マッハ号が50周年記念でプラモデル化!7つの技も甦る!

マッハGOGOGO放送50周年記念

1967年のTVアニメ放送から50周年を迎える名作レースアニメ『マッハGoGoGo』から、誰もが憧れた夢のレースマシン「マッハ号」のプラモデルが新パッケージになってリニューアル登場!

流麗なボディに七つの特殊機能を内蔵し、幾多のレースを駆け抜けた「マッハ号」が蘇ります!

 

マッハ号地上モード

車体前方の回転鋸「カッター」を始めとした7つのモードを再現。

フロントボンネットは開閉可能で、内部にV12エンジンを再現しています。

 

水中モード

こちらは操縦席が密閉され、ウイングとスクリューが展開した水中モード。

ノーマル走行時と水中走行時が選択可能なコンバーチブルキットです。

 

製品情報

マッハGoGoGo 1/24 マッハ号 7フルバージョン

プラモデル 1/24スケール

サイズ:全長約21.4センチ

 

2017年9月発売予定

価格:4,000円(税別)

発売元:青島文化教材社

 

マッハ号に搭載された8つの機能!

A:オートジャッキ

自動でタイヤの交換や、応用して地面を蹴ることでジャンプも可能。

B:ベルトタイヤ

タイヤに特殊なベルトが装着され、どこでも走行できるようになる。

C:カッター

フロント部分にあるのこぎり。

D:ディフェンサー

運転席の防弾仕様のキャノピーが閉まる。

E:イブニングアイ

赤外線。

F:フロッガー

酸素がコクピット内に放出され水中走行を行える。

G:キズモ号

燕型の偵察用の通信機能付き小型メカ。

H;ホーミング

自動操縦で自宅に戻す。

 


以下、ネットの反応


2:2017/06/23(金) 12:30:12.84 ID:
A-Gの機能、Aしかなかなか見られない。

3:2017/06/23(金) 12:30:25.87 ID:
実写映画は無かった事に

6:2017/06/23(金) 12:40:22.67 ID:
色々詰め込み過ぎてエンジンを置くスペースがありませんでした。

7:2017/06/23(金) 12:57:20.20 ID:
ノコギリで木を切りながら進むってかなり無茶だよな
よしんば切れたとしても木に潰されてタヒぬよなこれ

10:2017/06/23(金) 13:02:03.59 ID:
あ、忘れてた
日曜日は村の草刈りだった

11:2017/06/23(金) 13:03:47.21 ID:
刈払機が唸りを上げる

13:2017/06/23(金) 13:11:41.07 ID:
アメリカのテレビで、今でもどこかの州で必ず再放送されている三大番組のひとつってホントか
残り二つはスタートレックとルーシーショー

22:2017/06/23(金) 14:25:59.73 ID:
>>13
ケーブルTVが発達してるからあんま意味ない

18:2017/06/23(金) 13:55:48.06 ID:
プラモもなかなか高価になったものですな。

19:2017/06/23(金) 14:09:02.34 ID:
スピードレーサー(震え声)

28:2017/06/23(金) 16:36:31.89 ID:
通信手段が真空管

34:2017/06/23(金) 19:07:26.11 ID:
よく知らないんだけど、フロントバンパーの下から伸びてる2枚の円盤はエアロパーツか何か?

37:2017/06/23(金) 20:13:27.58 ID:
>>34
説明文ではカッターとなってるがチョッパーと呼ぶ事が多かった回転式鋸つまり丸ノコだよ
劇中では凄い切断力で木々をなぎ倒しながら走行してたが実際には絶対に無理だw
カッター或いはチョッパーの頭文字に合わせてハンドルの「C」ボタンを押すと飛び出す仕掛け

35:2017/06/23(金) 19:16:25.20 ID:
途中からタイムボカンになったリメイク版に誰も触れないやさしさ

引用元:http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1498188545/


管理人 感想

小さい頃にアニメ見てたけど、50周年ってことだからあれ再放送だったのかな?

 

それにしても、8個も機能があったのかぁ。

のこぎりで木々を薙ぎ払って走る姿と潜水している姿だけはよく覚えてるけど残りは記憶にもないや(笑)

最後まで読んでくれてありがとうございます(´▽`*)
いつも応援ありがとうございます!良ければシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

※免責事項

当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 画像引用の指摘、及び記事の削除依頼がありましたら 速やかに配慮をすると共に、正当な対応を致します。 なお、当ブログ利用により生じた不利益・損害に関しては 一切の責任を負いませんので、すべて自己責任でお楽しみ下さい。

このページの先頭へ

Top