シビル・ウォー感想『アベンジャーズまさかの敗北!?』

シビルウォーこの前観る予定だったけど、時間が会わなくて見れなかったシビル・ウォーを観てきました♪

 

シビル・ウォーはタイトルに『キャプテン・アメリカ』とある通り、キャプテン・アメリカの実写映画3作目。

CMやPVでもやっているように、キャプテン・アメリカとアイアンマンというアベンジャーズのメンバーが戦うっていう物語で、スパイダーマンなど新キャラも登場!

てなわけで、シビル・ウォーの感想になります♪

※ネタバレあるんで注意してください。
----------sponsored link----------

シビル・ウォーのあらすじと感想

あらすじと時間軸

シビル・ウォーの時間軸は『エイジ・オブ・ウルトロン』の1年後の世界。

これまで世界各地で起きた世界崩壊の危機を救ってきたことでアベンジャーズの存在が世界に知れると同時に、国境を気にもせず世界各地でド派手に活躍する超能力集団であり英雄視され始めているアベンジャーズを煙たく思う政府や、彼らの力に恐怖を抱く一般市民たちも出てきています。

まぁ力を持つ者達が英雄視されることで、政治的権力を持ち始める事を政府などは恐れているとして、なぜ一般市民も彼らに恐怖を抱き始めているかというと…

 

これまでアベンジャーズは世界を救うために戦っているとはいえ、都市どころか国が崩壊するレベルのド派手な戦闘を繰り広げてきているんですよね。

その結果、アベンジャーズのメンバーによって、罪のない人が死んでいたりもするわけで、世界を救うため戦っていた際の小さな犠牲とは言え、アベンジャーズのメンバーによって親族を殺されてしまった人が徐々に増えているわけで…

親族を失った側も、仕方がなかったと理論では理解できてるんだろうけど、それでもアベンジャーズを受け入れることはできないわけです。

そして、こういうアベンジャーズの行動により一般人への人的被害が増えている事実を言い分に各国の政府や国連などの大きな力が、アベンジャーズを管理下に置こうと動き出す。

 

こうして、アベンジャーズ内で国連の管理下に入り国連の指示に従うべきだと主張するアイアンマン達と、国連の管理下には入らずにこれまで通り自分たちで判断して動くべきと主張するキャプテン・アメリカ達にアベンジャーズが2分されてしまう。

果たして、アベンジャーズはどうなってしまうのか…?

シビル・ウォーの感想※ネタバレ注意

まず、タイトルの『シビル・ウォー』ってのは、シビルは民間のとか市民を意味する言葉で力なき人々をさしているはず、そしてウォーは戦争や争い。

つまり『市民の争い』ってニュアンスで合っているはずで、まさにって感じの内容になっていました。

 

物語はPVなどでもある通り、アベンジャーズ内での思想の違いによってチーム解散の危機に陥るという物語なんですが、物語が進むごとにアベンジャーズ解散は実は仕組まれたものだったということが明らかになっていきます。

そして、その黒幕っていうのが、これまでのアベンジャーズシリーズみたいに彼らに立ち向かえる超人的な力を持っている人物ではなくて、市民の枠に入る人なんですよ。

まぁ黒幕本人がアベンジャーズに立ち向かっても勝ち目がゼロと断言できるというか、自分でそれを理解している力なき人が黒幕。

 

 

なぜ、この黒幕さんがアベンジャーズ分裂させようとしたかというか、アベンジャーズ達の活躍の陰で大切な人を失ったからなんです…

仕方がなかったと理解はできているんだろうけど、それでもアベンジャーズを許すことはできない…

かといって、自分では超人集団アベンジャーズに戦いを挑んでも誰一人殺せないどころか、おそらく傷ひとつ付けられない…

そんな中で、黒幕さんが考えたのがアベンジャーズ同士に殺し合いをさせる方法。

 

 

こうして、力を持たない黒幕さんが策を練った結果、みごと思惑通りにアベンジャーズは分裂し戦うことになり、最終的にはキャプテン・アメリカ達国連に従わない側と、アイアンマン達国連に従う側にアベンジャーズが分裂して終わるという、まさかのアベンジャーズが敗北で終わる結末に。

まぁアベンジャーズのメンバーに死人は出ていないので、敗北というと大袈裟だけど、少なからずアベンジャーズのメンバー同士で殺し合う事態を招いているので黒幕さんの勝利と言って過言ではなく、アベンジャーズの映画としては、初めてのスッキリしない終わり方だった。
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

 

次につながる終わり方で、この亀裂が今後どう物語に影響を与えるのかってのが最終的な感想。

続編を観ないとスッキリしないわけで、次どうなるのかなってのが気になっているというか、本当に今後どうなるのかなって、そればかり気になっています…

なんかスッキリしないし、アベンジャーズシリーズに求めていたスッキリがないというか困惑中…w

 

次回作も観るけど、こういう展開で終わるのは是非辞めて頂きたいと切に願う(笑)

シビル・ウォーを観終えて

本当にスッキリしない終わり方だったけど、普通に楽しかった♪

空港での新キャラのアントマンやスパイダーマンを加えてのアベンジャーズらしいド派手の戦闘シーンが楽しかったし、ジョークが増えていてクロスオーバー作品らしい面白い会話が増えていたのが良かった。
(* ´艸`)クスクス

ただその反面、日本ではあまり知られてないマーベルヒーローが増えてきていて、この人だーれ?感もありましたw

まぁ知っている人からすれば好きなヒーローの登場は嬉しいだろうけど、個人的にはそろそろヒーロー増やすの辞めてほしいかな(笑)

 

アベンジャーズらしく迷惑を一切考えないド派手な戦闘もあったし、スッキリしない終わり方とは言え次につながる終わり方だたし、ヒーローも増えてアベンジャーズがパワーアップすると同時に、敵対する奴らも強力になっていくと思うと次回作が楽しみな作品でした♪

次回作がいつ公開かは知らないけど、次回作も観たいなと思ったシビル・ウォーの感想でした~!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“シビル・ウォー感想『アベンジャーズまさかの敗北!?』” への2件のフィードバック

  1. シンジン より:

    ついに観てしまいましたか。僕は吹き替えで(マーベルシネマティクユニバースの本編を観たことがない)父と一緒にスパイディ3以来のマーベル映画を観に行きました。

    今まで僕は宮野真守さんのDREAM FIGHTER DivaのLost The Way MISIAさんの星のようにといったウルトラシリーズの主題歌をMCUのイメージソングにしてきましたが、シビルウォーで初めてライダーの主題歌であるRe Rayをイメソンに選んでしまいました。今聞いてます(爆) 

    ご存知かもしれませんが、youtubeに(アベンジャーズシリーズ 時系列を整理してみた)という動画がupされています。

    • りょう より:

      遂に見ちゃいましたw

      にしても、スパイディ3って相当前じゃないですか?
      スパイダーマン3以来観てない人がシビル・ウォー観ても何が何だかわからないでしょうね…
      スパイダーマンも、アメコミ風の軽いノリになってて、これまでの劇場作とはキャラクター設定が違うし…

      時系列が整理された動画があるんですねー。
      時間ある時に見てみます♪

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top