僕だけがいない街7巻感想!目覚める連続殺人鬼!

僕だけがいない街7巻アニメ化&映画化が決定した僕だけがいない街7巻!

 

物語はリバイバルの世界で成長するという奇妙過ぎる展開!

果たして、この成長したリバイバルの世界で八代を追い詰めることはできるのか?

そして、本当の世界に戻り母を救い八代を捕まえることができるのか?

 

物語が熱い展開の僕だけがいない街7巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

僕だけがいない街7巻の感想

アイリとの再会と知ることへの恐怖?

長期間の眠りから目覚めた悟は、リバイバルの力を忘れており

リバイバル前の記憶とリバイバル後の2通りの記憶が

自分の中にあることに戸惑っています。

 

そんな自分の記憶に戸惑っている中で、

偶然出会ったリバイバル前の世界で殺人容疑のかかった悟を匿ってくれたアイリなんです!

 

 

悟が長期間眠っていた、この世界では

2人が出会っていることは絶対にありえないけれど、

悟の中には、確かにアイリと過ごした記憶が存在しているんです!

 

会ったはずのないアイリと話すことで、自分の中にある記憶の正体がわかるかもと、

勇気を出して悟は話かけるんですが

その時の悟の表情は…

僕だけがいない街6巻 9p僕だけがいない街7巻 9p

自分の記憶の謎を知りたいという気持ちと

アイリと話すことで、思い出すべきではないことを思い出すかもしれないという不安な気持ち。

そんな相容れない2つの感情が入り混じり戸惑いを隠せない複雑な表情ですよね。

 

 

そりゃーこうなりますよね。

ただでさえ悟は、殺人事件に巻き込まれ15年もの年月を昏睡状態に陥っていたわけで

自分が記憶を取り戻すことで、何を思い出すのかって恐怖があるわけです。

 

それだけでも十二分に怖いのに、

おまけに2通りの記憶で困惑しているわけで…

自分自身に起こったことを…記憶を取り戻すことで何を知ることになるのか?

 

自分に起こったことを知りたいけど、記憶を知る事に恐怖を感じている。

悟の複雑な心境が伝わってきます。

目覚める連続殺人鬼・・・

悟が追っていた連続殺人鬼の八代

今となっては先生と呼ばれるほどの地位を獲得しており

秘書の男には『市長選でも参議院でも勝てると思います』と言われるほどで

とても連続殺人犯とは思えないほどに、真っ当な地位を築いています。

 

そんな成功者ともいえる地位を得た八代ですが

15年の眠りから悟が目覚めたことで、八代の中に眠いっていた感情も目覚めてしまったようで…

僕だけがいない街6巻 179p僕だけがいない街7巻 179p

『もう一度感じたいんだ

あの瞬間を 歓喜と戦慄 見せてくれ悟

「死」に抗う 君の姿を』

 

今の地位を捨てることになろうとも

死に抗う悟の姿を見れればそれでいいと言わんばかりに

不気味すぎる笑みを浮かべているんです。

 

というのも、八代にとっては他人の絶望が

死や悲劇的な運命から抗う姿が『生を実感』させていたようで

中でも『他者の死に抗う』悟の姿は最高の刺激になっていたらしい…

 

理解に苦しむ行動原理だけど、八代にとってはこれが全て。

つまり、地位なんかよりも、他人を救おうとする悟をみたいっていうのが

八代にとっては、十分すぎる犯行動機になるみたいです。

 

 

15年の眠りから目覚めた悟が大好きな

ヤバすぎるイカレタ思想の殺人鬼・八代が再び動き出すわけで

このリバイバルの中で成長した世界でも、悟と八代の戦いは避けられそうにない。

八代を追うケンヤと澤田に忍び寄る影?

悟を15年の眠りに追いやった連続殺人犯を追いかけているのは

澤田さんと、悟の同級生で今は弁護士の小林賢也(けんや)。

 

2人が協力して犯人である八代の手掛かりを必死に探しているのですが

その澤田さんとケンヤが捜査拠点として使っているビル

明らかに怪しい影が…

僕だけがいない街6巻 101p僕だけがいない街7巻 101p

一番下のカットの左側のパーカーの人なんですが

これがおそらく八代なんですよ…
(;’∀’)

 

犯人の手掛かりすら、まともに手に入れられていない澤田とケンヤだけど

犯人の八代は、自分を追っている2人を知っているどころか

2人の拠点や捜査状況すら知っている。

 

犯人をでっちあげるという高度過ぎる知能犯の八代が

自分を追っている澤田とケンヤを排除するのに

彼らが集めていた情報を使わない手はないだろうし…

 

リバイバルの世界で、澤田とケンヤが

八代に嵌められてしまいそうな展開です。

僕だけがいない街7巻を読み終えて

リバイバルの世界で成長した悟が徐々にこの世界に馴染み

悟が追っている連続殺人犯・八代も動き出し

悟と八代の戦いが再び幕を開けようとしている展開です。

 

ただ、悟の協力関係にある澤田さんとケンヤが八代に嵌められそうだったり

リバイバルや2通りの記憶の理由を思い出せていない悟たちの方が圧倒的に不利な状況。

 

おまけに、15年もの年月を眠っていて記憶を思い出すことに恐怖心を抱いている悟が

絶望まみれの本当の世界の記憶を思い出し

それを受け入れて、この世界でのリバイバルを完結させないといけないわけで…

全てを受け入れて悟が前に進めるのか?っていうのも見どころですね。

 

母も友達たちもみんな生きている世界を終わらせる…

その決断を悟ができるのかってのが、本当につらいところになりそう。

 

 

このリバイバルで成長した世界で、物語がどう進んでいくのか?

アニメ化に実写映画化も決まった、僕だけがいない街7巻の感想でした!
o( ̄∇ ̄o)グッ!!(∇ ̄ )クル(  )クル(  ̄∇)クル(o ̄∇ ̄)ノバーイ

 

僕だけがいない街8巻の感想はこちらです。

僕だけがいない街8巻の感想。

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“僕だけがいない街7巻感想!目覚める連続殺人鬼!” への5件のフィードバック

  1. こんにちは
    日本語を話せないことご了承お願いいたします
    本当に失礼ですが、いくつかの気になる点を教えて間違いをするか?

    1.アニメーション僕街で3月1日の誕生日イベントを進行したが
     結果を知ることができないですねどうなりました?

    2.アニメーション僕街ED歌詞

    (君のこと壊したいと思う)世界は夢の狭間では正しいですか?

    (君のこと壊したいと思う世界)は夢の狭間では正しいですか?

    意見が分かれます

    • りょう より:

      コメントありがとうございます。
      おそらく英語圏の方だと思うので、翻訳も入れておきました。


      1、3月1日の誕生日イベントを進行しましたが、雛月の失踪が3月3日になってしまいます。
      未来から来たサトルが行動し過去が変化した為です。

      google翻訳
      1, March 1, but advanced the birthday event, it will be the disappearance of the March 3 Hinatuki.
      Satoru is because past behavior from the future has been changed.


      2、ED歌詞についてですが、僕は

      (君のことを壊したいと思う世界)は夢の狭間で だと思います。

      ただ、正しいかと断言できるほど自信はないです。


      2,Is about ED lyrics, but I
      (君のこと壊したいと思う世界)は夢の狭間で
      However, I’m not confident enough to assert that correct.

  2. nice to meet you より:

    本当にありがとうございます
    一度韓国人です^ㅡ^

    1回のご質問は、漫画の内容ではなく、
    アニメーションホームページから視聴者対象にしたイベントでした
    イベントの結果だけを知らないのに、もしかしたらご存知ですか?

    • りょう より:

      韓国の方だったんですね♪

      残念ながら、僕はアニメイベントに参加していないので結果は知らないです。
      Because it does not participate in the animation event, unfortunately, I do not know the results.

      また、ご質問があればコメントしてください♪
      Also, please comment if you have any questions.

  3. nice to meet you より:

    分かりました
    本当にありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top