ダイヤのAact2 1巻の感想※ネタバレ注意!沢村伝説・第2章開幕!

ダイヤのA act2 1巻ダイヤのAact2の物語は、東京都大会を制した青道高校が春の選抜大会に臨むところから始まります。

主人公・栄純が2年生になったわけで、活躍に期待したかったのですが、この大会で栄純は悔しい思いをすることに。

ダイヤのAact2の1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

ダイヤのAact2の1巻の感想

物語は2年目へ!

物語は、栄純達が2年生!

ダイヤのA2 1巻15pダイヤのAact2 1巻15p

沢村伝説第2章は『ダイヤのA』で、春の選抜出場の権利を得た青道メンバーたちが選抜大会に臨んでいるところから物語は幕を開けます。

 

選抜大会とは、春に甲子園で開かれる高校野球の大会で、夏の甲子園とは違って各都道府県大会の地方成績から選抜された上位32校で行われるもの。

そんな全国の有力チームが集う大会に、東京都大会を制した青道高校も出場しているわけです。

 

 

この春の選抜には、各地域から戦績の良い高校が出場して生きているわけで、

もちろん、夏の甲子園で注目を集める選手たちも多数登場してくるのですが、その中でも一段と注目度を集めていたのが…

ダイアのA2 1巻 97pダイヤのAact2 1巻97p

北海道代表のエース本郷正宗(ほんごう まさむね)。

降谷と同じく150km/hを超える剛速球を持ち、去年の甲子園ではメイ達を制しチームを優勝に導いた全国レベルのピッチャーであり

その実績から、全国で最も注目されていると言っても過言ではない人物。

つまり、夏の甲子園で青道高校に立ちはだかる強敵ってことです。

 

そんな最強のピッチャー・本郷率いるチームと青道は、ベスト4を懸けた準々決勝で試合をすることになるのですが…

もう一度…あのマウンドに立つために…

あっさりと敗北。

降谷の奮闘があって得点こそ0対2と、もう少しの試合に見える結果なのですが

実際のところは、今年キャプテンを務めている御幸(みゆき)が1本ヒットを打てただけという、ノーヒットノーラン達成目前の試合内容で、全国レベルのピッチャーの前に青道メンバーは為す術なく敗北してしまったわけです。

 

この結果に、青道のメンバーたちも悔しい思いをしているのですが、そんな中で、ひと際悔しい想いをしたのが栄純。

というのも…

ダイヤのA2 1巻202pダイヤのAact2 1巻201p

栄純はこの試合に出場することができず、ずっとブルペンで見ているだけだったんです。

栄純は、ただ試合に出られなかったから悔しいのではなくて、この試合で奮闘する降谷の気迫に飲まれてしまっていたのが…この試合に自分が入り込める余地があるとすら思えなかったから悔しいんです。

降谷とエースの座を賭けて競っているはずなのに、今の降谷に自分ですら対等だとは思えない…これは悔しすぎますよ。

 

こうして、青道高校の春の選抜大会は幕を閉じ、実力不足でマウンドにすら立つことができなかったという悔しさを胸に秘めた栄純の2年目の物語が幕を開ける!

ダイヤのAact2の1巻を読み終えて

ダイヤのAの続きですが『ダイヤのAact2(あくと)』とタイトルが変わり巻数が1巻からになります。

その為か、春の選抜大会は青道メンバーの紹介や夏の甲子園で対戦することになるであろう強敵の紹介って感じで、あっさりと終わり

春の選抜大会で悔しい思いをした栄純たち青道メンバーが、悔しさを胸に夏の甲子園優勝を目指して動き出す!と、act2からでも読み始めやすいようになっている印象です。

 

1巻で繰り広げられた春のセンバツ大会は、ダイヤのAで登場していた御幸達(現3年)と栄純たちだけで戦っていたようなので、

2巻からは、入学したての新1年生達など新しいキャラたちが加わってきて、本格的に栄純たちの2年目が幕を開けることになりそう。

 

果たして、栄純たちは2年目で甲子園優勝を飾ることができるのか?

そして、降谷を超えて青道高校エースの座を奪い取ることはできるのか!?

熱くなりそうな2年目が幕を開けたダイヤのAact2 1巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top