暗殺教室16巻の感想※ネタバレ注意!殺せんせーの正体と渚たちの決断!

暗殺教室16巻の感想※ネタバレ注意!

遂に殺せんせーが、触手のバケモノに変貌した経緯を渚たちが知ることになります!

しかし殺せんせーの過去を知ったことで、渚たちE組は新たな壁にぶち当たることに!?

 

暗殺教室16巻の感想です!

※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

暗殺教室16巻の感想※ネタバレ注意

死神と茅野の姉・あぐり

弟子に裏切られて人体実験を受けていた、後に殺せんせーとなる死神。

死神は、自らの施された人体実験に致命的な欠陥があり時期が来れば必ず死ぬことを知り、どうせ死ぬなら手にした力を使ってから死のうと行動を開始します。

 

 

そんな彼を止めようとしたのが茅野の姉であり、死神が唯一心を許していた雪村あぐり。

しかし、止めに入ったあぐりは死神に『止める事も救うこともできませんよ』と言われた挙句…
暗殺教室16巻 2人の別れ

『人質にする利用価値すらない』と突き放されてしまうんです。

 

と、死神は止めに入ったあぐりを冷たい言葉で突き放しているんですが、

そもそも死神は、数千人を殺してた稀代の殺し屋なわけで、本来なら警告などせずに殺して終わりのはずなんですよね。

 

結局は、1年近く一緒にいて好意を抱いているあぐりを、自らの手であぐりを殺すことを避けたいと思ってるわけで、何も考えずに殺し続けて生きてきた死神ではなくなっているんです。

 

しかし、死神が変わったといっても、本質は変わっておらず、あぐり以外の人間を平気で殺しながら脱出を開始する死神…

そして、悲劇が起こります…

 

あぐりの犠牲で気づかされたもの

人体実験で得た触手の力と神懸った殺しの技術を駆使し、研究所の脱出を開始した死神は、触手の力に侵されたのか、死神は徐々にドス黒く変貌していくんです。

そんな彼を助ける為に、あぐりが行動を起こすのですが、そこは死神を殺すために備えられた兵器が大量に仕掛けられ戦場と化しているわけで…

暗殺教師うt16巻 終わり

後にマッハ20で動けるようになる殺せんせーように作られた兵器を、普通の人間であるあぐりが躱せるわけもなく、仕掛けられていたトラップの餌食に。




暴走仕掛けていた死神は、あぐりの決死の行動で意識を取り戻すも、様々な知識を持っている死神でも直せないほどの致命傷をあぐりは受けており

唯一心を許したあぐりの死をもって、自分の生き方の間違いに死神が気が付きます。

暗殺教室16巻 きがつが

自分が殺しの為に培ってきた技術は、もっと別の使い道があり、本来ならば誰かの為に使うべきものであったと…

そして、恩人であり、致命傷を受けてしまい、刻々と死にかけているあぐりの最後の願い『残された時間で渚たちE組を教えてあげて』という願いを聞き入れ、自分が死ぬまでの時間を殺せんせーとして、渚たちを導くものとして過ごすことを誓う…と。

 

感動的な展開だったし、なにより自分の間違いを受け入れたうえで、殺せんせーが教師として渚たちに教えているって知ったら

これまでの殺せんせーを読み返すと、これまでと違う感じ方をするところはありますね。

 

それは、渚たちもおなじなわけで…

渚たちの決断

殺せんせーの過去を知った渚たち。

 

これまでは、期限内に殺せんせーを殺すことを考えていたけれど、生まれた経緯が科学ならば他の道もあるんじゃないかと思いつき。
暗殺教室16巻 渚の決意渚たちが期限を迎えたら死んでしまう殺せんせーを救う方法を探すという新しい道を提案!

 

この提案に乗ってくれるクラスメイトもいるのですが、提案に納得しないクラスのメンバーも多いんです。

殺せんせーと渚たちE組の絆っていうのは、暗殺者と標的っていう特殊すぎる絆だと、殺せんせーも言っているので、殺せんせーを殺すことこそが、正しいって考えをするメンバーも多いみたい。

 

好きだから助けるべきっていう考えと、好きだからこそ殺すべきだっていう、同じ感情から真逆の答えを出してしまっているので、どう解決するのかって楽しみなところで、暗殺教室16巻は終わり。

 

暗殺教室16巻を読み終えて

殺せんせーの過去が明かされた事で、渚たちE組の決心が揺らぐことになりましたね。

 

これまでは、殺せんせーを殺すことに躊躇う理由はなかったけれど、過去を知ってしまったことで、これまでと同じように殺しの対象として見ることは出来なくなってしまったわけで

おまけに、クラス内でも殺すべきか助ける道を探すべきかの真逆の意見で対立が始まってしまっているし…

主人公の渚が助ける派ってこともあって、助ける道になるんだろうけど、ただでさえ殺せんせーにも、地球にも残された時間が少なくなっている現状でこの展開だと非常にまずい状況ですね。

 

殺せんせーとの楽しい思い出もたくさんもっているし、中学生でこれを決めるのって酷すぎるッ!

って思ったけれど、地球の運命を…全人類の命運を背負ってることに比べると軽いか…?

うん…流石に全人類よりは軽いな…(笑)

 

よくわからなくなってきたけど、次巻で渚たちE組が下す決断に期待です!

印象に残ったシーン

やっぱりこのシーン!

渚にディープキスされたことを思い出して悶える茅野!
暗殺教室16巻 茅野この物語のヒロインである茅野が初めて?ヒロインらしい行動を!

これまでの茅野は、殺せんせーへの復讐のために影を薄くしていたために、影の薄いヒロインっていう、意味不明な状況だったけれど、これからはヒロイン全開になってくれそうですね!
( ̄m ̄* )ムフッ♪

 

頑張ってほしいけど、ここから15巻分取り戻すのはつらそうかな?

茅野ちゃんに期待です(笑)

 

暗殺教室16巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

“暗殺教室16巻の感想※ネタバレ注意!殺せんせーの正体と渚たちの決断!” への2件のフィードバック

  1. まひろ より:

    面白い!

    • りょう より:

      まひろさん
      コメントありがとうございます。

      暗殺教室面白いですよね♪
      アニメかわからないですが、映画で卒業編も公開決定しているようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top