7月の面白かった漫画ランキング!

どうもぉ~りょうです♪
(;’∀’)

 

今月は漫画をあんまり読めなかった1か月になってしまいました。

買うだけ買って読まないっていう奇行を行う始末…

厳密には時間が取れなかったわけですけどね…ハイ…
il||li(つд-。)il||li

 

それでは、7月の面白かった漫画ランキングです!

----------sponsored link----------

7月に読んだ面白かった漫画ランキング!

3位・チョロ過ぎた策士・慶舎さん

キングダム43巻は表紙を飾っている2人の頭脳戦がみどころ!

キングダム43巻

元野盗でありながら将軍にまで上り詰めたという異色すぎる経歴を持つ桓騎。

過去の経歴を考えてでも、将軍として迎え入れたくなるほどの天才的な才能を持つ秦の将軍なわけです。

 

そんな天才桓騎と頭脳戦を繰り広げているのは趙の将軍・慶舎。

 

『沈黙の狩人』の異名を持つ実績ある軍師だったんだけど、今回はあからさまな桓騎の挑発にイライラ…

我慢できずに桓騎の仕掛けた罠にまんまと嵌り、あわや討たれかけるという大失態を犯した沈黙の狩人…

おまけに、43巻のラストでは、飛信隊に追撃受けてるし、割と絶体絶命なんだよね(笑)

 

 

慶舎さんが不甲斐無い姿が目立ったけど、やっぱり物語は面白い!

離眼城の過去とかも熱かったし、ホントに熱い展開が続くキングダムは面白かった!

 

ただ、物語が進んできたこともあって史実元にしてる故にラストがある程度わかってるのが、ちょっと不安かも。

先がわかってると巻いてって感じになることあるから(笑)

2位・お父さんへの手紙がね。

テレビアニメが絶賛放送中の甘々と稲妻!

甘々と稲妻7巻

原作では、つむぎが幼稚園を卒業して、小学校に進学しました!

物語が進むにつれて、料理を通じて共に成長し、深くつながっていく公平とつむぎの家族の姿がね。
感(┳∧┳)動

 

そんな2人と一緒に料理に励んでいることりもしっかりと成長しているし。

料理を通じて成長していく姿が、本当に楽しく読ませてもらってます♪

 

 

物語的には、つむぎが小学生に進学したことでひと段落。

おまけに、ことりは受験生ということもあって、今後の物語がどうなっていくのか?

 

7巻は物語が新章?というか明確に次との区切りと感じたし8巻が楽しみです!

 

1位・やっぱり種族の差って大きなと。

アズドラとミカロスの戦いに決着が付いたヘルク7巻!

 

ヘルクの想いに気づいたヴァミリオが自分が『本当にかけるべき言葉』に気づいた時が、感動的だし熱すぎた!

Helck7感

これまで人間を殲滅するのを前提だったけど、これからは人間を救う道を探す為の戦いへ!

 

ヴァミリオに『救おう、人間を』と言われたヘルク。

人間を…大切な仲間たちを救う道が開かれたときのヘルクの表情は本当に涙なしでは読めないですよ。

感動的過ぎるよ…本当に…
感(┳∧┳)動

 

 

物語的にも、四天王アズドラが敗北したことで未だ登場していない残り2人の四天王登場もあり得そう!

人間たちがアズドラを倒したことで、魔族たちは人間たちの脅威性を認めざるを得ないからさ。

 

今回のアズドラ敗北が人間と魔族たちの戦いを本格的なものにするきっかけになりそう!

戦いが激化すれば、確実に物語も熱くなるし、楽しみなことこの上ないよっ♪

 

熱いし感動的だし…

面白すぎるヘルク7巻が1位ってことで~

 

おわりに

振り返ってみると予想以上に漫画を読んでいなかった1か月…
(´-ω-`;)ゞ

 

読もうと思って買ったのに読んでない漫画が多すぎる…

今月一気に読んで、感想を書いていこうと思うけど買わずに読まない日が来ようとは思いもしてなかったよ。

読みたい漫画多いし、8月はいっぱい読んでいく予定♪

1巻とか2巻とか、浅いのもあるし楽しみです。
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

 

 

話変わるけど、地味にPS4のオーバーウォッチ買おうかなって迷ってるんですよねー

面白そうな気もするけど、出遅れて感あるから今更買うのはなんかなぁーって。

やっぱ、買おう。

 

とりあえず、8月は漫画を読みまくりたいと思います!

それでわでわ~
o( ̄∇ ̄o)グッ!!(∇ ̄ )クル(  )クル(  ̄∇)クル(o ̄∇ ̄)ノバーイ

この記事を読んだ方にお勧め!

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top