fate/GO 亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。


Fate/GO 亜種特異点Iの感想

推理バトル!

悪性特異点での物語は、シャーロック・ホームズとジェームズ・モリアーティという人気小説に登場するサーヴァントが主役でした。

 

推理小説として誰もが一度は耳にした事のある2人という事もあって、物語はめっちゃ高度な知能戦が魅力!

 

ラスボス・モリアーティの倒し方も、最後は推理生悦でありがちな『犯人はお前だッ!!』っていう流れ。

FateGO2部引用:Fate/GO

犯人と指さされた瞬間に大幅に弱体化するモリアーティ。

Fateのサーヴァントは元になっている物語に多大な影響を受けるから、モリアーティにとっては致命傷ってことみたい。

 

 

とりあえず、シャーロック・ホームズが出てきただけあって非常に面白い頭脳戦が展開されていて楽しめた♪

物語としては、さすがの一言で文句のつけようのない面白さだったと思う。

 

ダブル・オルタちゃん!!

ホームズとモリアーティの頭脳戦も魅力だったけど、亜種特異Iで魅力だったのが、仲間として協力してくれたダブルオルタ!!

4556引用:Fate/GO

セイバー・オルタとジャンヌ・オルタ!

服装も新宿風になったり見ため的にも最高だし、なんといっても2人の掛け合いが最高だった。
(´ω`*)

 

この2人のやり取りを観れるだけで、今回の物語はやる価値があると言って過言ではないほどに大満足♪

改めてオルタちゃんの魅力はハンパないと再認識させられた!
( ̄m ̄* )ムフッ♪

 

 

次回の特異点にも出てきてくれないかなぁ…

流石に今回の特異点で3体もオルタでちゃったし、無理かな…?

 

ゲーム性

これに関しては前々から言っているけど、ハッキリ言って糞。

 

これまでも無駄に長く、せっかくのストーリーに水を差していると思っていたけど、今回はさらに長い…

平然と15ターン近くかかるクエストが何度もあったし、苦痛を感じざるを得なかった。
(´Д`|||)

 

先にクエストクリアして『マテリアル』で一気読みっていう手もあるけど、戦っている相手が見えちゃうからストーリーの楽しさ半減するし…

ちょっと、本格的にゲーム性はどうにか改善してほしい。

 

 

そもそも現状では、SSRサーヴァントを複数騎持っていれば確実にクリア可能なゲーム性でしかないのに、敵の体力上げて時間稼がれても困る。

ただのポチゲーでツマラナイし、オートバトルみたいなの実装してほしい。

 

今回のは冗談抜きで苦痛だった。

 

Fate/GOをクリアし終えて

ストーリーは安定の面白さ。

ホームズvsモリアーティの頭脳戦も最高に熱かったし、オルタちゃん達の掛け合いも最高だった!
(o ̄ー ̄o)

 

 

ただ、最高のストーリーを台無しにしているのがゲーム性。

『ブレイク』とか意味不明な体力システム実装されても寒いだけ。

 

なーんにも面白くないし、どうせなら敵の体力をALL1にしてくれた方が嬉しい。

現状のシステムではゲームパートなんてストーリーを読むための消化パートでしかないのに、無駄に時間かかることされても困る。

本当にストーリーは面白いから、余計に腹立ってる!
きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ”彡☆

 

 

冗談抜きで改善してくれよ…

 

せっかくの楽しいストーリーがゲームパート楽しさ半減させられていると本気で感じたFate/GO 亜種特異の感想でした!
(ToT)

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top