デストロイアンドレボリューション8巻感想『ユウキがマコトの想いに気づくとき!?』ネタバレ注意

デストロイアンド8巻どうもぉ~りょうです♪
(“▽”*)

 

高校生でありながらテロを始めたマコトとユウキ。

一線を越えてしまったところで、マコトはテロを辞めるも、片割れのユウキは今となっては世界を恐怖に貶めるテロ集団のリーダーに。

おまけに、ユウキの純粋過ぎるテロ理由に世界中には感化される人が出始めていて…

 

それでは、デストロイ アンド レボリューション8巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

デストロイアンドレボリューション8巻の感想

デストロイアンドレボリューション8巻あらすじ

世界各国でテロ行為を行っているユウキたち『問う者』。

 

圧倒的な超能力・ワンネスを使い正規軍すらも打ち負かす。

危険すぎる彼らは世界の脅威であり、世界の人々の恐怖の対象になるはずだったが

ユウキがテロを行っている純粋すぎる理由を知り、世界ではユウキに感化され支持する者まであらわれてしまう。

 

 

『問う者』が世界から注目される中、ユウキの元にマコトが訪れる。

当初の目的『自分の声を無視させない』という目的を果たしたのだからテロを辞めるように促すのだが、ユウキは『これから革命が始まる』とテロを続けると、マコトの想いはユウキには届かない…

 

そんな2人の対談に立ち会っていた『使徒』たちは、ユウキ以上にワンネスを操るマコトを危険視した使徒たちは、独自の判断でマコトを殺す計画に動き出してしまうのだった…

 

ワンネスで繋がっているからこそ

止めに来たマコトに対し、ユウキは自分の思想を展開し、自分テロ行為の正当性を語るわけです。

自分のテロ行為が如何に正しくて、止めに来ているマコトこそ、状況を理解できていないと。

 

去り際には、マコトに理解を求める気はないが、邪魔はしないでくれと言い残しワンネスで去っていくわけです…

 

 

確かにユウキの言っていることは正しく聞こえるんだけど、マコトの気持ちを考えるとね…

デストロイアンドレボリューション8巻 62pデストロイアンドレボリューション8巻 65p

『僕の友達は消えてしまった』

 

これまでは、ワンネスで繋がればユウキから友情や信頼って感情を確かに感じられていた。

だからこそ、どんなに過激になっても友達であり、目的を果たせば辞めてくれる…

いつかは、元のユウキに戻ってくれるって信じていたんだろうけど

嘘偽りが一切通じない、ワンネスを通じユウキが変わってしまったことを知った…

 

 

マコトからすれば『問う者』としてのテロ行為も、ユウキとの友情って部分が大きかったし

今なおユウキを止めたいって想いは、物事の良し悪しよりも友達として止めたいってのが大きかったと思うんだよね。

だけど、ユウキは既にマコトを『友達』とは思ってないことを知ってしまったわけで…

 

ユウキにワンネスを渡したこともそうだし、そもそももっと早くにユウキを止めるべきだったとか。

物語が進めば進むほどに、マコトの後悔ってのが大きくなっていくばかり…

マコトのユウキへの想いが報われる時が来てくれるといいけれど。

 

ユウキがマコトの想いに気がつけるか?

宇宙に浮かぶISSで大半の時間を過ごしていたユウキを殺すために、ISSごと吹き飛ばす作戦が実行されます。

 

その際に、偶然居合わせたマコトがユウキをワンネスの力で救うことになるわけで…

デストロ205pデストロイアンドレボリューション8巻 205p

ユウキが遂にマコトの想いを理解したのかって展開!

自分の思想に憑りつかれて、大槻のように半ば暴走していたユウキが我に変えれる時が来たのか!?

 

さすが、ここまでされればマコトが止めに来てくれている理由が物事の良し悪しじゃなくて

もっと単純な友情とか…友達として止めに来てくれているって気が付けるはずだし、なによりワンネスで気持ちは全部伝わるはずだからね。

 

 

暴走に次ぐ暴走で、もはや歯止めが効かないし

とち狂っている自分の行為を正当だと信じ切っていたユウキが目を覚ます時が来たと信じたい!

というか、マコトの想いを汲んであげてほしい展開だ…

デストロイアンドレボリューション8巻を読み終えて

暴走に次ぐ暴走を繰り返すユウキ。

正しく聞こえる理由があるからこそ、世界でも感化される人が多く出てきているわけだけど、やっていることは良い事ではないからね。

どんなに大義名分っぽい言葉を並べても、結局は力任せに、いまの社会を壊そうとしているだけだもの。

 

8巻のラストでは、マコトがユウキを助けたわけだけど、これが今後にどんな影響を与えるのか?

少なくとも、ユウキはマコトをこれまでのように蔑ろにできないだろうし、いい加減マコトの想いを汲んでくれるのかな?

ユウキは賢い子だし、ワンネスの力もあってマコトの真意ってのは気が付いているはずなんだけどね。

 

 

マコトとユウキ。

2人で始めたテロ活動の最後には何が待ち受けているのか?

もはや後戻り不可能な2人が最後に出す答えが気になるデストロイアンドレボリューション8巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top