青空エール1巻 感想『劇場版になるだけの面白さ!』ネタバレ注意

どうもぉ~りょうです♪
o(゚▽゚o)(o゚▽゚)o

 

今回は実写版の映画が公開されている青空エールの1巻!

劇場公開を記念してか、1巻が無料だったので読んでみましたよ♪

青空エール

吹奏楽部のヒロインと、野球部員が恋するっていう王道的な青春ラブコメで

名門高校の厳しさとか、出来る人ができるようになるまでの努力とかが見どころかな。

 

青空エール1巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

青空エール1巻の感想

気弱だけど、芯は強いヒロイン小野つばさ!

この物語は主人公・小野つばさ

白翔高校という野球と吹奏楽が名門の高校に進学したところから始まります。

 

 

そんな野球と吹奏楽の名門学校に入学した、吹奏楽初心者のつばさがどんな性格の人物かというと…

青空エール1巻 97p青空エール1巻 97p

『そうなんだけど…私…自信ない…』

うつむくことが多く自分の靴ばかり見てしまう自分自身に自信が持てない気弱な性格。

 

 

そんな、気弱なつばさがなぜ吹奏楽の名門学校に進学したかというと

幼い頃にテレビで見た甲子園で、スタンドから応援する白翔・吹奏楽部に憧れを抱き

小さい頃から、いつかは自分もあんな応援がしたいという想いを実現させるために白翔進学。

 

 

つばさは基本的には気弱な性格で、自分に自信が持てないけれど

吹奏楽初心者でありながら吹奏楽の名門学校に進学してしまうなど

自分が決めたことはブレないなど、芯が強い一面も持っている少女なんです!

 

名シーンだと、本気で感じた。

芯が強いつばさだけど、名門校に初心者が付いていくってのは厳しいもので

心が折れかけて、やめようかなとか、夢を諦めそうになったりもするわけです。

 

そんな、心が折れそうなつばさを支え合いながら成長していくのが、同学年の野球部員・山田大介。

 

 

大介がつばさの夢を知り、徐々に仲良くなっていく中で名シーンが!

青空エール1巻 51p青空エール1巻 51p

『オレ 小野と話したとき見えたんだ ほんとに

オレは甲子園にいる 小野はスタンドでトランペットを吹いてる

空は晴れてる 小野の音が飛んでる』

 

 

CMで流れてたけど原作の良いシーンでした。
(*。-ω-)

 

 

2人は、野球と吹奏楽とでやっていることは違うけど

お互いに名門校の厳しく辛い環境で努力しているわけで

お互いがお互いを励ます形で、2人が共に成長していきながら恋していくっていう物語です!

 

青空エール1巻を読み終えて

王道的な青春ラブコメ!

野球と吹奏楽が名門の学校で努力していく2人の姿がみどころで

お互いがお互いを支え合っているってのが面白いところです。

 

お互いに相手のことを凄い人だと思っていて

めげそうになった時に、相手の姿がまぶしいく映り自分も頑張ろうって思うみたいな。

 

 

1巻からいいコンビっていう感じだったけど

2人とも、まだまだ野球・吹奏楽では実力を発揮できていないというか

実力足らずっていう状況なので、今後の2人が支え合いながら成長していく姿が楽しみな展開でした。

 

 

実写映画化されることだけあって、読んでて面白いと思える作品でした♪

 

ちなみに、劇場の公開は8月20日よりなので、各地の劇場で現在公開されているはず。

予告編はこんな感じ。
面白そうな感じですね~。

 

日本の漫画を実写映画化したのに希望を持てる人は見てみるといい気がします(笑)

いやぁ~僕は浅はかにも実写化は観ないと誓っちゃったものでね。

自ら立てた誓いを破ることは…www

 

 

面白そうな劇場版が公開されている青空エール1巻の感想でした!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“青空エール1巻 感想『劇場版になるだけの面白さ!』ネタバレ注意” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    ちゃおちゃお!
    映画おもしろいから見るがいいちゃお

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top