僕のヒーローアカデミア5巻の感想と考察!デク、轟、爆轟が本当に熱すぎて泣くしかない!

僕のヒーローアカデミア5巻

1年生の頂点を決める大会クライマックスの僕のヒーローアカデミア5巻

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

 

表紙は、業界No2ヒーローの息子で炎と氷の力を併せ持つ轟!

主人公デクとの戦いも決まっているし、いろいろ抱え込んでいる事が多いキャラで

5巻では、かなり熱くさせてくれます( ̄∇ ̄*)

 

それでは、僕のヒーローアカデミア5巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

僕のヒーローアカデミア5巻の感想

ボロボロになりながらも戦うデクが目指すヒーロー!
デクと轟の戦いが始まるんだけど

能力を使いこなせないデクは、轟の攻撃を防ぐ際に自らの能力でボロボロになっていきながらも

いっこうに諦めようと…最後まで勝利を諦めないようとしないんです!

 

そんな、デクを突き動かしている衝動が…

僕のヒーローアカデミア5巻 木偶の想い
(ρ_;)・・・・ぐすん

 

小さいころからヒーローに憧れてたけど能力を持って無かった為に諦めかけていたデク…

そんな彼が憧れていたオールマイトの力を受け継いで、

憧れのNo1ヒーロー・オールマイトみたいになりたいって思っているからこそ引かない

 

自分のなりたいモノになる為に…少しでも近づくためにっていう単純すぎる動機だけど

ボロボロになりながらも、いっこうに諦めようとしないデクを見ていると本当に涙が”(/へ\*)”))ウゥ、ヒック

 

能力がなかった頃も、爆轟を助けるためにヴィランに立ち向かったり

ホントにデクの精神って凄いって思わされるし、ヒーロー目指している姿を見ると応援しちゃいますよね!

 
俺だってヒーローに…‼
父との確執ゆえに炎の能力を使おうとしなかった轟だけど

自分の夢に近づくために、ボロボロになりながらも必至に挑んでくるデクの姿勢と言葉が届き、遂に轟が‼

僕のヒーローアカデミア5巻 轟絶対に戦闘では使わないと断言していた父から受け継いだ炎の能力を発動!

 

デクからすれば戦っている対戦相手でしかないにも関わらず、轟に全力を出させてしまったわけで

決して賢い選択とは言えないけど、この轟の表情を見ちゃうとね(ノ_-。)

 

柄にもなく涙を浮かべながら父と母…2つの能力を同時に戦闘時に発動!

普通ならなんてことない事なんだけど、轟が炎の能力を使わなくなった経緯を知っちゃうと(ρ゚∩゚) グスン

もう2人とも頑張れって…。・゚゚ ‘゜(*/□\*) ‘゜゚゚・。

 
爆轟の熱い想い!
いつも乱暴な言動で周りをイラつかせる爆轟だけど

実はこいつもスッゴい熱い奴で

決勝戦で轟の戦いに勝利するんだけど、炎の力を使わなかったことが許せなかったみたいで…

僕のヒーローアカデミア5巻 爆轟の熱い爆轟の表情が(ノДT)アゥゥ

 

大会には優勝しているんですよ?

それなのに、こんな勝利は意味がないと言わんばかりに掴みかかってこの表情( ノД`)シクシク…

 

結局は、轟に認めてもらえないっていうか

デクには使った力を使われなかったわけで、デクをライバル視している爆轟からすると

”お前はデク以下”だと轟に言われたように感じてたりするんだろうし

ホントに爆轟の気持ちを考えると辛すぎるよ”(/へ\*)”))ウゥ、ヒック

 

僕のヒーローアカデミア5巻を読み終えて

マジでめちゃくちゃ泣かされた巻でした(w_-; ウゥ・・

 

デク、轟、爆轟っていう3人が本当に熱くて

デクと爆轟のそれぞれの夢への真っ直ぐで真剣な気持ちが痛いほど伝わってくるし

長い年月、轟が抱えていた悩みから開放された時の表情なんて。感(┳∧┳)動

 

1年生の大会っていうことで、物語にひと段落つける話だと思ってたけど

ここまで感動させられるとは思ってもいなかったし

僕のヒーローアカデミアがめちゃくちゃ好きな漫画になった巻です!!!

 

ここからはデクたちが徐々に本格的なヒーローになっていくんだろうけど

ヒーローになるまでの道のりにどんな苦難が待っているのか!?

熱すぎる少年たちのヒーローへの成長の物語が楽しみな僕のヒーローアカデミア5巻の感想でした(*^^*)

(´∀`*)ノシ バイバイ

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top