甘々と稲妻9巻の感想『エリーを睨みつけるつむぎの形相』ネタバレ注意

甘々と稲妻9巻甘々と稲妻9巻の表紙は元気いっぱいなつむぎと、少し心配そうに追う公平の2人♪

 

9巻の物語では小学校に進学したつむぎが様々なことを経験し目まぐるしく成長していく姿。

そして、夏休みに訪れた公平のお姉さんとその娘エリーとの心温まる物語が印象的でした!

 

それでは、甘々と稲妻9巻の感想です!
※ネタバレあるんで注意してください。

----------sponsored link----------

甘々と稲妻9巻の感想

つむぎの成長を喜べない?

前回、小学校に進学したばかりのつむぎから『おとさんて小1のときすきな子いた?』と質問された公平。

 

つむぎに好きな人が出来たのか?と、つむぎの成長を感じ嬉しく思いながらも…

甘々と稲妻9巻 11p引用:甘々と稲妻9巻 11p

登校を共にする小6の水木くんに、元気いっぱいの挨拶をしながら駆け寄り満面の笑みを浮かべるつむぎ。

そんな娘の姿を見た公平は、やはり親として複雑な心境みたい。

 

つむぎの成長は嬉しいだろうけど、素直には喜べない公平の心境が分かりすぎる!

いつかつむぎが自分から離れていくって分かっていても、それを実感させられるにはまだ早い!(笑)

 

水木君と仲良くするつむぎを観て、複雑になっている公平にほんわかしたシーンでした。
(*´∇`*)

 

お姉さんとエリー襲来!

夏休み真っただ中の公平の元に訪れたのは、公平のお姉さん。

お姉さんもカナダ人の方とすでに結婚しており、歳がつむぎの1つ下の娘・エリーと共に公平の家に突撃してきました(笑)

 

エリーは日本語を話すことが出来ない事や、幼く人見知りをする年頃という事もあり2人には距離がある感じ。

挙句にはつむぎが片言の英語で話しかけるも、お姉さん顔されたのが気にくわなかったのかエリーはつむぎを拒絶するまでに。

 

まぁ幼い2人の関係が険悪になっていくわけですが、そんな事態を悪化させる事件が起こりましたw

甘々と稲妻9巻 45p引用:甘々と稲妻9巻 45p

公平とめっちゃ楽し気に遊ぶエリーを、かつてない形相で見つめるつむぎ(笑)

 

徐々に打ち解け満面の笑みで遊ぶエリーも可愛いけど

つむぎの『お前どういうつもりだ?』と言わんばかりの表情もたまらなく可愛いですよね♪

 

でも、恐いなぁ…

小1でこんな表情をしちゃうつむぎの今後の成長が恐いよ。

中学校あたりでヤンキー街道突っ走ってそうでさ(笑)

 

幼い2人に感動

エリーと上手く関係を築けないつむぎでしたが、カナダに住むエリーが好きなカネロニという料理を通して仲良くなれました。

 

当たり前っちゃ当たり前だけど、最後まで言葉は通じることなかったけど…

甘々と稲妻9巻 67p引用:甘々と稲妻9巻 67p

お互いに何を言っているのかわからないけど、それでもしっかり心は通じ合えた2人の姿。
(ρ_;)

 

最後まで言葉は通じなかったけど、最初の険悪すぎる関係からここまで仲良くなれたってのは凄いと思うし!

お姉さんとしてエリーとの関係をうまく作ろうと頑張るつむぎの姿に成長も感じたし‼

なにより、楽し気に走る2人の姿に心洗われた♪

 

 

公平を取られてとんでもない形相でエリーを睨みつけていた時は、本当にどうなるかと思ったけど子供らしさ全開のいい話だった!

カナダ在住のエリーとは、当分会える日は来なさそうだけど、2人の再開の時が楽しみになる物語でした!

 

甘々と稲妻9巻を読み終えて

小学校に上がってから、つむぎの成長が目まぐるしい日々が続きました。

クラスで起こった男子/女子戦争とか、公平やつむぎに無関係とはいえない『再婚』の話とか。

小学生になって色んなことを経験し、知らなかった色んなことを知ってどんどん成長していくつむぎの姿が印象的でした。

 

 

そして、ことりの離婚した両親が密かに会ってたりいい感じになってるみたい!

離婚したこともあって険悪な関係だったわけだけど、父が『少し時間があった』って理由で母の元を訪れていたようですからね。

最後にも『またな』って言い残して帰っていったし、再婚するのかな?と思える展開!

 

最近は公平とつむぎの犬塚家ばっかりだったけど、ことりの飯田家の事情に物語の焦点が当たりそう。

小鳥の両親どうなるんだろう?

先が気になる展開ですよね!

 

 

つむぎの成長が目まぐるしい展開が続き、飯田家の事情も気になってくる展開の甘々と稲妻9巻の感想でした!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

甘々と稲妻の感想記事一覧はこちらです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top