堕天作戦1巻感想!心が潰れた主人公!?

堕天作戦 1堕天作戦は人間と魔人が争っている世界で繰り広げられる物語でダークファンタジー作品。

 

ダークファンタジーということで、全体的に暗めというか

謎が在ったり、エグイ出来事が行われていたりするんだけど

とにかく熱いんで、読んだことない人はぜひ読んでみてください!

 

それでは、堕天作戦1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

堕天作戦1巻の感想

心が折れた不死者・アンダー

人間と魔人の争いが続いている世界で繰り広げられる物語の主人公はアンダー。

 

主人公アンダーは不死者と呼ばれる死なない人間で

体が損傷すれば再生が始まるという無敵にも近い力を持っているのだけど

 

アンダーが不死身の力を持つことをいいことに

人間たちに、爆弾を背負わされて自爆させられるという

アンダーを人間とは考えず、壊れない兵器かのように使い続けられた挙句

今は、敵である魔人に捕らわれてしまいます。

 

 

そんなヒドイ扱いを受け続けた挙句に敵に捕らわれた不死者アンダーは…

堕天作戦1巻 15p堕天作戦1巻 15p

今となっては生気が一切なく、動く死体みたいな状態になっているんです…

 

魔人たちにも不死者であることがバレていて

延々と人体実験を受けているのだけど

心が折れているどころか、痛覚などの感情も薄れているので

魔人たちに殺されても拷問されても、ほぼ無視している状態…
( ̄▽ ̄;)

 

不死者であり圧倒的な力を持っているにもかかわらず

人間と魔人が争う世界に絶望し、完全に生きた屍のようになっているのが主人公なんです。

心を取り戻し再び生きる!

そんな心が折れた主人公アンダーが心を取り戻すきっかけになったのが

ひょんなことで一緒に処刑されることになった魔人・レコベルの最後の言葉。

堕天作戦1巻 65p堕天作戦1巻 65p

『不死者さんに魔法をかけます。

素敵なものを、たくさん見れますように。

あたしが知り切れなかったこと、たくさん知りますように。』

 

死ぬ直前にレコベルは、最後の最後にアンダーの身を案じ

心が折れているアンダーに、前を向いて生きてほしいって…
“(/へ\*)”))ウゥ、ヒック

 

 

 

人間にも魔人にもまともな扱いをされなずに

心が潰れていたアンダーにとっては

自分の身を案じてもらったという事が心に響くわけです。

 

そして、そんな不死者である自分を思いやってくれた

数少ない1人すら救えなかった自分を不甲斐とアンダーは感じるわけで…

堕天作戦1巻 98p堕天作戦1巻 98p

散々な扱いを受け続けて、何もかもどうでもよくなり

心が潰れていたアンダーが感情を取り戻すんです!

 

生気を失っていた頃のぼけーって感じのアンダーとは違って

生気がみなぎっているというか

不死っていう特別な力を持つ者ってオーラが感じられるし

普通の人からすれば、ごくごく普通の出来事で心を取り戻したアンダーがどんな道を歩んできたのかってのを考えるとね…
(ρ_;)・・・・ぐすん

 

 

こうして、心が折れていた不死者アンダーが心を取り戻し『生きかえった』ことで

人間と魔人が争う世界で繰り広げられる不死者の物語が幕を開けます!

堕天作戦1巻を読み終えて

色々詰まっている1巻でしたが

やっぱり主人公が心を取り戻すところが一番熱かった!

 

だって、身を案じてもらえただけで心を取り戻すなんて

アンダーがどんなにひどい仕打ちを受けてきたのかって想像すると

もう辛くって…とにかく辛いッ!
(ノДT)アゥゥ

 

 

物語としては、人間と魔人が争っている世界観ってのも面白いんだけど

ところどころに謎があって、太陽?の近くに星が浮いてたり

『不死者』ってのが誰かが意図して作ったものってニュアンスの発言もあったりと

先が気になる展開で世界観に引き込まれる展開で物語の先も気になります!

 

 

アンダーも熱いし、魔人たちも熱かくて

今度どんなキャラが登場するかも楽しみだし

なにより、心を取り戻したアンダーが何を目的に進んでいくのかってのが楽しみだし…

読んだことない人はぜひ一度読んでみてくださいっていう作品です!

 

堕天作戦1巻の感想でした!
o( ̄∇ ̄o)グッ!!(∇ ̄ )クル(  )クル(  ̄∇)クル(o ̄∇ ̄)ノバーイ

 

堕天作戦2巻のかんそうはこちらです。
堕天作戦2巻感想

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top